ただいまの掲載件数は タイトル59419件 口コミ 1151325件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > レディ・プレイヤー1 > 感想・評価 > スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

90点 2018/4/25 21:41 by みかずき

レディ・プレイヤー1

待ってました!これだよ、これ!と心の中で叫んでしまった。期待以上の作品だった。久々にスピルバーグ監督の映像魔術の術中に完全にはまってしまった。本作は、円熟味を増したスピルバーグの想いが込められた深みのあるSFアドベンチャー作品である。

本作の舞台は、2045年。人々は、荒廃した現実世界を逃避して、オアシスと呼ばれる仮想世界でアバターとして自由に生きることに救いを求めていた。そのような状況の中で、オアシスの創始者であるジェームズ・ハリデーは、遺言として、オアシス内に隠したイースターエッグを探し出した者に莫大な遺産とオアシスの所有権を与えると宣言する。人々はイースターエッグの在処の謎を解く3つの鍵を血眼になって追い求めていく。主人公の高校生・パーシヴァルもその一人だった。彼は当初は一匹狼だったが、次第に仲間を増やし、エイチ、アルテミス、ダイトウ、ショウという仲間と共に、イースターエッグに迫っていく・・・。

なんといっても仮想世界の描写が圧倒的である。宝石箱から宝石が溢れるような過剰さで、スピルバーグ監督の溢れ出す才気をそのまま映像化した感がある。抑制、整理などというケチな手法は捨て去った潔さが心地良い。映画ファンには堪らない過去作やキャラクターをふんだんに盛り込んだ、スピード感溢れる圧倒的な映像に酔いしれることができる。荒廃した現実世界との対比が鮮明であり、主人公たちがオアシスに心酔する理由が得心できる。映像ばかりではなく、ストーリー展開もしっかりしている。過剰な映像情報を手際よく捌いて纏めていく手腕はさすがスピルバーグ。仮想世界でのド派手なアクションで謎を解きながら核心であるイースターエッグに迫っていくプロセスは、傑作冒険活劇インディ・ジョーンズを彷彿とさせる。

本作は単なる仮想世界を舞台にしたSFアドベンチャー作品ではない。スピルバーグは自分自身を見つめている。ストーリー展開は、スピルバーグの自分史そのものである。オアシスに熱狂する主人公は若き日のスピルバーグである。本作で登場する過去作やキャラクターは、スピルバーグが出会って影響を受けた作品、キャラクターである。そして、ラストシーンのメッセージはスピルバーグが様々な人生経験を経て辿り着いた枯淡の境地である。バーチャルリアリティが未来を担う最先端技術として持て囃される現代であればこそ、温かく味わい深いメッセージとして心に響く。

このメッセージに出逢うために、今まで私は彼の作品を数多く観てきたかもしれない。そして、これからも、このメッセージの余韻に浸りながら彼の作品を観続けるだろう。

 

6人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

    2018/4/26 20:45 by 猫ぴょん

    お久しぶりです
    みかずきさん^^
    レスありがとうございました

    絶賛ですね!!みかずきさん

    私は最初あまりのハイテクゲームに置いてきぼりされそうに(笑)
    ゲーム世代はまた違った楽しさがあるんだろうな〜と思ったり。

    でも一度は遊んでみたいですよねw
    思いっきり叫んでひっくり返りそうですが(≧▽≦)

    中盤からは仲間との繋がりが良かったですね
    エイチは意外でしたw

    お楽しみが山盛りでしたね〜
    一度では味わいきれません

    私はサイモン・ペッグが大好きなのでラスト最高でした♪


    明日は半休(笑)
    朝イチでロキ様とアライグマちゃんに会いに行って来ます。
    それではまた〜ヾ(≧▽≦)ノ

  • Re: スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

    2018/4/26 23:42 by みかずき

    こんばんは。猫ぴょんさん。
    みかずきです。

    そうですね。絶賛に値する作品でした。
    スピルバーグのSFはやはり格別なものがあります。

    オアシスの映像は、溢れる映像情報で置いて行かれそうでしたが、それがスピルバーグ作品なんだよなって得心してしまいました。

    孤独な主人公が仲間を想うようになるまでの
    プロセスがGoodでした。
    ラストのメッセージは、スピルバーグからの贈り物のようで、心に響きました。

    これからも、我々を驚かしてくれる作品を作って欲しいですね。

    では、また面白い作品で語り合いましょう。

    失礼しました。

  • Re: スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

    2018/4/27 8:46 by 悶mon

    こんにちは、みかずきさん。
    悶monです。
    いつも私のレビューにレスをいただき、ありがとうございます。

    >久々に、スピルバーグらしい作品でした。
    仮想世界オアシスの映像は圧倒的でした。
    過剰過ぎる映像情報で目まいがしそうでしたが、
    それが、スピルバーグワールドだと納得でした。

    冒頭、主人公の独白で、2045年の世界が描かれた直後、すぐにゴーグルをかけて、仮想世界オアシスへ入っていきますよね。
    私は、IMAX 3Dで鑑賞したのですが、そこから、瞬く間に映像に引き込まれてしまって…。
    みかずきさん同様、目まいがするくらいでした。
    でも、確かに、これがスピルバーグワールドだと納得しました。

    >本作、スピルバーグの自分史的な雰囲気がありました。オアシスに夢中になった主人公はスピルバーグ自身だと思いました。
    ラストのメッセージは、スピルバーグが色々な経験をして辿り着いた境地だと思いました。
    シンプルですが、心に響くメッセージでした。

    そうですね。
    私は、スピルバーグの初期作品が、オアシスであるとレビューで述べましたが、同時に、オアシスに夢中になっている主人公がスピルバーグ自身であるとも言えます。
    そして、ラストのメッセージもスピルバーグが長い人生の末にたどり着いた境地を表現しているとして、胸に響いてきました。

    こんな素晴らしい作品を、今後も発表し続けてほしいですね。

    それではまた、共感作でお会いしましょう。

  • Re: スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

    2018/4/30 22:43 by ぱおう

    みかずきさん、こんばんは。
    皆様、お邪魔します。

    随分お久しぶりになってしまいましたが、ついに高評価共感作で再会出来ました。

    > 待ってました!これだよ、これ!と心の中で叫んでしまった。期待以上の作品だった。

    私も同じです!
    いやあ、とにかく面白かったですね。

    > バーチャルリアリティが未来を担う最先端技術として持て囃される現代であればこそ、温かく味わい深いメッセージとして心に響く。

    未来社会をこれほどリアルに描くとは。
    荒唐無稽な話が現実味を帯びていることに、かすかな恐ろしさも感じつつ、だからこそ本作のメッセージが心に沁みました。

    > このメッセージに出逢うために、今まで私は彼の作品を数多く観てきたかもしれない。そして、これからも、このメッセージの余韻に浸りながら彼の作品を観続けるだろう。

    大絶賛ですね。
    これも、私も同じ感触です。
    スピルバーグ監督の作品で一番好きかもしれません。

    昨日観たのですが、まだ興奮冷めやらぬところです。
    これを超える作品に今年まだ出会えるかどうか。
    期待と不安の中、映画鑑賞を続けます。
    それでは、また宜しくお願いします。

  • Re: スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

    2018/5/4 10:44 by みかずき

    こんにちは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    レス遅れて、すみません。
    昨日まで、GW旅行に行っていましたので。

    久々に、ぱおうさんと共感作で再会できましたね。

    スピルバーグ監督のSF作品の中では、
    未知との遭遇がマイベストです。
    本作は、それに並ぶ作品でした。

    SF作品を数多く手がけてきたスピルバーグ監督だけに、あのラストメッセージにはやられました。
    全く想像できませんでしたが、そうだったのかと頷けるメッセージでした。

    本作は、エンタメ作品ではありますが、
    作品メッセージもしっかり持っています。
    こういう作品って、Goodですね。

    では、楽しいGWをお過ごし下さい。
    また、共感作で盛り上がりましょう。

    失礼しました。

  • Re: スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

    2018/5/13 9:42 by 赤ヒゲ

    みかずき様

    かなりご無沙汰です。
    相変わらずみかずきさんの投稿は充実していますね!拝読しながら、映画の余韻にひたれて幸せです。

    >本作は、円熟味を増したスピルバーグの想いが込められた深みのあるSFアドベンチャー作品である。

    71歳でこの作品、すごいですね。しかも、毎年のように新作を発表してるし、驚きです。

    >仮想世界でのド派手なアクションで謎を解きながら核心であるイースターエッグに迫っていくプロセスは、傑作冒険活劇インディ・ジョーンズを彷彿とさせる。

    本当にそうですね。スピルバーグ監督の様々な作品が最大限に活かされていた感じがして、所々で懐かしさを感じていました。

    >本作は単なる仮想世界を舞台にしたSFアドベンチャー作品ではない。スピルバーグは自分自身を見つめている。ストーリー展開は、スピルバーグの自分史そのものである。オアシスに熱狂する主人公は若き日のスピルバーグである。本作で登場する過去作やキャラクターは、スピルバーグが出会って影響を受けた作品、キャラクターである。そして、ラストシーンのメッセージはスピルバーグが様々な人生経験を経て辿り着いた枯淡の境地である。バーチャルリアリティが未来を担う最先端技術として持て囃される現代であればこそ、温かく味わい深いメッセージとして心に響く。

    最後のテレビゲームをやっている少年がスピルバーグ少年なんですね?数々のSF映画で近未来を映像化してきた監督が辿り着いた言葉なので、じわじわ感動が伝わってきました。ハリデー役のマーク・ライランスもよかったです。

    ではまた、何かの作品で!

    赤ヒゲ

  • Re: スピルバーグの自分史を織り交ぜた私的なSF

    2018/5/13 19:23 by みかずき

    こんばんは。赤ヒゲさん。
    みかずきです。

    お久し振りです。

    レスありがとうございます。

    本作、近未来の仮想世界を描いた作品というだけでなく、スピルバーグ監督自身の自分史にもなっていました。

    オアシスに夢中になる主人公は、若き日のスピルバーグ監督自身でしょう。
    登場する過去作やキャラは、スピルバーグ監督が影響を受けたものばかりでしょう。
    何と言っても、ラストメッセージが素晴らしかったです。映像の魔術師としてのスピルバーグが辿り着いた境地なのでしょう。心に深く響きました。

    スピルバーグ監督にはこれからも想い面白い作品を作って欲しいですね。

    では、また共感作で語り合いましょう。

    失礼しました。

満足度データ

レディ・プレイヤー1
100点
32人(16%) 
90点
69人(35%) 
80点
46人(23%) 
70点
31人(16%) 
60点
9人(4%) 
50点
5人(2%) 
40点
1人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
193人
レビュー者数
107
満足度平均
83
レビュー者満足度平均
85
ファン
26人
観たい人
77人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋 

他の地域

 

この映画のファン

  • みつやま
  • 映画監督かい
  • もP
  • 出木杉のびた
  • santana
  • MyTee
  • 黒蜜わらびもち
  • あゆみfernanda
  • ラッキーココア
  • エテ吉
  • ジャサ
  • のんべののん太
  • みかずき
  • kasabuta999
  • ぱおう

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

『インクレディブル・ファミリー』特集
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
今度のオーシャンズは“豪華でド派手”! 豪華女優陣に華麗に騙される 『オーシャンズ8』ほか、S・ローナン主演の儚く美しいラブストーリー『追想』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!