ただいまの掲載件数は タイトル57624件 口コミ 1126919件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > この世界の片隅に > 感想・評価 > 今出来る事をすればそれで良い。誇りを持って良いんだ。

今出来る事をすればそれで良い。誇りを持って良いんだ。

100点 2017/10/11 5:52 by 睡蓮

この世界の片隅に

この幸福感はなんだろう。
絵を描くのが大好きな19歳の主人公が、嫁入りし新婚夫婦になって、軍港で逞しく生きる話。実家の広島市には、数年後原爆が落ち、目の前で人が亡くなり。
主人公の声が素晴らしく良く、のんびりとした、欲のない瀬戸内海の女性の可愛らさがすごく良い。あまちゃんの能年玲奈ちゃんだと分かって成る程なと。魅力が溢れていた。女優さんが声優をすると、癖があり過ぎたりなさ過ぎたりして難しいものだが、素晴らしかった。さすが主役級の女優さんです。広島弁も過剰じゃなく程よく独特の空気感が出てて良かった。完全な広島弁では機能しないと思うので。
映画館で観た事より、人生で一番自分でお金を払って映画を観て良かったと思った映画だった。
創造性や工夫、意識的に生きることと身を任せる様に生きることとの対比も良かった。運命に任せるように生きている主人公、自然に生きて運命に翻弄され続ける元クラスメート。どちらも思うようには生きられない。そこが良かった。
大怪我をしたり、過労で皆フラフラでと、「痛い」シーンもいくつかあるのに、描写がやけにキレイでライトなのはここ数年の日本アニメ映画の傾向でしょうか。人間本当に辛すぎる経験をすると、飄々と血液のないような描写で語ってしまうものです。ここに311経験者の好む日本画のようにあっさりとした表現方法への傾倒を感じる。
あらゆる物の一番良い所を集めて上手に配慮しつつ社会化した面があり、素晴らしいなぁと思います。
エンディングの後半に製作費をネットで寄付(クラウドファンディング)をした人々の名前がこれでもかと並んだ。(3000人だそうだ。)現代の良い所はここだ。(本来は2時間でなく2時間半の映画だったが予算の関係上こうなったそうなので、まだ募集しているのかもしれない。現在は公式ホームページで監督を海外上映の際送り出す資金を募集していました。5400円〜54000円)
主人公が体現する失われつつある、現在にはない豊かさ。美しい主題歌、鉛筆書きのようなアニメ。成熟しきっているんですよね。なんだろう。みんな捨身で自然体である事を頑張っていると思いました。すごく人としてレベルの高いことだと思います。
今出来ることをすればそれで良いんだなと。それが他の人が出来ない唯一の事だったりするから。その事に誇りを持って良いんだと確信的に思いました。それがこの映画で学んだ気付きです。
例えば、映画を観た後コーヒーを飲みたくなったとして、先人に失礼じゃないだろうかとか、割とよく考えてしまったりするのですが、心配せずに楽しめばいいんだと思いました。気楽に、安心して今あるものを楽しむのも徳の一つだと思います。生き方や何かの為に心を抑圧したり犠牲にするのは止めよう、楽しく生きる事を自分に課そうと思いました。
時間の感覚が映画を観ている間だけ、早く進んで運命に振り回されている感覚を共有したような気持ちになりました。テンポが良く、早く進んだり遅く進んだりして、何なんだろうと思いながら生きる感じは誰でも経験あると思います。追憶のように時間を飛ばし飛ばし早送りするような感覚は、とても快適でした。
あらゆる物を凌駕したこの穏やかさ、優しさ、社会性、配慮。究極までレベルを上げれば、誰もが観ずには居られないと思います。まるで「痛くない」注射のようなもので、現代の人々にも受け入れられ易い。穏やかな瀬戸内の海のようにそっと静かに広まって欲しい。
原作本全3冊読みました。映画の方が良くまとまっていると思いました。映画の方が主人公が偉人に見えます。
映画化でばっさり削除されたリンさん絡みのシーンでは、主人公が執拗にリンさんに嫌がらせをしていて、共感出来ませんでした。台詞の変更はそれなりに大きく、色調を明るく変えるような意味合いがあるようです。色が綺麗な方が観る方が楽ですものね。
瀬戸内の海とか船とかにあんなに近い生活をしているのに、
「(涙を流すのは)塩分が勿体無い。」
「(原作の戦後)やっぱり塩味は良いね。」
という台詞は、真実味が薄く感じた。バケツいっぱいでなく、牛乳瓶一本の海水があれば、十分な塩味の味付けは出来るだろうと思う。夫の職場が海の側なのだし。海の近くの井戸水は少し塩味だったりして、真水だと奇跡的とすらされるものなのに。

海外でのこの映画の評判をネットで見ていたら
素晴らしい感想があったので
一応ここにメモ書きとして残します。
「他の人も言ってるけど、美しさがこの映画の特徴で、心の奥深いところに触れてくるような作品なんだ。映画館から出ても「日常に帰ってきた」って感覚はなかった。なんか、映画の世界と現実が繋がっているような感じを受けたんだ……。言葉で言い表すのが難しいけど。」

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

この世界の片隅に
100点
132人(41%) 
90点
79人(24%) 
80点
62人(19%) 
70点
20人(6%) 
60点
5人(1%) 
50点
1人(0%) 
40点
1人(0%) 
30点
2人(0%) 
20点
3人(0%) 
10点
10人(3%) 
0点
3人(0%) 
採点者数
318人
レビュー者数
170
満足度平均
86
レビュー者満足度平均
87
満足度ランキング
3位
ファン
48人
観たい人
129人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • 睡蓮
  • 葉秋らん☆
  • chokobi
  • chako0109
  • ketchup
  • ペペロンチーノ
  • すみこん
  • エテ吉
  • よっさん
  • ako305
  • 81rock
  • たむじ
  • fukushitarao
  • chi18
  • くう子

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』ツイッターキャンペーン
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
誰もが知るミステリの古典はどう変わったのか?『オリエント急行殺人事件』ほか感動作『8年越しの花嫁…』『ガールズ&パンツァー…』など12月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ