ただいまの掲載件数は タイトル64244件 口コミ 1170722件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 君の名は。 > 感想・評価 > Let It Be

Let It Be

90点 2017/8/13 15:00 by STAYGOLD

君の名は。

1回目は、ただのRADタイアップPVムービーだと侮っていた。2回目は、気になった色々な仕掛けを確認するために観た。3回目は、関連小説を読み込み伏線を理解して観賞した。4回目は、フラットな感覚で極上音響を楽しんだ。そして、5回目以降は…。

エンタメにお金を落とすことは、ひとそれぞれに理由がある。本作は、あからさまに様々な方向にプロモの触手が伸びており、そのやり方に嫌悪感を抱く方も多いと思う。正直、私もそうだった。

だが、しかし。
結果的には、私は映画として愛した「この世界の片隅に」よりも、単なるエンタメでしかない、本作の方が数多く接することになった。

先入観で物事をはかっても何も変わらない。感じなければ何も。そうして、その結果、私は何度も本作をハコで感じることになった。私はよほどのことが無い限り映画はハコで観る。その場所に釘づけになって、人生の数時間を供する価値があるかが大切だからだ。時間は有限だ。死ぬまでに、やりたい事は多すぎる。複数回観賞したタイトルは、そのハードルを突破してくれた愛すべき作品たちだ。

本作には、よく比較にされる作品があげられるが、ネタ自体既に使いつくされたモノ。単なる入れ替わりタイムリープもので、そこにデッドリミットを絡めたオハナシに、美麗な背景とRADのおとを重ねたモノガタリ。ただそれだけ。時代劇や西部劇のようにジャンルとして使っただけ。

「枯れた技術の水平思考」
使い古された技術でも、やり方はいくらでもある。

でも、なぜだろう。ただそれだけのエンタメが、ひどくこころに突き刺さる。

前置きが長すぎた。

本作の最大の魅力は、若い二人のピュアなモノガタリだからだろう。これは若い二人の俳優がしっかり声優をこなし、性差を超えて演技を魅せたからこそ、効果をあげている。全てがどこかぎこちない瀧くんを演じる神木隆之介とこなれた演技を魅せつける三葉を演じた上白石萌音。この二人のこえが蒼いモノガタリを美しく彩る。このころの男の子女の子の違い。なかなか、うまく表現されている。二人の関係だけでなく、それぞれの友人、家族との絡みが、ひどく自然で、そうだよなあ、こんなこともあったよなあと、すっと飲み込める部分がきもちいい。

またバイキャラの完成度も高い。まず感心したのは、各キャラクターに対して、しっかりサイドストーリー、コアである本作につながるモノガタリが創られていることである。これは故野沢尚氏もホン創りの際に行っていた大切な設定。おざなりになりがちな世界をしっかり、もうひとつの現実として構築することで、本線の厚みが増し、ああ、そうだったのかと観客がほくそ笑む喜びを与えている。まあ、この方法は本来外に出すものではなく、全て商売に結び付けるやり方が、残念ながらアンチを生む原因にもなっている。もちろん、バイキャラと呼ぶには豪華な役者陣も機能している。長澤まさみ演ずる奥寺先輩も市原悦子演ずる三葉の祖母、一葉も声優としての出来は何の問題もない。

都会と田舎。今と過去。地球と宇宙。その全てを対比しながらモノガタリは加速していく。途中で謎がどんどんほどけてゆき、ラストに向かってひた走る疾走感は、ある種の爽快感すらともなう。

様々な困難を乗り越えて、黄昏時に出逢う二人の姿。
やっと持てたふたりの時間。
それなのに大切なことを忘れ去ってしまう、せつない運命。
きっと忘れない。忘れるわけがないとこころが泣き叫ぶ。

そうして。
タイトルに刻まれたことばをお互いが発したとき、
この作品はさわやかな結末を迎える−。

モノゴトを形で観ない、この若いふたりの様な
素直なハートの方々におススメしたい作品でした。

※2017/01/14 TOHOシネマズ新宿 SCREEN10(IMAX)にて。
他4回観賞。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • なんのために生まれて、なにをしていきる

    2019/2/12 23:58 by STAYGOLD

    こたえられないなんて、そんなのはいやだ。

    はは、蒼いな。
    おっさんなのに、しゃかりきに描いてる。

    人生なんて、解らん。
    市原のばあちゃんは宇宙に還り、ドリーミンは一人になって本当の意味を知り、最高の才能が百恵ちゃんの病を患う。福島の爆発を感じた訳では無いのに。

    すずさんの過去があって、紡がれた未来。
    本当にいい作品だった。どちらも。
    自分が大好きな変態監督ならではの。

    そうだ、おそれないで
    みんなのために、
    あいとゆうきだけがともだちだ。

    ゲームギアで、アンパンマンを創ったとき。
    いつもやり過ぎる俺にやなせ先生は、こう言った。

    あなたはいつもやり過ぎだよ。
    でも、今だから出来る。
    ずっと、それを忘れずにね。

    結局、SEGAからは出なかったけれど。
    1メガのROMと開発基盤はここにある。
    先生、俺はまだ変わっていないだろうか。
    そこにいったら、教えてください。

    そうして、いまも、親が子を殺す時代。

    なぜ、分身を殺せる。
    けだものだからか…

    また、2年前の活況を願う。
    映画が観たくなるように。

満足度データ

君の名は。
100点
122人(21%) 
90点
125人(22%) 
80点
134人(24%) 
70点
76人(13%) 
60点
43人(7%) 
50点
19人(3%) 
40点
9人(1%) 
30点
1人(0%) 
20点
7人(1%) 
10点
16人(2%) 
0点
5人(0%) 
採点者数
557人
レビュー者数
250
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
77
ファン
79人
観たい人
234人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 高城剣
  • marimo32e
  • リュウ、
  • 葉秋らん☆
  • 出木杉のびた
  • フィガロママ
  • Blue Rose
  • itagure
  • ぷらちこどん
  • mi-toai
  • ねっこ
  • ぶんず
  • 赤ヒゲ
  • らぴゅたん
  • NATSUMI.O

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】