ただいまの掲載件数は タイトル56791件 口コミ 1118743件 劇場 585件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 美女と野獣 > 感想・評価 > おとぎばなし

おとぎばなし

60点 2017/8/6 22:55 by STAYGOLD

美女と野獣

大人になったエマ・ワトソンにオンナの匂いを感じた瞬間、ハリーにかけられた魔法が解けた。魔法の国から帰るとき、都会の灯を見た瞬間に我に返るネズミ耳のオーディエンスのように。

そして、時間の魔術師は残酷だ。
ファンタジーの世界の住人も、すべてを見透かされる銀幕のアップには厳しい年代へ突入したということか。顔はメイクでどうとでもなるが、煌びやかなドレスからのぞく、なかなか立派な二の腕。やはり過ぎ去った月日を隠せない。上映がはねた後の客だしの中、エマと同年代の女の子が友達と話す「エマもぎりぎりだね」的なコメントが私だけの感覚ではないと教えてくれた。

正直、まるでみんな大好き早稲田の清宮くんのように、蝶よ花よとあがめ奉るのは、如何なものか。ネズミー・マンセーは彼女の為にはならないと思う。私には、ちょっと気が強そうな彼女の瞳が、お願いだからほっといてよ、と叫んでいるように感じてならない。

※詳細は自己レス「愛をくらえ」にて。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • 愛をくらえ

    2017/8/7 2:27 by STAYGOLD

    そもそも、タモさんほどでは無いが、私もミュージカル・ムービー(MM)に馴染めない。クラッシックホールで安らかに寝息を立てる相方ほどでは無いが、私も必ず(MM)の観賞は初見時は睡魔と闘うはめになる。同じエンタメでも映画とミュージカルは、RPGと音ゲーほどに住む世界は違うはず。まだ「La La Land」の曝け出す、「うんそれ、あるある」的な生臭き人生模様のほうが鋭くこころに突き刺さる。

    ではアニメの下敷きを考えず、通常リリースの実写映画として考えた場合はどうだろうか。

    主人公のベルは、頭が良くて明るい女の子。
    だけど、ちょっと人と変わった考え方をするために、陰では村人にひそひそ話されている。でも彼女はそんな事は、まったく意に介さない。だって私は私なのだもの。みんなの視線は関係ないわ、いつか、それがわかる王子さまが私を−。おお、王道の近未来系自分ファースト・ネズミープリンセスですな。

    この素敵な女の子に恋焦がれるハンサムでうぬぼれ屋なガストンさま。ベルからは好みじゃないわと全く振り向いてもらえず、それなら親子まとめてヤッちゃえと悪だくみを考えるステレオタイプな敵役もお約束。

    そして野獣な王子さま。
    天下を取って女性議員にモテモテでちょっと驕ったアベちゃん味の王子さまは、お城で徴用して欲しいと願う見た目が麗しくない初老の女性を冷たくあしらいます。しかしそれは、姿を変えたみどりいろの魔女でした。ファーストしてもらえなかった彼女は怒り狂い、獣医学部の呪いを加計(かけ)て王子は哀れケダモノへと姿を変えられてしまったのでした。ああ、誰か助けて、アッキーナはどこですか。しかーし、それでは終わらない。彼を支えてお城を守っていた仲間、官房長官も防衛大臣も文科大臣も、アイツもコイツも、みんなみんな家具や小物に変わってしまい、大切な議事堂←違う、城は、まるで牢獄のような姿に変わってしまうのでした。必死に魔女に許しを請うケダモノ王子。しかし魔女はカイジの様に言い放ちます。「おごるよな。なんせ今自分が相手にしているのは優秀な自分とは比べたら話にならねえクズ。ゴミなんだから。おごるよな、優秀だから。ここまでクズを寄せつけずに勝ち続けてきたんだから。その優秀ゆえのおごりを討ったんだよ。このみっともねえ奴隷が−!」 ん、どこかで聞いたような話だな。いかん、脱線した。

    “バラ”というギミックを、そこかしこに絡めながら物語は進みます。
    森に迷い込み囚われの身になった父親と再会したベル。私が身代わりになったげるとばかりに、牢を出る事を渋る父親を思いっきり突き飛ばして自ら牢へ入りドヤ顔。お父様、けっこう痛そう。そんなベルの姿に、天下を取る前の正義感あふれる若いころを思い出し感じ入るケダモノ王子。そんな王子のかたくななこころを、ベルはやさしくやわらかく溶かしてゆきます。たまに、したり顔で論破しますが。そして二人きりの舞踏会。楽しげに舞い踊るベルとケダモノ王子。一発目のピークがやってきました。が−。どこか鳥瞰してモノガタリを眺めている私。まるで観察者のようです。うう、入りこめない。

    この作品通してのテーマが、「自立して自ら行動する活発な女性の姿」であり「表面的な姿に捉われず物事の本質を見つめ続けること」なのは解りました。

    ただ、私は本作のシナリオが、かなり強引な形で纏められている所がどうしても気になりました。まさか、推敲しなかったのだろうか、と感じるほどに。親父の代わって無理やり身代わりになる強引さや唐突に出てくる魔法の本や魔法の手鏡の存在。あちこちに強引で粗いシーンが混ざります。たしかに、不都合があれば歌えばいいという伝家の宝刀がありますが、その点でも「La La Land」の方がモノガタリと歌のつなぎの完成度は高かったかな〜。なぜ、こうなったかがキチンと伝わるし。

    映画を楽しむ側にもベルの様な「客観的で常識捉われず物事の本質を見つめる」眼が大切。何か本作を包み込む、これは良いに決まっているだろう、貴方解らないの?的な【見えない大きな流れ】が怖い。そう、ガストンに扇動されて群れを成し徒党を組み城に向かう猛りきった村人たちの姿を見る様だと感じた次第なのでした。

    ※2017/04/21 TOHOシネマズ渋谷 SCREEN3にて。

満足度データ

美女と野獣
100点
53人(28%) 
90点
50人(26%) 
80点
34人(18%) 
70点
29人(15%) 
60点
17人(9%) 
50点
4人(2%) 
40点
1人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
188人
レビュー者数
79
満足度平均
84
レビュー者満足度平均
87
ファン
33人
観たい人
162人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

船堀 

他の地域

 

この映画のファン

  • 西伊豆ランナー
  • ぶんず
  • Yousuke  Takuma
  • 特盛り大好き
  • さゃちゃん
  • クリス・トフォルー
  • ラッキーココア
  • ありぞう
  • しおたく
  • みかずき
  • ayt0
  • すみこん
  • ☆HIRO☆
  • トムハルクン
  • マリナハート

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ