ただいまの掲載件数は タイトル56571件 口コミ 1115673件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 美しい星 > 感想・評価 > 地球まで巻き込んだ悲劇的な喜劇

地球まで巻き込んだ悲劇的な喜劇

80点 2017/5/19 22:51 by エミさん

美しい星

突如、宇宙人として目覚めた平凡な家族が地球を巻き込んで起こす悲劇的な喜劇。
原作は1962年に出版された三島由紀夫の長編SF小説。原作を元に、甲斐聖太郎氏と共に吉田大八監督が脚本を手がけている。核戦争の冷戦時代を憂いて執筆された当時の内容を、大胆な現代風に脚色し、見事に家族の特色や現代の抱える社会問題などといった特色を交えて体現している。

火星人という自己認識を持つ気象予報士の父、大杉重一郎。金星人という自己認識を持つ美し過ぎる大学生の長女、暁子。水星人という自己認識を持つ野心家でフリーターの長男、一雄。平凡な毎日にどこか空虚さを感じている地球人の母、伊余子。
最初に『覚醒』した重一郎の言動に影響され、それぞれの家族にも変化が現れ、覚醒に目覚めた家族全員が行動を起こしていく。自分のために。家族のために。そして地球のために。。。

執筆当時は、核戦争へのアイロニーという暗喩が込められていただろうが、技術が進歩し、より高度化・多様性になった現代に於いては、驚異の対象は核の恐怖だけではなくなってきている。
地球の存亡について、地球人を差し置いて、宇宙人が話し合っている事がこの映画でのメインであろう。役者の真に迫った演技は圧巻であり、「地球人」として観ている私達は、先行きがどうなるのか、地球の未来がかかっているこの言論戦に釘付けになってしまうのである。

平凡に過ぎていく毎日は決して当たり前に『平凡』なのではなく、自身の『覚醒』次第で、何とでも変わっていく可能性を持って私たちは毎日を選択して生きているということがこの映画の根底にはあると思えた。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

美しい星
100点
15人(31%) 
90点
4人(8%) 
80点
6人(12%) 
70点
9人(19%) 
60点
7人(14%) 
50点
1人(2%) 
40点
3人(6%) 
30点
2人(4%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
47人
レビュー者数
35
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
79
満足度ランキング
49位
ファン
23人
観たい人
97人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • あゆかず
  • ころころりん
  • mocomama
  • Kらぶ
  • ねこねこゆみ
  • JJ
  • かめぴょん
  • kzxsc
  • saramaro
  • クリスティーナ
  • landuser
  • コハ
  • jimmy09
  • senastar77
  • aloha92

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.3『あさひなぐ』特別試写会合計415組830名様ご招待!
遂にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にスパイダーマン本格参戦! 映画論評・批評の新コーナー“critic”。夏のアクション大作『スパイダーマン:ホームカミング』『トランスフォーマー/最後の騎士王』ほか『エル ELLE』など8月公開作更新中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝