ただいまの掲載件数は タイトル58834件 口コミ 1144416件 劇場 591件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > キングコング:髑髏島の巨神 > 感想・評価 > 味わい深い怪獣映画

味わい深い怪獣映画

80点 2017/4/2 16:56 by みかずき

キングコング:髑髏島の巨神

本作は、『ジュラシックパーク』『地獄の黙示録』『風の谷のナウシカ』を想起させる、単なる怪獣映画ではない味わい深い作品である。

本作は1973年のベトナム戦争末期が舞台。太平洋上の謎の島・髑髏島にアメリカ調査隊がアメリカ軍を護衛にして上陸するが、そこは、キングコングに守られた怪獣たちの棲息地だった。上陸後、爆弾を使って地殻調査をしたことで、キングコングを始めとする怪獣たちに襲われ、その圧倒的な破壊力の前に防戦一方の調査隊は、島からの脱出を図るが・・・。

本作の主役は個性的な怪獣たちである。怪獣たちの出現は神出鬼没で驚きの連続であり、『ジュラシックパーク』を彷彿とさせる。さらに、怪獣たちのバトルは動きが素早く、スピード感、迫力ともに申し分ない。本作でも、やはり、人気の高いキングコングの扱いは別格であり、島の守り神として登場する。その目の表情の豊かさに驚かされる。

ベトナム戦争、ジャングル、河、大音響、ナパーム弾、ヘリコプター、原住民という設定は、フランシス・コッポラーの問題作、『地獄の黙示録』を彷彿とさせる。地獄の黙示録は、大音響で自国の曲を聴き、サーフィンに興じ、プレーボーイ誌のプレイメイトたちを慰問させるなどのアメリカ軍の行動を通して、傍若無人にベトナムにアメリカを持ち込むアメリカの驕り、人間の驕りを描いている。戦争は人間の驕りが招く愚行であることを暗示している。

本作では、島に住む原住民はキングコングと共生している。キングコングは島の守り神となっている。対して、アメリカ調査隊は、島の状況などお構いなく、いきなり傍若無人に爆弾を使用し、キングコングの怒りを買う。非はアメリカ調査隊にあるが、彼らはそれに気付かない。どこかで同じような設定が、と考えてみたら、『風の谷のナウシカ』が思い当たった。キングコングは大自然の脅威の象徴である。殺された部下への復讐のために、人間の力を過信して調査隊の分裂危機を招いて自滅していくアメリカ軍リーダである大佐(サミュエル・L・ジャクソン)の行動は大自然の脅威に対する人間の驕りそのものである。ラスト近くでアメリカ調査隊も漸くキングコングとの共生の道を選択する。キングコングに優しく触れる美女の姿が、風の谷のナウシカで王蟲に語り掛けるナウシカの姿に重なっている。

本作には、このように、人間の驕り、自然との共生というメッセージが込められている。
本作は、理屈抜きで怪獣映画として楽しんでも良いし、本作の背景にあるものを想像しても面白い。色々な楽しみ方ができる味わい深い作品である。

なお、エンドロールの最後に続編を予告するような意味深なシーンが映し出される。続編での更にスケールアップした怪獣バトルを期待したい。

 

7人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 味わい深い怪獣映画

    2017/4/6 19:17 by 猫ぴょん

    こんばんわ
    みかずきさん^^

    期待以上に面白い作品でした
    どのシーンも迫力あって
    蜘蛛の大きいのにギャーでした(◎_◎;)
    気持ち悪〜

    でもイチバン怖かったのはサミュエル・L・ジャクソンかもw
    上司に逆らえない隊員たちが気の毒で。
    (いつの時代もですが)

    楽しいバトルだけでなくみかずきさんの仰るようにいろんな味わいの作品でしたね。

    そうそう
    エンドロールで☆がひとつ増えました(笑)
    あのサービス画が全部登場したら狂喜ものですもん

  • Re: 味わい深い怪獣映画

    2017/4/6 19:23 by 無責任な傍観者

    これ見てて、川口浩冒険隊が頭に浮かんだのは秘密(笑)

  • Re: 味わい深い怪獣映画

    2017/4/6 23:51 by みかずき

    こんばんは。
    猫ぴょんさん。無責任な傍観者さん。

    理屈抜きで楽しめる怪獣映画でしたが、それ以外の面白さをある作品でした。

    ベトナム戦争末期が舞台であり、ジャングル、ヘリコプターとくれば、やはり、地獄の黙示録でしょう。
    また、キングコングと共生している原住民と、
    傍若無人に髑髏島に乗り込む調査隊の対比は、
    風の谷のナウシカのようでした。
    人間の驕り、キングコングに象徴される大自然の脅威との共生もテーマになっていて、色々な楽しみ方ができる作品でした。

    エンドロールの最後のお楽しみ映像は、次回作の予告するもので、今作より、更にスケールアップした怪獣バトルが鑑賞できると期待しています。

    失礼しました。

  • Re: 味わい深い怪獣映画

    2017/4/7 7:45 by Yosu

    「風の谷のナウシカ」を持って来られましたかぁ

    みかずきさん、
    レスありがとうございました。
    Yosuです。

    気づくの遅くなりました。

    猫ぴょんさん、ご無沙汰しております。

    無責任な傍観者さん
    初めまして
    クールでストレートなレビュー
    時折、拝読しております。

    みかずきさんの
    ディテールなレビューで
    鑑賞した時の絵が浮かんで来ます。
    私は、バトルに乗り出して観てましたが・・・
    「この地球は人間だけのものではない」
    (小美人?引用)
    改めて教わった感じです。
    そしてエンドクレジット
    テンションMAXになりましたぁ〜

    シリーズ?作品
    これと年末のアレ、わくわくで〜すぅ

    それではまた
    次の作品(オスカー作品)?まで

  • Re: 味わい深い怪獣映画

    2017/4/9 15:35 by ぱおう

    みかずきさん、こんにちは。
    皆様、お邪魔します。

    いやあ、渾身のレビューですねえ。
    作品自体は、私は☆4つ(かなりの良作)でしたが、こちらのみかずきさんのレビューは☆5つではないかと思います。
    単なるエンターテイメントと思って楽しみましたが、色々な関連知識や映画のシーンと関連づけると、こんなにも深い楽しみ方が出来るものなんですねえ……。

    > なお、エンドロールの最後に続編を予告するような意味深なシーンが映し出される。続編での更にスケールアップした怪獣バトルを期待したい。

    本作の一番のひねりは、こんな所にありましたね。
    長い長い、壁画のエンドロールを見ていると……。
    さらに、画面が暗くなったので、今度こそ日本語翻訳者と吹替キャストが出て終わりかと思っていたら……。
    油断も隙もないジェットコースターアクションの締めくくりに、こんな罠が仕掛けられているとは(笑)

    このたびは、勉強になるレビューをありがとうございました。おかげさまで、一粒で二度おいしい思いが出来ました。

  • Re: 味わい深い怪獣映画

    2017/4/9 15:53 by 10年目のソフィ

    みかずきさん

    こんにちは。皆様お邪魔しま〜す。久しぶりの仲間入りですネ。
    みかずきさんの変わらぬ熱いレビューを拝見し、ポップコーン食べながら見ていた私に思わずナハハですww
    ナウシカまでよぎったんですね。コング並みに握りこぶしに力入ってたのではないかと嬉しくなりました。

    本作は男性陣には最高ですよね。キングコングはジェシカラングのもののみで、vsゴジラも見ていません。ゴジラと戦わせるのも可哀想に思うのですが、、、

    トムヒは相変わらず素敵でしたが、そんなノリで行くと叱られそうなたくさんの熱気を感じたレビューをありがとうございます。

    ではでは。

  • レスありがとうございます。

    2017/4/9 19:52 by みかずき

    こんばんは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    >いやあ、渾身のレビューですねえ。
    作品自体は、私は☆4つ(かなりの良作)でしたが、こちらのみかずきさんのレビューは☆5つではないかと思います。
    単なるエンターテイメントと思って楽しみましたが、色々な関連知識や映画のシーンと関連づけると、こんなにも深い楽しみ方が出来るものなんですねえ……。

    私のレビューを評価して頂き、ありがとうございます。キングコングとは長い付き合いなので、コング映画は落ち着いて観ることができますので、コング作品が問い掛けている様々なテーマを想像することができます。ただの妄想かもしれませんが。
    ということで、ベトナム戦争末期という時代設定から地獄の黙示録、原住民とアメリカ調査隊のコングへの対応差に風の谷のナウシカを思い出しました。

    そうですね。確かに色々な要素が詰まった面白い作品でした。大きな減点材料は見当たりませんが、
    怪獣映画はアクション映画と同様、スピード感が大切なので、あまり盛らずに、もっとスピード感を増して欲しかったです。それに、シンゴジラには及ばないと感じたので、80点としました。期待度が高かったことも影響していますが。

    失礼しました。

  • レスありがとうございます。

    2017/4/9 20:07 by みかずき

    こんばんは。ソフィさん。
    みかずきです。

    >こんにちは。皆様お邪魔しま〜す。久しぶりの仲間入りですネ。
    みかずきさんの変わらぬ熱いレビューを拝見し、ポップコーン食べながら見ていた私に思わずナハハですww
    ナウシカまでよぎったんですね。コング並みに握りこぶしに力入ってたのではないかと嬉しくなりました。

    作品についつい見入ってしまうので、レビューも熱くなってしまいますね。本当に気に入った作品では、鑑賞中、殆ど動きが無いとカミさんによく呆れられています。
    いつも気楽に観る予定で鑑賞するのですが、色んな作品が頭を過って、画面に釘付けになってしまいます。今後も私の熱いレビューを読んで頂ければ幸いです。
    最後に、昨日、ヨハンソン主演のゴースト・・・を鑑賞しました。アクション作品というよりは、自分探しの戦いという感じの作品でした。すっかりヨハンソンのファンになってしまいました。

    では、また御一緒できるのを楽しみにしています。
    失礼しました。

  • Re: 味わい深い怪獣映画

    2017/4/9 20:31 by 悶mon

    みかずきさん、こんばんは。
    悶monです。
    私のレビューへのコメントありがとうございました。

    >本作、理屈抜きで楽しめる怪獣映画ではありますが、それ以外のテーマもあったと感じました。

    >人間の驕り、コングに象徴される大自然の脅威との共生もテーマになっていたと思います。

    みかずきさんのご指摘のように、私も単なる娯楽作品とは思ってはいなかったのですが、怪獣バトルが、少年の頃に観た怪獣映画やテレビ番組を想起させ、あまりに楽しめたものですから、怪獣バトル一辺倒のレビューになってしまいました。

    確かに、髑髏島の原住民は、コングと共生しています。
    ところが、調査のために髑髏島に来たアメリカ人たちは、爆弾を使い、いきなり自然を破壊する行為に出てしまっています。
    これでは、島の守護神のコングが怒るのも、無理もないですよね。

    アメリカは、ベトナム戦争が終結したばかりだというのに、またもや、他の生活圏を侵害するという罪を犯してしまっているのです。
    そこには、人間の驕りへの警鐘が込められているし、自然との共生もテーマになっていると思います。

    以上、レビューで書かなかったことを補足させていただきました。

    これからも、興味深い映画作品を共有していきましょう。
    よろしくお願いします。

  • ぱおうさん、すいません。読解力不足でした。

    2017/4/10 21:55 by みかずき

    こんばんは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    ぱおうさんのレス、誤解があったようなので、再レスします。私も文章の読解力がないですね。

    ぱおうさんは、私のレビューに☆5つの評価をしてくれたんですね。ありがとうございます。

    私、情報工学専攻の典型的な理系人間なので、気の利いた文章は書けません。なので、作品への熱い想いを込めてレビューを書いています。

    これからも、熱く泥臭くさいレビューを書いていきますので、宜しくお願いします。

    失礼します。

  • 悶monさん、ありがとうございます。

    2017/4/10 23:59 by みかずき

    こんばんは。悶monさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    >みかずきさんのご指摘のように、私も単なる娯楽作品とは思ってはいなかったのですが、怪獣バトルが、少年の頃に観た怪獣映画やテレビ番組を想起させ、あまりに楽しめたものですから、怪獣バトル一辺倒のレビューになってしまいました。

    そうですね。それだけ、怪獣バトルシーンは迫力があり、圧巻できたからね。私も十分に堪能できました。確かに、幼い頃に戻った感覚もありましたね。

    >確かに、髑髏島の原住民は、コングと共生しています。
    ところが、調査のために髑髏島に来たアメリカ人たちは、爆弾を使い、いきなり自然を破壊する行為に出てしまっています。
    これでは、島の守護神のコングが怒るのも、無理もないですよね。

    >アメリカは、ベトナム戦争が終結したばかりだというのに、またもや、他の生活圏を侵害するという罪を犯してしまっているのです。
    そこには、人間の驕りへの警鐘が込められているし、自然との共生もテーマになっていると思います。

    正直、レビューを書き上げたときは、私の想像は飛躍しすぎていないかと不安になりましたが、悶monさんのような、理論派で百戦錬磨の方に賛同して頂いて嬉しいです。

    本作は、怪獣映画でありながら、色々なテーマが盛り込まれていて、面白かったです。
    色々な作品が頭を過って懐かしかったです。

    次回作は、ゴジラとの対決になるようですが、
    次回作も本作のように、より味わいのある怪獣映画になることを期待したいです。

    では、また、面白い作品でお逢いしましょう。

    失礼しました。

  • Re: 味わい深い怪獣映画

    2017/4/15 23:39 by 小波

    みかずきさま

    レスありがとうございました。こちらのレスが遅くなってしまい、すみません。

    この映画、監督が好きな日本のアニメやゲームなどから得たインスピレーションが盛り込まれているそうですね。私はアニメやゲームにもうとくて。「ナウシカ」は随分前にみましたがうろ覚えです。

    でも、コングから滲み出る哀愁によって人間の驕りを描いてくれているのは、怪獣映画門外漢の私にもわかりやすく、心に響きました。

満足度データ

キングコング:髑髏島の巨神
100点
11人(7%) 
90点
24人(15%) 
80点
55人(35%) 
70点
36人(23%) 
60点
14人(9%) 
50点
8人(5%) 
40点
5人(3%) 
30点
2人(1%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
155人
レビュー者数
81
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
78
ファン
9人
観たい人
74人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • HIROCOSTON
  • moa_tiroruchoco
  • みかずき
  • たむら
  • 鶯谷畳一畳
  • ラッキーココア
  • オフェリア
  • 猫ぴょん
  • マリナハート

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

未来の映画監督たちよ、ここに集え!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
これぞウェス・アンダーソンの集大成! どこか奇妙で懐かしい“日本”を描く『犬ヶ島』ほか、世界中で愛される絵本を映画化した『ピーターラビット』『ランペイジ…』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ