ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106808件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 > 感想・評価 > 渡る世間に鬼はなし

渡る世間に鬼はなし

70点 2017/4/16 10:18 by 初心者モード 初心者モード

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

いきなり余談で申し訳ないですが、もし劇場でチケットを購入するときに、この作品のタイトルを告げたら、ぜったい『3月のライオン』とまちがわれるだろうなぁ、と思っていました。

そして、案の定予想通りでした…
同じ時期に似たようなタイトルの作品が公開されるなんて、まぎらわしい。ずらせなかったのかなって、思いましたが。
まあでも、映画はそんな疑問も吹き飛ばす勢いで、とてもおもしろかったです。

理由のひとつは演出が優れていたからでしょう。

この映画は、一言だけでストーリーを言い表すことができるシンプルな内容で、しかも観客の多くは観る前から結末を知っている。それを2時間持たせるのは、力量のある監督でないとできないだろうと思うからです。

ひとつ驚かされたのは、インドのシーンが思いのほか長かったこと。
英語圏の観客は、字幕で観るのに慣れていません。だから、英語以外の言語で話すシーンは短くして、さっさとオーストラリアのシーンに移るなどするものなんです。
でも、時代が変わったのかな? 養子にもらわれるまでの過程を丹念に追っていましたね。そこに好感を持ちました。

あと、5歳のサルーを演じた男の子がよかった。意思の強そうなつぶらな瞳が印象的で、その上で愛らしい。だから、思わず「かわいい!」と、顔をほころばせるニコール・キッドマンの演技にもリアリティが伴うのです。

ただ、主人公の行動でひとつ疑問を持ったのは、自分の育った村を特定できるまでインドに行かなかったこと。
私だったら、ネットに頼る前にまずインドに行ってみるだろうって思ったのです(養母を裏切りたくないということかもしれませんが、うそをついて出かけることもできるわけですから)。
現実には何度か行っているんじゃないかな… って思いますけどね。
そのあたりが “グーグルのCM“ ぽくて残念。


2017/04/12 TOHOシネマズ西宮OS(7)

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
100点
11人(13%) 
90点
18人(21%) 
80点
30人(36%) 
70点
19人(22%) 
60点
4人(4%) 
50点
1人(1%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
83人
レビュー者数
47
満足度平均
81
レビュー者満足度平均
81
ファン
10人
観たい人
50人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

日比谷  新宿三丁目  渋谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • DDDDD
  • エテ吉
  • のんべののん太
  • もなぴ〜
  • クリス・トフォルー
  • Wreath7
  • 81rock
  • ぶんず
  • ラッキーココア
  • みりあ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝