ただいまの掲載件数は タイトル57053件 口コミ 1121430件 劇場 592件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 無限の住人 > 感想・評価 > キムタクじゃない、俳優・木村拓哉の誕生!

キムタクじゃない、俳優・木村拓哉の誕生!

90点 2017/4/23 12:04 by あらぼ〜

無限の住人

キムタク≠ニしてのイメージがあまりに強すぎて、映画としては今ひとつなのかな?
…そんな予想をしていた原作未読の私。

そんな心配は上映が始まってすぐに、ぶっ飛んだ―!
斬るは〜斬るは〜の壮絶アクション!
序盤100人斬り。
クライマックス300人斬り〜!
名付けて
“ぶった斬りエンターテーメント!”
最後までスクリーンから目が離せなかった2時間21分。

あんなところや、こんなところがスパッと斬り落とされて血も…
うっ。いっ痛ーっ!というシーンも多々。
でも、あまりの潔さとスピードで目を背ける暇はなかった。

万次は独眼。
木村さんは片目で全アクションを撮影。
スタントなし。その難しさ。
極寒の山中での撮影は想像を絶する。
…あれじゃ、怪我もするわけだ。
三池監督も撮影中に骨折したという話。
…スクリーンから本作に対する並々ならぬ熱い想いが伝わってくる。

イケメン封印。
でも片目だけでキムタクの目力&オーラは半端ない。
というか…片目だからこそ、いつものキムタクとはひと味違うのだ。

長時間に及ぶアクションも、ただ斬るだけじゃなく、闘いの1シーンずつが凝っている。
刀だけじゃない改造アイテムやら、道具やらがいっぱい出て来て…もう目が釘付け。

万次に迫る刺客たち。
次は誰なの?といつの間にかワクワクする私。
もうっ、この人たちは何者だー!?
…という強烈キャラが続々登場。
そして個々の抱える闇や葛藤が胸を打ち、
思わず涙が出そうになる。
それぞれの正義が炸裂。
口にする台詞も深い。
それぞれの抱える苦しみや思惑も深い。

以下、主要キャラ紹介…
・万次(木村拓哉)不死身の用心棒。
・浅野凜(杉咲花)逸刀流を憎む。万次の雇い主。
・天津影久(福士蒼汰)誇り高き逸刀流党首。
・乙橘槇絵(戸田恵梨香)逸刀流の最強女剣士。
・尸良(市原隼人)極悪非道。サディスト。銀髪。
・八尾比丘尼(山本陽子)万次を不死にした老婆。
・その他…閑馬永空(市川海老蔵)、凶戴斗(満島真之介)、黒衣鯖人(北村一輝)、百琳(栗山千明)、司戸菱安(金子賢)
…ということで、原作未読でもキャラだけ予習しておくとより楽しめる。

その中でも…永空・海老蔵さんの演技は本当にすごかった!セリフに涙腺崩壊。

好青年脱却。初めての悪役の福士くん…クールな最強剣士・天津影久。こんな役も見てみたかった〜!血だらけでも、やはり美しい。

初アクションと美脚にドキドキ…槇絵の影久への屈折した愛のカタチを表現する戸田さん。息をのむほどの美しさ。もう胸キュン!

山崎努さん、田中泯さん、山本陽子さん…ベテラン俳優陣の存在感。
心に残る演技に感激。
…そんなこんなで、見どころ満載。

そして何と言っても、万次と凜の次第に深まる絆が胸を打つ。
守りたい者ができると人は強くなれるから…凜を守る万次はカッコいい!
花ちゃんは、とにかく叫ぶシーンが多かった。全身で頑張る姿が切なくて健気。

そして忘れられない…あのラストのワンカット!
私にとっての名シーンになった。

MIYAVIのギターの前奏から歌に入っていくエンディング…
“彼の人生の出発点。刀の代わりにギターでともに闘わせてもらった。”という主題歌に鳥肌が立つ。
万次の葛藤。その激しさと切なさを表現した曲…
「Live to Die Another Day‐存在証明‐」が映画のフィナーレを飾る。最後に号泣。

木村さん&スタッフさん…ごめんなさい。
もうっ、最高でした!

ぶっきらぼうだが情に厚くて頼りになる、絶対にくたばらない男・万次。
その生き方が“木村拓哉”と重なる。
アイドルからの脱却。
まさに新生・木村拓哉の門出のために作られた映画だった。

そして私はもうキムタクとは呼びません。
これからは敬意をこめて“木村拓哉”さんと呼ばせていただきます!

 

4人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: キムタクじゃない、俳優・木村拓哉の誕生!

    2017/4/24 18:11 by みかずき

    こんにちは。あらぼ〜さん。
    みかずきです。

    時代劇をあまり御覧にならないあらぼ〜さんが
    大絶賛ですね。期待大です。

    13人の刺客の三池監督品、カンヌ映画祭・正式選出と時代劇ファンとしては大いに興味がそそられる作品です。

    時代劇の醍醐味は殺陣にあります。
    殺陣を観れば、その作品の出来が分かります。
    殺陣で主人公の生き様、死に様を表現する作品は多いです。最近の作品でいえば、るろうに剣心、十三人の刺客の殺陣が出色でしょうか。

    キムタクがどんな殺陣を魅せてくれるのか、その殺陣で何を表現してくれるのか今から楽しみです。

    といっても、4/23は親戚の結婚式が郡山であり、
    往復13時間のロングドライブから、本日、帰ってきたばかりなので、4/22、4/23は映画は観れませんでした。大型連休中は旅行予定なので、観る作品を絞り込みたいところです。
    3月のライオン、美女と野獣、本作・・・・。見たい映画が沢山ありますね。

    では、また、共感作品で語り合いたいですね。

    失礼しました。

  • Re: キムタクじゃない、俳優・木村拓哉の誕生!

    2017/4/24 21:05 by あらぼ〜

    みかずき様

    コメント&共感ありがとうございますm(_ _)m

    みかずき様は時代劇がお好きでしたね〜^_^
    無限の住人、私には楽しめました。

    特に、木村拓哉さんのファンというほどではありませんが…彼の覚悟を見た!という感じです。
    三池作品らしく、グロさも満載ですが。

    ゴールデン・ウィークは、ご旅行ですか?
    いいなあ(*^^*)

    私も観たい映画がたくさんあり過ぎて、
    網羅できません(>_<)

    余談ですが…
    今日は、山&#65533;賢人くんの舞台里見八犬伝≠
    観て来ました。

    では、またよろしくお願いします。
    楽しいゴールデン・ウィークを。(^O^)/

  • Re: キムタクじゃない、俳優・木村拓哉の誕生!

    2017/5/6 23:22 by みかずき

    こんばんは。あらぼ〜さん。
    みかずきです。

    昨夜、海外(シドニー)から機中泊で帰国しました。詳細は、プロフィールを読んでください。

    さて、早速、本日、本作を鑑賞しました。

    死に様を重要死する時代劇に、不死という、真逆で大胆な設定を加えた意欲作ですね。
    木村拓哉は円熟味の増した演技で、難役である無限(不死)の世界に生きる主人公・万次を好演していました。衣装、片目であることなどから、往年の傑作時代劇・丹下左膳へのオマージュを感じました。

    天津影久(福士蒼汰)のサイドストーリーが効いていました。こちらは、極めて現実的な時代劇で、
    不死の万次との虚と実のバランスが絶妙でした。

    殺陣の連続のような作品でしたが、特に冒頭とラストの殺陣は圧巻でした。

    木村拓哉の代表作になるでしょうね。

    失礼しました。

  • Re: キムタクじゃない、俳優・木村拓哉の誕生!

    2017/5/7 11:22 by あらぼ〜

    みかずき様

    お疲れのところ、コメントいただきありがとうございます。

    海外旅行、映画…充実したゴールデン・ウィークでしたね。うらやましいです。

    木村さん。とにかく色々あったので、この映画にかけているのですね。新しい木村拓哉をこの映画から始めたい、という意気込みと覚悟が伝わりました。

    カンヌで上映されるということなので、海外での反響が楽しみです。
    今の日本では、真の評価は難しいかと思うので。

    みかずき様が殺陣を絶賛されているので本物ですね〜
    代表作になると、私も思います。

    また観たくなりました。
    では、失礼します(^^)/

満足度データ

無限の住人
100点
21人(26%) 
90点
13人(16%) 
80点
14人(17%) 
70点
9人(11%) 
60点
13人(16%) 
50点
1人(1%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
5人(6%) 
10点
2人(2%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
78人
レビュー者数
47
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
80
ファン
12人
観たい人
59人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • Shimizu Hitomi
  • あきちゅ
  • くろうさ5
  • ぶんず
  • dem
  • ぐりみ
  • かいぞく
  • uRuRi
  • ねこ美
  • みうみう405
  • ラッキーココア
  • ラッキーぷうさん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

無限の住人 [Blu-ray]

  • 定価:5389円(税込)
  • 価格:3968円(税込)
  • OFF:1421円(26%)

無限の住人 [DVD]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3202円(税込)
  • OFF:1107円(25%)

 

ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
98%が「後篇が早く観たい」と回答!『あゝ、荒野 前篇』試写会レポート
早世した激情の女性作家ネリーの半生を描く『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
アウトレイジ(極悪非道)たちの狂宴遂に最終章!『アウトレイジ 最終章』ほか最恐ホラー『アナベル 死霊人形の誕生』『エルネスト』など10月公開作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ