ただいまの掲載件数は タイトル56175件 口コミ 1109517件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 3月のライオン 後編 > 感想・評価 > 愛の後編☆桐山零がたどり着いた美しい場所

愛の後編☆桐山零がたどり着いた美しい場所

80点 2017/5/17 17:04 by あらぼ〜

3月のライオン 後編

14歳の藤井四段が快進撃を見せるなか…やっと後編を鑑賞。
前編から時間がだいぶ経過し、連休ということもあって前後編イッキ見をしました。

天才プロ棋士・桐山零の成長を描く本作…闘いの前編・愛の後編。
ということを大友監督に聞いて鑑賞したので、後編は“愛”を意識してみました。

川本姉妹に出会って1年。
周りの人へも幸田の家族へも正面から向き合えるようになった零くん。
その心の成長が伺えます。

自分に“将棋しかない”という重しを乗せながら生きてきた零くんは…
3つの愛≠ノ気づいたのかもしれません。
守りたい大切な人への愛。
周りから支えてくれる人への愛。
そして、将棋への愛。
零くんが“愛”を知ったとき、彼は本物の天才プロ棋士になるのではないでしょうか。

…と言いながらも、アニメ版を先に観ていたので欲ばりな気持ちが顔を出します。
この場面は?とか、先輩いないの?とか。
でも一作品として、心を込めて丁寧に描かれていて作り手の“愛”を感じます。
豊川さん、伊藤さん、佐々木さん、加瀬さん、伊勢谷さん、一生さん、そして染谷さん…役者の名演も光っていました。
もちろん、女優さんたちも。
神木くんの代表作となるでしょう。

南昌荘、立石寺…盛岡出身の大友監督がこだわったロケ地も素敵です。
美しい風景の中で、桐山零と同化した神木くんが対局する!
1070段あるという山寺の階段を登る後ろ姿。
苦しみながら闘った者だけがもつ気高さに
胸がふるえて、涙が出てしまいました。
五大堂の風景が、それはそれは美しかった。
…このシーンが心から観たかった!

それでも1つだけ欲を言ってしまうと…エンドロールで流れる曲はアニメ版で起用されたBUMP OF CHICKENが良かったなぁ…好みの問題です。ごめんなさい。

何はともあれ、後編も神木ファンの私には大満足。
将棋という勝負の世界を通して、人としての生き方を学んだ映画でした。

続きが観たい!ひそかに湧き起こる欲望。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

3月のライオン 後編
100点
4人(9%) 
90点
6人(14%) 
80点
12人(29%) 
70点
11人(26%) 
60点
4人(9%) 
50点
3人(7%) 
40点
0人(0%) 
30点
1人(2%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
41人
レビュー者数
21
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
76
満足度ランキング
85位
ファン
2人
観たい人
51人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • hiryuden24
  • ぶんず

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝