ただいまの掲載件数は タイトル55726件 口コミ 1103510件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 > 感想・評価 > 三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで

80点 2017/4/21 10:10 by Baad

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

インドでは年間8万人の子供が行方不明になるという。
人口や多言語を使用する国家であることを考え合わせると特に多い人数とも思えないが、行方不明になったあと訪ね当てるのは諸般の事情で大変なことなのであろう。

貧しいながら家族の愛情に支えられまっすぐに生きていた少年が、幼い頃家族とはぐれた後も運良く生き延びて良き養父母に引き取られるが、成長してから自分を探しているであろう家族への想いにとらわれやがて巡り会う。その間の葛藤が丁寧に描かれている。

オーストラリアでの生活よりインドでのシーンが多いのが意外ではあったのだけれど、実直な描写には好感が持てるし、家族のあり方を色々考えてしまう。力作です。

ただ少し弱いと思ったのが、主演に子役とはまるで容姿のことなるデーヴ・パテルを使ったことと、オーストラリアでの義兄(やはりインドからの養子)との関係が十分に描かれていなかったこと。
この辺がもう少し描きこまれていたらさらに傑作になったような気がします。
そのままでもいい映画ではあるのですが。

後、うっかりすると見落としますが、名前からすると、サルーの一家はイスラム教徒ですね。貧しいながらも家族がグーグルアースで探すことが可能な状態で生き延びていたのはその辺の共同体の力もあるのかもしれないと思いました。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
100点
10人(15%) 
90点
15人(23%) 
80点
21人(32%) 
70点
15人(23%) 
60点
3人(4%) 
50点
1人(1%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
65人
レビュー者数
40
満足度平均
82
レビュー者満足度平均
82
満足度ランキング
20位
ファン
9人
観たい人
42人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

錦糸町  立川  東武練馬  南大沢  品川  豊島園  昭島  武蔵村山  新宿三丁目  西新井  池袋  渋谷  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • のんべののん太
  • クリス・トフォルー
  • 81rock
  • Wreath7
  • エテ吉
  • みりあ
  • DDDDD
  • ラッキーココア
  • ぶんず

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝