ただいまの掲載件数は タイトル64698件 口コミ 1175627件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > リリーのすべて > 感想・評価 > リリーという名前

リリーという名前

80点 2016/4/8 8:46 by RINA-ppe

リリーのすべて

妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)の絵の代役モデルをやったことで、男性であるアイナー(エディ・レッドメイン)の中で眠っていた女性、リリーが目覚める。

だけどアイナーの中には表には出てこないけど、昔から女性の心があった。

ずっとアイナーとして生きてたのに、ストッキングを履いた瞬間に何かが変わって、さらにウラ(アンバー・ハード)が女性の格好をしたアイナーを"リリー"と名付けることで、彼(彼女)の人生は大きく変化する。

何気なく描かれてたシーンだけど、何かに名前を持たせることはかなり意味のあることだと思うし、名前を持った人とその周囲に意識がうまれる。
アイナーはその瞬間に自分の中のリリーが明確になっていくのを感じて、ゲルダはそんな夫の変化に気付いたんじゃないかな。
私的にはその辺に考えされられました。


アイナーもリリーも愛したゲルダは、強くて、深い愛情を持っていて、本当に素晴らしい女性。
そんなゲルダを演じたアリシアの演技がこれまた素晴らしくて...!
泣いた、泣いた、泣いた。
(今作を観る前は、何でアカデミー賞助演女優賞ルーニー・マーラじゃないの!って思ってたけど、観て納得。アリシアちゃんの演技に胸を打たれっぱなしだった。)

あらゆる女性の仕草を真似て自分のものにして、どんどん女性になっていくリリーを演じたエディの演技は"リリー"そのもの。

ヘンリク役のベン・ウィショー、ウラ役のアンバー・ハード、ハンス役のマティアス・スナールツ。
メインの2人を際立たせていたこの3人のキャラクターもすごく良くて、素敵だった。

こんなに褒めちぎった後にあれだけど、ストーリー的には思ったより淡々としている印象を受けたかな。
ただラストシーンはとてもとても良かった。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

リリーのすべて
100点
16人(14%) 
90点
21人(18%) 
80点
31人(27%) 
70点
25人(22%) 
60点
10人(9%) 
50点
4人(3%) 
40点
1人(0%) 
30点
2人(1%) 
20点
1人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
111人
レビュー者数
42
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
80
ファン
18人
観たい人
82人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • クリス・トフォルー
  • 119Saki119
  • まりもっち
  • 佳辰
  • LuceMare
  • おハナさんといっしょ。
  • すずらん
  • ちい106
  • リリーローズ908
  • Erika Tani
  • gale
  • ayt0
  • 小波
  • 猫ぴょん
  • miyakosan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ