ただいまの掲載件数は タイトル64504件 口コミ 1173121件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ちえりとチェリー > 感想・評価 > 微妙さが味だった

微妙さが味だった

70点 2019/2/19 8:50 by コージィ

ちえりとチェリー

人形のバリエーションに乏しい表情を、しっかりと生かしたパペットアニメーションは素晴らしかった。

内容的には父親が亡くなり、母親が仕事で家計を維持せざるを得ないため、放っておかれた子どもの精神のままのちえりが、想像の世界で生きていた中で、精神的成長を遂げる話。

すごくいい話なんだけど、大人が観るとエンタメになりきれない宮崎駿作品というか、子どもが観るとファンタジーさが欠けた「不思議の国のアリス」っぽいというか。
「夫(父)の死」を数年経っても乗り越えられない現実と、ちえりの空想空間のリアリティラインが乖離しすぎてて。

また、子供には背伸びしすぎて理解できるのか怪しく思うし…

それでもうっすら涙ぐんでしまうのは、おそらく最後のあたりの、母親と親戚の会話が、大人の立場で「自分が死んだあと残された家族」を想像してしまい、染みたというところが大きいかな。

2015年制作2016年公開作で、共同脚本の中に2017年に亡くなった島田満さんの名前を見つけ、ある種死ぬことを覚悟した人からの、生きて残った人々へのメッセージなのかも、というむず痒さも感じ。

名作にも駄作にもカテゴリーできない「微妙」さが満載だけど、印象が強烈という、謎作品に。
それがまた作品全体の味にもなっていて。

評価しにくかった。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ちえりとチェリー
100点
0人(0%) 
90点
4人(40%) 
80点
0人(0%) 
70点
4人(40%) 
60点
0人(0%) 
50点
1人(10%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(10%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
10人
レビュー者数
9
満足度平均
70
レビュー者満足度平均
70
ファン
0人
観たい人
7人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】