ただいまの掲載件数は タイトル59014件 口コミ 1146595件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > スター・ウォーズ/最後のジェダイ > 感想・評価 > 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

荒々しく切ない新しいスターウォーズ

90点 2017/12/16 2:38 by みかずき

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

やはり、スターウォーズは、ルーク・スカイウォーカが登場すると格別な面白さがある。本作は、第3シリーズの第2作目(エピソード8)であるが、エピソード7とはガラリと様変わりした新しいスターウォーズである。荒々しさ、切なさ、愛、希望、献身、心の葛藤、苦悩、等、様々な要素を濃密に詰め込んだSF戦争活劇として堪能できる。

主人公・レイ(デイシー・リドリー)は、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカ(マーク・ハミル)にフォースの教えを請い、修行に励む。一方、レジスタンス軍は、圧倒的な戦力の悪の組織ファースト・オーダー軍の前に満身創痍になりながらも善戦するものの、次第に追い詰められるが、勇敢な戦士達の活躍で、何とか持ちこたえてきたが・・・。

本作は、レジスタンス軍とファースト・オーダー軍の戦闘ストーリーと、フォース修行ストーリーが同時進行していく。前者は、前半は退屈な場面もあるが、後半はレジスタンス軍の予想外の奮闘振りの連続である。戦争としてのリアリティがあるので、レジスタンス軍兵士達の想いが画面から伝わってきて哀切感がある。自然に涙が溢れてくる。後者は、レイとルーク・スカイウォーカの心象描写が中心であり、ジェダイという強者ゆえの葛藤と苦悩が画面から滲み出てくる。エピソード5・帝国の逆襲のヨーダとルーク・スカイウォーカの師弟シーンを彷彿とさせる。フォースが安易に使えるものではないことが得心できる。前者は動、後者は静であり、動と静のバランスが取れていて、作品にメリハリが付いているので、上映時間が短く感じられる。

主人公・レイ役のデイシー・リドリーが、強さと未熟さを合わせ持つ若きジェダイの葛藤と苦悩を熱演。何かに挑むような大きな眼差しと鋭い眼光が印象的。本作のキーパーソンであるルーク・スカイウォーカ役のマーク・ハミルは静かな佇まいで、道を究めて達観した熟練者の雰囲気を漂わせている。レイとの違いが鮮明になっている。一方、ファースト・オーダー軍最高指導者・スノーク役のアンディ・サーキスは、邪悪で無慈悲な悪の権化振りで独特の存在感を示している。やはり、悪役が目立っていることが、この手の作品の必須条件である。

前作は、第1シリーズ(エピソード4,5,6)のオマージュだったが、本作は、全く雰囲気の異なる作品であり、長いシリーズを完全継承するのでなく、割り切って軌道修正した潔さが感じられる。やっと新シリーズが始まったという実感がある。

真打、ルーク・スカイウォーカが登場してしまったので、次回作は、どうなるのか不安が残る。次回作では、従来シリーズに依存しない、ルーク・スカイウォーカ以上に魅力ある、カッコ良い登場人物が現れることを期待したい。

 

6人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/18 20:52 by ぱおう

    みかずきさん、こんばんは。
    本作はお気に召したようで、良かったですね。

    > エピソード7とはガラリと様変わりした新しいスターウォーズである。荒々しさ、切なさ、愛、希望、献身、心の葛藤、苦悩、等、様々な要素を濃密に詰め込んだSF戦争活劇として堪能できる。

    私も、エピソード7にはガックリきましたが、本作はアクションに次ぐアクションの緊迫感で楽しめました。

    > 本作は、レジスタンス軍とファースト・オーダー軍の戦闘ストーリーと、フォース修行ストーリーが同時進行していく。前者は、前半は退屈な場面もあるが、後半はレジスタンス軍の予想外の奮闘振りの連続である。

    逃げろや逃げろのままで終わらせない、ひねりの効いたストーリー展開は予想外でしたが、その分長くなってしまいましたねえ。

    > 後者は、レイとルーク・スカイウォーカの心象描写が中心であり、ジェダイという強者ゆえの葛藤と苦悩が画面から滲み出てくる。エピソード5・帝国の逆襲のヨーダとルーク・スカイウォーカの師弟シーンを彷彿とさせる。フォースが安易に使えるものではないことが得心できる。

    本作で、レイの出生の秘密らしきものが明かされますが、それはルークの「すべて、間違いだ」とかいうセリフや、大切な書物への扱いともリンクして、次作の大団円への伏線になっているように感じました。
    レン対レイの対比が、ハリーポッターの善悪対決の構図にも似て見えてきました(笑)

    >やっと新シリーズが始まったという実感がある。
    > 真打、ルーク・スカイウォーカが登場してしまったので、次回作は、どうなるのか不安が残る。次回作では、従来シリーズに依存しない、ルーク・スカイウォーカ以上に魅力ある、カッコ良い登場人物が現れることを期待したい。

    この点、大いに不安ですね。活躍しないままだった主要キャラたちは、どういう意味があって登場しているのやら。
    次回がラストですので、上手く収束させて欲しいところです。

    年の瀬も押し迫って参りましたが、最後まで良い映画生活を送られますことをお祈りします。

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/19 0:01 by みかずき

    こんばんは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    やはり、スターウォーズと言えば、ルーク・スカイウォーカですね。本作では、ヨーダからルークへ、そして、ルークからレイへ、フォースは受け継がれていきます。エピソード5を思い出しますね。

    本作、監督も代わりましたし、エピソード6から時間が経っているので、次世代の新しいスターウォーズでになっていました。

    私は、エピソード4から観てきたファンですので、
    本作には異質なものを感じました。
    初公開から40年も経過し、監督も代わったので、
    それも仕方の無いとおもいつつも、
    年を重ねたルーク・スカイウォーカの姿に、
    もうあの日のスターウォーズには戻れないのだと思うと込み上げてくるものがありました。

    新シリーズに頑張ってもらって、エピソード9の
    大団円を見届けたいです。

    では、また共感作でお遭いしましょう。

    失礼しました。

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/19 8:14 by 猫ぴょん

    おはようございます
    みかずきさん^^

    楽しまれたのですね^^羨ましい(笑)
    ひねた私は不完全燃焼でくすぶってます(爆)

    まったく楽しまなかったわけではないのですが。
    ワクワク部分もウルウル部分もあったし。

    もう一度観れば新しい発見があるのかもですが
    時間が〜
    年賀状もまだで(^^;)
    と言いつつ休みの今日は朝からPCって(笑)


    > 真打、ルーク・スカイウォーカが登場してしまったので、次回作は、どうなるのか不安が残る。次回作では、従来シリーズに依存しない、ルーク・スカイウォーカ以上に魅力ある、カッコ良い登場人物が現れることを期待したい。

    何かスーパーサプライズありますでしょうか。
    2年・・・・・
    長く感じますがたぶんあっという間でしょうね(笑)

    私は今年の劇場鑑賞は今作で終了です(たぶん)
    みかずきさんは今年最後に何をご覧になるのでしょうか?

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/19 23:47 by みかずき

    こんばんは。猫ぴょんさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    私は、スターウォーズのなかでは、エピソード5が一番好きなので、歳は重ねましたが、ルーク・スカイウォーカの雄姿を観ることが出来て良かったです。ヨーダからルークへ、ルークからレイに受け継がれたフォースがエピソード9でもキーポイントになることを期待しています。

    スーパーサプライズですか。
    なかなか難しいとは思いますが、従来シリーズの登場人物に依存せず、新シリーズとして存在感のあるスターが出てきて欲しいですね。
    本作で予想すると、可能性があるとすればレイあたりでしょうか。彼女の眼の表情にhopeを感じました。

    今年の最終鑑賞作品はまだ決めていませんが、一年を締めくくるのに相応しい作品に出逢えればとは思っています。

    では、来年も、共感作でお遭いしましょう。

    失礼しました。

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/21 17:39 by Stella

    お元気ですか(^^)/

    遅くなりましたが
    鑑賞できました〜

    まだ、レビューの時間なくて
    すみません(*´▽`*)

    今作も 楽しめました☆彡
    新しいキャラクターも多く登場していて
    可愛かったです☆彡

    注目は、やはり ルーク様ですね。
    後半のカイロ・レンとルークの対決?
    そこまでやるの?と
    驚きましした。

    マスター・ヨーダ様も登場し
    嬉しかったです(≧▽≦)

    エピ9は公開予定が先延ばしとなったようですね。
    今後の展開も期待したいですね(≧▽≦)
    それにしても 素晴らしいレビューを
    ありがとうございます☆彡

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/23 22:20 by みかずき

    こんばんは。Stellaさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    私は、スターウォーズではルーク・スカイウォーカが好きなので、本作での彼の活躍は、エピソード5帝国の逆襲を彷彿とさせるものであり、感慨深いものがありました。

    新シリーズ登場人物ではレイが気になりました。
    彼女が、エピソード9で、更に存在感を示してくれればいいなって思いました。

    それにしても、シリーズ初公開から40年も経つんですね。初公開からリアルタイムで劇場鑑賞してきましたので、人生をスターウォーズとともに歩んできた感じがします。

    せっかく、ここまで観続けてきたので、
    エピソード9、その先の新3部作を観終えるまでは、元気でいたいです。

    では、また共感作でお逢いしましょう。

    失礼しました。

    元気で

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/24 12:44 by 赤ヒゲ

    みかずき様

    ご無沙汰しています。
    久々にみかずきさんと高評価が一致した気がして嬉しいです。私も今作は、とってもよかったです。

    >レジスタンス軍兵士達の想いが画面から伝わってきて哀切感がある。自然に涙が溢れてくる。
    私も何度も目頭が熱くなりました。ストーリーだけではなく、40年間の時の流れを感じてのものもあったかなと思います。それが集約されていたのが、終盤に登場するホログラムのシーンで、あのシーンでルークが感じたであろう郷愁のようなものを色々なシーンで感じてしみじみしました。

    >エピソード5・帝国の逆襲のヨーダとルーク・スカイウォーカの師弟シーンを彷彿とさせる。
    そうなんですよね〜。このシリーズはずっと師弟愛を描いてきたように思うのですが、そのヨーダとのシーンもよかったですよね。

    > 主人公・レイ役のデイシー・リドリーが、強さと未熟さを合わせ持つ若きジェダイの葛藤と苦悩を熱演。何かに挑むような大きな眼差しと鋭い眼光が印象的。本作のキーパーソンであるルーク・スカイウォーカ役のマーク・ハミルは静かな佇まいで、道を究めて達観した熟練者の雰囲気を漂わせている。レイとの違いが鮮明になっている。
    今回、一番の驚きは、ルークやレイア姫の出番がとても多かった点です。次世代へのバトンタッチといった意味合いが強く感じられ、それは、40年前に青少年だった世代が今、現実社会で直面していることでもあるかなと思えました。私も自分の立場と重ねて、しみじみと感動しました。

    > 前作は、第1シリーズ(エピソード4,5,6)のオマージュだったが、本作は、全く雰囲気の異なる作品であり、長いシリーズを完全継承するのでなく、割り切って軌道修正した潔さが感じられる。やっと新シリーズが始まったという実感がある。
    賛否両論あるようですが、ここまでの超大作になると様々なスター・ウォーズ論や世界観ができあがっていて、万人が納得できる作品づくりは相当に難しいだろうなと思います。無難に作れば意外性がなくなるし、冒険しすぎればスター・ウォーズではなくなってしまうリスクもあるし、製作陣も相当な努力をされているのかなと想像します。

    みかずきさんも「帝国の逆襲」が一番と書かれていますが、私も同じで、帝国もしくは今作が一番好きかなと思いました。猫ぴょんさんやStellaさんの意見も参考になりました。お邪魔致しました。

    赤ヒゲ

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/24 20:09 by みかずき

    こんばんは。赤ヒゲさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。
    久し振りに共感作になったようですね。

    歳は重ねましたが、
    ルーク・スカイウォーカって、
    スターウィーズの登場人物の中で一番好きですね。

    スターウォーズは、
    初公開から40年が経ちますが、
    息の長いシリーズになったのは、
    親子愛、兄弟愛、師弟愛など、
    時代を超えて普遍的なものを描いているからだと
    推察します。

    そうはいっても、当初は、
    エピソード4、5、6で終了だと思っていましたが、
    その後、エピソード1、2、3、
    更に、7,8まで行くとは思ってもみませんでした。

    やはり、シリーズものは、最後まで観ないと意味がないので、エピソード9が待ち遠しいですね。
    新シリーズで登場したヒーロー、ヒロインが活躍する作品であることを期待しています。

    では、また共感作でお逢いしましょう。

    失礼しました。

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/26 11:29 by 悶mon

    こんにちは、みかずきさん。
    悶monです。
    いつもながらの早々のレス、ありがとうございます。

    > 私も、エピソード4から、リアルタイムで劇場鑑賞してきました。スターウォーズが息の長いシリーズになったのは、親子愛、兄弟愛、師弟愛、人間の心の葛藤、苦悩などの、時代を超えて普遍的なものを描いているからだと推察します。
    シリーズを通して、”希望”を繋いできたのもGoodです。
    本作は、それらをしっかり継承しながらも、
    新しい雰囲気の作品になっています。

    そうですね。このシリーズには、みかずきさんが指摘されているような、普遍的なことがらが数多く盛り込まれています。
    なによりも「希望」が全作品を通じて描かれています。
    第1作の副題は、「A NEW HOPE 新たなる希望」ですしね。
    本作品でも、何度も、「希望」という言葉が登場人物の台詞の中にあったように思います。

    >時代とともに帰るところは変え、時代を超えた普遍的な部分は残すというバランスが取れている作品です。

    確かに、40年もの長いシリーズであれば、みかずきさんや私のように、第1作からのファンではなく、生まれ年の関係で、途中参加のファンも多いはず。
    そうした人たちの心を掴むには、変えるところは変えて、よいところは残すという選択が必要であり、それに成功しているのでしょう。

    >エピソード9で、新シリーズで登場したヒーロー、
    ヒロインたちが活躍して、大団円となることを期待しています。

    私も今からエピソード9が楽しみです。
    でも、その前に、スピンオフ作品として、ハン・ソロを主人公にした作品が先行して公開予定ということで、そちらも楽しみにしています。

    それでは、また、共感作でお会いしましょう。

  • みかずきさん、

    2017/12/28 15:38 by 青島等

    ティータイムにお邪魔します

    >真打、ルーク・スカイウォーカが登場してしまったので…
    >…カッコ良い登場人物が現れることを期待したい。

    この着眼点は流石です。
    何よりもマーク・ハミルがルーク同様に健康管理シッカリが良かった。

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/29 17:49 by みかずき

    こんばんは。青島さん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    レイア姫、ルーク・スカイウォーカなどの従来シリーズの登場人物の活躍を観るのは、オールドファンにとっては嬉しいです。

    しかし、いつまでも彼らに頼っていくわけにはいきません。
    エピソード9では、新シリーズの登場人物達の活躍を是非観たいです。

    では、また、色々な作品で意見交換しましょう。

    失礼しました。

  • Re: 荒々しく切ない新しいスターウォーズ

    2017/12/29 20:40 by 10年目のソフィ

    みかずきさん
    お久しぶりに共感作一致で、嬉しい限りです。
    本作!良かったですね!!
    賛否ありますが、わたしはやられました。
    マークハミル、いい作品もらいましたね。
    あともう一作ですか?凄いですね。
    また来年もよろしくお願いします

  • 10年目のソフィさん、

    2017/12/31 21:45 by みかずき

    こんばんは。10年目のソフィさん。
    みかずきです。

    私のところへのレスありがとうございます。

    エピソード9は、いよいよ、新シリーズとしての
    真価が問われることになります。

    40年間観続けてきたので、是非、素晴らしい大団円で終わって欲しいと願っています。

    では、本年はお世話になりました。
    来年も共感作で語り合いましょう。

    失礼しました。

  • 門monさん、

    2017/12/31 21:49 by みかずき

    こんばんは。悶monさん。
    みかずきです。

    私のところへのレスありがとうございます。

    レイア姫、ルークスカイウォーカといった旧シリーズのスターたちが出尽してしまったので、
    エピソード9で、いよいよ、新シリーズとしての真価が問われると思います。

    40年間観続けたシリーズの最終章をしっかり見届けたいと思います。
    更に、3作が別ストーリーで製作されるようですが。

    では、本年は、色々とお世話になりました。
    来年も、共感作で盛り上がりましょう。

    失礼しました。

満足度データ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ
100点
17人(8%) 
90点
32人(15%) 
80点
52人(25%) 
70点
48人(23%) 
60点
26人(12%) 
50点
9人(4%) 
40点
3人(1%) 
30点
7人(3%) 
20点
5人(2%) 
10点
3人(1%) 
0点
3人(1%) 
採点者数
205人
レビュー者数
98
満足度平均
71
レビュー者満足度平均
66
ファン
28人
観たい人
142人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ごま12
  • Shuji Takayama
  • Hosiimo
  • Stella
  • rinoa
  • decolin3
  • Mirei
  • Yousuke  Takuma
  • トトロの森のめめ
  • ☆HIRO☆
  • リサガス
  • 七尾
  • Jny5
  • のんべののん太
  • ekinakaehon

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ