ただいまの掲載件数は タイトル65013件 口コミ 1179164件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > コンカッション > 感想・評価 > NFL=コロッセオの剣闘士

NFL=コロッセオの剣闘士

70点 2018/8/23 15:00 by バナバナ2

コンカッション

2002年 ピッツバーグのNFLチームの元スター選手だったマイク・ウェブスターが、わずか50歳で行き倒れで死亡しているのが発見された。
彼は引退後から、鬱、健忘、精神の不安定と、異常行動が目立っていたが、検視に立ち会ったベネット・オマル博士は、スタッフが反対する中を自費で病理検査に回すと、脳の細胞の変性を発見したのだった。
オマルはこの脳の変性は、フットボールによる長年の脳震盪のせいだと判断し、選手達の安全の為にと、NFLの息のかかった医学誌に論文を載せると、NFLによる嫌がらせが始まる。

この、後に「CTE」と名図けられる、繰り返し脳震盪を起こした為に起こる脳の高機能障害を発見したオマル博士は、実はナイジェリア人で、実績はすごい人だがまだアメリカの在留資格を持っていない人でした。
アメリカの国技であるアメフトに盾を突けるのは、外国人であるこの人にしか出来なかった。オマル博士は、仕事を盗られ、アメリカを追われるリスクを冒して告発してくれたのでした。

この作品ではウィル・スミスが主役なので、あくまでオマル主体で、全体的には地味な作品だったのですが、この“CTE”という病気がアメリカで一般に認知されるのを助けた人物がもう一人要るのですが、その人は出てきません。
その人物は、元プロレスラーのクリス・ノウィンスキー。
彼はハーバード大学出の才子なのですが、アメフト選手に憧れたもののなれなかったので、ハーバード出を売りにして悪態を付く悪役プロレスラーになったのですが、重度の脳震盪症候群で24歳で引退。
自分の病状を心配していた時に、オマルの告発を見てCTEという病気を知り、将来の自分にも関わるかもしれないと、オマルと連絡を取り、医学専門誌だけでなく、最初にニューヨークタイムズにこのネタを売り、一般に知らしめたのはこの人なのです。
その後も、マスコミに最新情報を発表する時は、専門家も同席して病気の事を説明するなど活発に活動しました。
実際、オマルの研究だけでは、多数のNFLスター選手の自殺や変死の原因が、実はCTEであると一般の人にまで認知させたり、米下院公聴会まで進むことは無かったかもしれないのです。

ウィル・スミスが主役でもいいけど、全体的に地味だったので、彼も出して、オマル博士と共闘するところを見せた方が良かったと思います。

そして、映画の途中で、CTEを患っていそうな元選手から「お前も元選手で理事に入ってるんだから、この問題を調べてくれよ」と言われていたデイヴ・デュエルソンが後半で自殺していますが、黒人俳優の区別がつかないし、オマルと公聴会で敵対したところもサラっと映っただけなので、NFL側だったこの人物も実はCTEだったのか! という衝撃が全く伝わってきませんでした。

この事件には、細かい色々なエピソードがあるのに、この映画ではウィル・スミスに焦点を当てているせいか、脚本や演出がパっとせず、もったいなかったです。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

コンカッション
100点
0人(0%) 
90点
4人(14%) 
80点
13人(46%) 
70点
8人(28%) 
60点
1人(3%) 
50点
2人(7%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
28人
レビュー者数
15
満足度平均
76
レビュー者満足度平均
77
ファン
2人
観たい人
17人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • hahahai3
  • 映画監督かい

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ