ただいまの掲載件数は タイトル64747件 口コミ 1175957件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > だれかの木琴 > 感想・評価 > ビデオで拝見2017−130

ビデオで拝見2017−130

60点 2017/11/26 14:54 by アキラ

だれかの木琴

不倫話かと思いきやストーカースリラー路線。信用できない男の職業3Bといえばバンドマン、バーテン、美容師という女性客の淡い恋心を利用した職業があげられる訳だが、この話も正に美容師への淡い欲情が事態を緊迫化させてゆく。とある新興住宅地に並ぶ同じ形の家々。早朝、自転車で散歩し戻って来て恋人に朝食を作る美容師。猜疑心を煽るような音楽の中で物語は幕を開ける。この冒頭の件だけで現代的に歪んだ空気感に批判的な姿勢が伝わる。さりげなく電車の中で全員がスマホをいじり一人だけガラケーかと思いきや位牌を見てる老人がいる。この村社会的な国民性に縛られた常識と身体の接触が希薄化した現代セキュリティの間にあるギャップを埋められない人々の間に当然生まれるであろう軋轢こそが、この物語で切り込んでいる部分であり、その最たる省庁は放火魔の3ミリ男。彼は社会に切り捨てられ接触に飢えた存在の極めて悲惨な一例。社会システムの構造と国民性のズレから必然的に起こるべくして起きているという見せ方こそが最も怖い所。普通の人に日常的に生じ得る狂気なのだから。

かつて同和問題を扱った作品がヒットして以降の東作品は一応ほとんどチェックしてる訳だが、この監督の作品は時代の空気感を捉える事に長けていて、それがドラマの裏付けとして効果的に作用するので、いわば具体的時事とはならなくとも起こり得る空気感を敏感に察したセンシティヴな社会派とでも呼びたくなる。この主人公の狂気はホームセキュリティやメールでの対話という形で一応は常識の中にいるように見えているが、それがいかに歪な事であるのかを考えると起こり得る惨事を想像しゾッとさせられるのだ。その意味で実に上手いポリティカルスリラー。とりあえず一線を越えない事で逆に現実には越えられる事を暗示させる。ただ現代的空気感の出し方が上手いって意味では今は亡き西原さんの夫を扱った前作も脅迫概念の心象描写で刺さるものがあった訳だが、この作品ではその空気感がより直接的な恐怖に直結していて前作以上にヒリヒリさせられた。ちなみに美容師の恋人のゴスロリ娘は最初から主人公に敵意剥き出しで一見エキセントリックに見えるが彼女の直感の鋭さは真を得ていて、むしろ世間体の仮面の下に本能的対立を鎮める偽善的な登場人物たちの中じゃ彼女が一番マトモ。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

だれかの木琴
100点
0人(0%) 
90点
3人(27%) 
80点
1人(9%) 
70点
4人(36%) 
60点
3人(27%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
11人
レビュー者数
4
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
78
ファン
0人
観たい人
12人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

だれかの木琴 [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3609円(税込)
  • OFF:1467円(28%)

 

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ