ただいまの掲載件数は タイトル56175件 口コミ 1109510件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 追憶 > 感想・評価 > 重すぎない絶妙のさじ加減

重すぎない絶妙のさじ加減

80点 2017/5/7 16:02 by ぱおう

追憶

開始早々から、ストーリーの流れは異様に重いのに、見ていてつらくなることはなく、あっと言う間に最近の映画では短かめの1時間40分が終わると、静かな感動が心に染み入ってきます。これは一体、何?

オープニング・クレジットは、久しぶりに観たような気がしますし、渋めの映像(構図や色彩)も、よく合っている音楽も(他の方もおっしゃっていますが)昭和的。でも、タイトル自体「追憶」である本作にはふさわしく、ちょっとレトロで落ち着いたムードを醸し出しています。

主人公が刑事なので、事件捜査が中心のストーリーを予想していましたが、それは外れで、むしろ人の絆(親子、夫婦、友人、知人、etc)が中心に描かれる人間ドラマでした。

それにしても、名優・名演でした。主役も脇役も、皆さんお見事と言うしかありません。
様々な人生の呵責を、抑制した見せ方でしっかり伝えてくるので、素直に感動します。

全体を通して最後に残る印象は、「切なハッピー」系と言えそうです。
理屈で考えると重くて悲惨なストーリーのはずなのですが、温かくて前向きな後味を残してくれます。

豪華俳優陣の名演技を活かした、シェフの絶妙のさじ加減を讃えたいと思います。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 重すぎない絶妙のさじ加減

    2017/5/7 20:00 by みかずき

    こんばんは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    私も、昨日、映画鑑賞しました。
    本作か無限の住人かで迷いましたが、時代劇ファンとしては見逃せない無限の住人を鑑賞しました。
    私好みのリアルな殺陣が良かったです。

    本作は、降旗・木村コンビ作品であり、
    加えて、豪華俳優陣、短い上映時間から、外れはないだろうと推測していましたが、その通りの作品だったようですね。

    では、また、共感作品で盛り上がりましょう。

    失礼しました。

  • Re: 重すぎない絶妙のさじ加減

    2017/5/7 20:32 by ぱおう

    みかずきさん、こんばんは。
    さっそくのレス、ありがとうございます。

    みかずきさんは、やはり『無限の住人』ですか。
    今回は、予想が的中しました(笑)
    さすが、時代劇ファンですね。
    ついでに、海外から帰国早々だと、ごはんに味噌汁、漬物でしょうか?

    本作は、シリアス好みのみかずきさんのお好みにも合うのではないかと思います。
    本格推理ドラマではありませんので、そちらを期待しなければ裏切られることもなさそうです。

    それでは、また次回、共感作品でお目に掛かれますように!

  • Re: 重すぎない絶妙のさじ加減

    2017/5/14 0:09 by みかずき

    こんばんは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    本作、本日、鑑賞しました。

    人間ドラマ、甘美なメロディー、日本の美しい原風景という要素があって、名作『砂の器』を思い出しました。

    安藤サクラの演技が光っていました。
    主人公達を包み込む慈悲深い演技が凄かったです。

    岡田准一の、らしい、硬派な演技も見事でした。
    小栗旬も流石でした。

    昭和の雰囲気の強い作品でしたが、色褪せた感じがしなかったのは、普遍的な人間ドラマだったからだと思いました。

    邦画が得意とするジャンルの作品だったので、
    安心して観れましたし、作り手の自信も感じられました。

    日本映画ここにあり、といった良質な作品でした。

    失礼しました。

  • Re: 重すぎない絶妙のさじ加減

    2017/5/14 21:26 by ぱおう

    みかずきさん、さっそくのレスありがとうございました。

    > 安藤サクラの演技が光っていました。
    主人公達を包み込む慈悲深い演技が凄かったです。

    本作では、主役も脇役も揃っていいなと思いましたが、一人挙げるなら、やはり安藤サクラさんですよねえ。

    > 邦画が得意とするジャンルの作品だったので、
    安心して観れましたし、作り手の自信も感じられました。

    日本映画の場合、演出があざとく感じられる場合もあって、かえって興ざめになるのが怖いのですが、本作は自然な感動が湧き起こってきました。
    豪華俳優陣にも関わらず、抑え目の演出と、素晴らしくマッチした音楽、くどくないストーリー展開のバランスが良く、功を奏したというところでしょうか。

    > 日本映画ここにあり、といった良質な作品でした。

    期待値によっては、当てが外れてしまうかもしれませんが、私も同感です。
    劇場で観る価値のある作品でした。

    それでは、次回も共感できる作品でお目に掛かれますように!

満足度データ

追憶
100点
3人(6%) 
90点
6人(13%) 
80点
13人(29%) 
70点
6人(13%) 
60点
7人(15%) 
50点
6人(13%) 
40点
0人(0%) 
30点
2人(4%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(2%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
44人
レビュー者数
19
満足度平均
70
レビュー者満足度平均
67
満足度ランキング
155位
ファン
7人
観たい人
70人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

蒲田  立川  船堀  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  豊島園  府中  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  新宿三丁目  二子玉川 

他の地域

 

この映画のファン

  • あーは
  • みかずき
  • さっちゃん♪♪♪
  • じぇんこ
  • uRuRi
  • ふぅみんみん
  • ★ハイジ★

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝