ただいまの掲載件数は タイトル59937件 口コミ 1156824件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > この世界の片隅に > 感想・評価 > それぞれの女性達の人生

それぞれの女性達の人生

90点 2018/2/9 13:37 by バナバナ2

この世界の片隅に

すずは昭和19年に広島市内から呉にお見合いで嫁に来たが、嫁ぎ先の両親や夫も優しい人だし、何しろ夫は戦地に獲られている訳ではなく、毎日家に帰ってくる。
(あのラストら辺のあの子は、なんで男の子ではなく女の子なんだ!と、当時なら跡継ぎ問題で激怒する家の方が多そうだが、すずの嫁ぎ先は大丈夫)。

また、すずのキャラクターは、現代でいえばドジっ子なのだが、それでも、貧しい食料事情の中から工夫して料理を作れるし、着物からもモンペや服を上手に仕立てられるしで、現代のドジっ子キャラクターと比べると雲泥の差がある。おまけに彼女は絵が非常に上手いのだ。

軍港がある町に嫁いだにしては、主人公は結構恵まれていて幸せそうだな、と思ってずっと観ていたのだが、やはり昭和20年に入ってくると、涙無くしては観れなくなった。

すず自身も大事なものを失くしてしまったが、他にも、気難しくて意地悪そうに見えた義姉の人生も、同じ女として凄く辛かったし、
すずの妹も、まだ若くて好きな人が居たのに原爆の犠牲になってしまったし、
また、小さい頃、食い差しのスイカを盗み食いしたあの少女も、エンドロールでその生い立ちがあっさり出てきたが、当時の一般的な女性と比べても、貧しさ故の辛酸を舐めてきた筈で、彼女は呉の大空襲の後も生き延びられたのだろうか?
無事生き残って、後妻でも何でもいいから玉の輿にでも乗ってくれればいいのにと、彼女のその後の事も気になった(あの境遇では、かなり難しいだろうが)。

日常の幸せというものは、一瞬で無くなってしまうかもしれない。
未だに世界の至る所では、まだ戦闘が行われていて、すずや彼女達の様に人生を狂わされてしまった人がたくさん居る。
その人達が少しでも、明るい未来を歩いていける事を願う。

 

3人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

この世界の片隅に
100点
144人(40%) 
90点
87人(24%) 
80点
68人(19%) 
70点
26人(7%) 
60点
8人(2%) 
50点
2人(0%) 
40点
1人(0%) 
30点
2人(0%) 
20点
3人(0%) 
10点
11人(3%) 
0点
4人(1%) 
採点者数
356人
レビュー者数
180
満足度平均
85
レビュー者満足度平均
86
満足度ランキング
1位
ファン
51人
観たい人
144人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • 睡蓮
  • あんとのふ
  • エテ吉
  • 葉秋らん☆
  • chokobi
  • のじー
  • Steven SodaBerg
  • ketchup
  • anvi
  • あの
  • にぎぎ
  • こゆなみ。
  • ゴージャス
  • 8823
  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集