ただいまの掲載件数は タイトル55509件 口コミ 1100833件 劇場 578件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラ・ラ・ランド > 感想・評価 > 胸の奥にツーンと来るものが

胸の奥にツーンと来るものが

90点 2017/3/7 23:02 by ちょし

ラ・ラ・ランド

冒頭のダンスシーン、
女優志望の女性たち4人が色違いのドレスで闊歩するシーン、
主人公二人がロスの夜景をバッグに踊るシーン・・
ミュージカル映画の名場面として残るであろうシーンが前半に散りばめられていて、
ああ、これは元気の出る映画なんだ、とふわふわと鑑賞していたら・・・・・やられました。

ネタバレになるのでうまく書けないのが悔しいけれど、
何というか、この歳になると、
自分の過去に「あの時こうすれば・・」とか
「あっちを選択していたら今頃は・・」なんて思いが
油断すると溢れ出てきてしまうので、通常は蓋をして鍵をかけているわけです。
それをね、ラストに思いっきり錠破りされちゃった気分。
そういうのを映像化するの、やめてください!
ホントに。
もうね、劇場出てからしばらく悶々としましたよ。
胸の奥がツーン、って。
あ、すぐに立ち直りましたけどね。

エマ・ストーン、大きな目が印象的で表情がくるくると変わって素晴らしかったです。
アメリカでプリウスってそんなに売れてるんでしょうか(私は好きじゃない)。
音楽、良かったです。
オシャレで素敵な映画でした。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 胸の奥にツーンと来るものが

    2017/3/8 1:09 by みかずき

    はじめまして。ちょしさん。
    みかずきと申します。

    お邪魔させて頂きます。

    > 冒頭のダンスシーン、
    > 女優志望の女性たち4人が色違いのドレスで闊歩するシーン、
    > 主人公二人がロスの夜景をバッグに踊るシーン・・
    > ミュージカル映画の名場面として残るであろうシーンが前半に散りばめられていて、
    > ああ、これは元気の出る映画なんだ、とふわふわと鑑賞していたら・・・・・やられました。

    そうですね。
    前半は、躍動感溢れるキレキレの歌とダンスで
    明るく楽しいファンタジーミュージカルでしたね。
    しかし、”セッション”チャゼル監督なので、このままでは終わらないだろうと覚悟はしていました。
    ということなので、私は、やられたというよりは、そう来たかって感じでした。

    > ネタバレになるのでうまく書けないのが悔しいけれど、
    > 何というか、この歳になると、
    > 自分の過去に「あの時こうすれば・・」とか
    > 「あっちを選択していたら今頃は・・」なんて思いが
    > 油断すると溢れ出てきてしまうので、通常は蓋をして鍵をかけているわけです。
    > それをね、ラストに思いっきり錠破りされちゃった気分。
    > そういうのを映像化するの、やめてください!
    > ホントに。
    > もうね、劇場出てからしばらく悶々としましたよ。
    > 胸の奥がツーン、って。
    > あ、すぐに立ち直りましたけどね。

    確かに。掟破りでした。二人の取ることのできたもう一つの選択肢が走馬灯のように回想するのは、切なかったです。反則ですね。
    前半のファンタジーが効いていて、後半のリアルな展開は、すごく心に響きました。
    チャゼル監督のファンタジーとリアリティを融合した巧みな演出力に脱帽です。

    新しいタイプのミュージカルでした。

    失礼しました。

  • Re: 胸の奥にツーンと来るものが

    2017/3/8 11:54 by sophia703

    ちょしさま、初めまして。

    > 何というか、この歳になると、
    > 自分の過去に「あの時こうすれば・・」とか
    > 「あっちを選択していたら今頃は・・」なんて思いが
    > 油断すると溢れ出てきてしまうので、通常は蓋をして鍵をかけているわけです。
    > それをね、ラストに思いっきり錠破りされちゃった気分。
    > そういうのを映像化するの、やめてください!
    > ホントに。
    > もうね、劇場出てからしばらく悶々としましたよ。
    > 胸の奥がツーン、って。

    同感、同感 まったく困りました。
    正に私も今さらながら、あの時手放したもの
    喪ったものへの哀惜とか
    もうひとつの別な人生を考えたら、
    心が揺れる揺れる…激震でした(苦笑)。

    でも、最後の二人の笑顔に救われて
    「人生は、そういうものなのだ」
    「これが私の幸せなのだ」と納得して席を立ちました。

    今、届いたばかりのサントラに聴き入りながら
    各場面を思い出しています。
    音から甦る記憶の糸を、静かに辿りながら…。

  • Re: 胸の奥にツーンと来るものが

    2017/3/8 17:30 by ちょし

    みかずきさん、コメントをありがとうございます。

    ここ数年はなかなか映画を観る時間が取れず、私は初チャゼル監督映画でした。
    なるほど、『セッション』も観てみます!
    こういうラストは私は嫌いではないので(^^)。

    ファンタジーだけの映画も好きですが、心に深く残るのはリアルな人生を実感させる映画の方だと思います。

    少し胸の奥のツーンが落ち着いたら、もう一度観たいですね。

  • Re: 胸の奥にツーンと来るものが

    2017/3/8 17:34 by ちょし

    Sophia703さま、
    初めまして。コメントありがとうございます。

    心、揺れましたよね〜。
    私も劇場を出てしばらくボーッとしました。

    > でも、最後の二人の笑顔に救われて
    > 「人生は、そういうものなのだ」
    > 「これが私の幸せなのだ」と納得して席を立ちました。

    あ、これわかります。
    最後の二人の笑顔は良かった。
    私、あの走馬燈の方が現実だったらどうしようと一瞬思いました(笑)。

    音楽もとてもよかったですね。
    サントラを手に入れれば二倍楽しめそうですね!

満足度データ

ラ・ラ・ランド
100点
43人(18%) 
90点
86人(36%) 
80点
49人(20%) 
70点
37人(15%) 
60点
9人(3%) 
50点
9人(3%) 
40点
2人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
2人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
238人
レビュー者数
147
満足度平均
83
レビュー者満足度平均
84
満足度ランキング
4位
ファン
29人
観たい人
133人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

吉祥寺  錦糸町  渋谷  日比谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  池袋  新宿三丁目  立川  日本橋  新宿  二子玉川 

他の地域

 

この映画のファン

  • ラッキーココア
  • 薫子さん
  • masy
  • cinerama
  • ☆HIRO☆
  • すかあふえいす
  • 草莽の志士
  • ぶりんじ
  • のんべののん太
  • Stella
  • miyakosan
  • ハナミズ
  • むぎこがし
  • もも72
  • 81rock

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
青山シアター&PFFアワード2017特集
3月公開の大作・期待作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 今月は『ムーンライト』『ひるね姫…』『モアナ…』『3月のライオン』『SING/シング』他全10作品
あのベストセラーが映画化『しゃぼん玉』3月4日(土)公開
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

シャマラン初のドラマに続編登場! 『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シーズン2 DVDコレクターズBOX 発売中
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝