ただいまの掲載件数は タイトル64698件 口コミ 1175646件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > リリーのすべて > 感想・評価 > リリーの皮だけ

リリーの皮だけ

50点 2016/12/13 18:06 by くりふ

リリーのすべて

劇場でみた時は首を傾げた。その後映画公開に合わせ、荒俣宏さんが『女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」』を著したと知り読んでみた。…これが面白い!この不思議な夫婦をかなり知ることができた。その上で本作を再見すると、商業映画として成立させるためか、かなり省略・誇張していることがわかり、残念映画と確信しました。

映画単独でみた時、大きく二つが気になりました。ひとつ…何をもって、リリーが女であると決定づけるのか?もうひとつ…で、女になる幸福って一体なんなのか?…これらが明確にならないと、当時の脆弱な医療技術に頼り、命がけで性転換する価値がわからない。あまりに無謀、で片付いてしまいます。

ひとつ目は、本作内では本人の意思、としています。でもなあ、作中の描写では、女を「装う」ことに憑かれた男、に見えてしまう。メイクと衣装、あと仕草ね。それらに夢中になってばかりでしょう。

現実に、ガサツで化粧っ気のない女はいるし、誰も見ていなければスッピンでジャージ着て尻掻いて、近所のコンビニならそのまんま買い物行っちゃったりもするワケで(ホラホラそこのあなた!)、美しく装うこと、それを好むことが女である証にはならないでしょ。逆に、化粧は武装の意味もあるから、スッピンの方が女に戻れる、という感覚の人もいるんじゃないか。

リリーの奥さんの意思も添えられるけど、私には女と認めたというより、本人の意志を尊重した、と受け取れます。

ふたつ目はまあ、これだ!と簡単に言えるものでないとは思いますが、少なくとも、オシャレすることが第一ではないよね。…ひとつ目と絡みますが。しかし仮にではあっても、答えをもっていたから女になろうとしたんじゃないのか。作中からはまったくそこが響かず、むしろ、男であるという現実から逃避したかったようにも映ります。「本当の自分」たって自分でもよくわからないもんだしねえ。ぶっちゃけ、本作のリリーではチンコ切り損だと思いました。

表現の話だとまず、問題のエディ子(笑)。どっからどう見ても女装男子止まりで、天地がひっくり返っても女には見えません。『海月姫』の菅田君と変わんないって。だから女装デビューの時はまだ、周囲のなんじゃコリャ視線を描いておりまあ見られたのですが、終盤のデパガ連中でもぉ爆笑!仮にも美容部員で、美のエキスパートだろお前ら。その目は節穴どころか洞穴か!コントかと思いましたよあのタイコ持ちシスターズには。

エディの演技と、それを追う演出に力瘤を感じてしまう。女らしく見せるんだあああぁぁぁっていう。これが痛々しい。当り前だけど、女性の出演者にそんな力みはないから、並ぶと余計にだああぁぁ感が画面に漲る。これが、疲れる(笑)。

唯一、奥さんゲアダの絵のモデルに自覚的になる時、アトリエの虚構空間の中では一瞬、架空のリリーとなり魅力的でした。これは後で、ゲアダの絵をたくさん見て、なるほどと思ったものです。

公開時、海外ではセクマイの観客から、非難の声がけっこう上がったそうですね。性転換を「悲劇」に仕立てているから。また、デンマークの観客の声も面白かった。これ、どこや?だって。平べったいデンマークには、あんな山はないんだって(笑)。

その他、所感まだまだありますが、長くなってきたのでこの辺で。

『女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」』についても色々書きたいですが…この特殊夫婦の現実をより知りたい方は是非、読むといいです。ゲアダの絵も多く収録され、映画にはまったく出てこない面が、立体的にわかります。原作小説は小説なので興味ないのですが、こちらは個人的にかなりのオススメ。

ちょっとだけ荒俣本に触れると、リリー性転換までの経緯は、映画のように単純ではありません。紆余曲折があり、また年齢も重ねた上でそこに至っています。「彼」が女になるのも、「自他ともに認知される」という経緯があったこともわかります。が、荒俣さんは諸々考察を重ねていますが、一つの結論を出さず冷静ですね。リリーが性同一性障害であったかどうかも、断言を避けていましたよ。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

リリーのすべて
100点
16人(14%) 
90点
21人(18%) 
80点
31人(27%) 
70点
25人(22%) 
60点
10人(9%) 
50点
4人(3%) 
40点
1人(0%) 
30点
2人(1%) 
20点
1人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
111人
レビュー者数
42
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
80
ファン
18人
観たい人
82人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • リリーローズ908
  • 佳辰
  • 119Saki119
  • ちとせあめ
  • ちい106
  • まりもっち
  • LuceMare
  • 小波
  • gale
  • おハナさんといっしょ。
  • ayt0
  • miyakosan
  • marikokohore111
  • 猫ぴょん
  • Right_C

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ