ただいまの掲載件数は タイトル62932件 口コミ 1167802件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ちはやふる −下の句− > 感想・評価 > かるたが楽しかった時

かるたが楽しかった時

90点 2016/5/1 6:02 by 出木杉のびた

ちはやふる −下の句−

いい歳をしたおじさんの涙線緩みっ放しで困った。眠りネタで笑わせた後、新への想いが噴出する再会シーンから、既に胸キュンである。「上の句」ではチームとしてまとまっていく五人の姿が描かれたが、「下の句」では新とクイーン・詩暢の存在が千早の心をかき乱し、チームに亀裂を生じさせる危機を招いてしまう。千早は何の為にカルタを続けているのか。新は何故カルタをやめてしまったのか。そして「ちはやふる」の意味することとは…。既に一人の新と、団体戦などお遊びだと一人で戦ってきた詩暢。彼らを追いかけ一人になろうとしてしまう千早を、かるた部メンバーが支えてくれる様子に、温かい感情が込み上げてくる。

広瀬すずちゃんは当然美しく、大きなスクリーンでも映えているが、詩暢役の松岡茉優の堂々としたクイーン振りも素敵であった。常に挑戦的でありながら、時折見せるキャラへの執着が可愛く、このツンデレがまた堪らない魅力であった。詩暢に千早の存在を知らせる小道具として、キャラもののタオルが使われ効果的。

競技シークエンスは、本作も盛り上げてくれて面白い。スローモーションが今回も的確だ。女優たちの美しい姿、表情から読み取れる様々な想いが、情感たっぷりと伝わってくる。舞い上がるかるたの意味もまたしかり。千早と詩暢の対戦が熱い。圧倒的な強さを誇るクイーンに対して、成す術もない千早。「荒ぶる」と「ちはやふる」の違いを知り、彼女は成長する。そして太一も救われた新の言葉から、かるたをやる意味を悟る展開が素晴らしい。あくまでも個人で戦っている詩暢に対して、個人戦でありながら団体戦のチームワークで戦う千早の楽しそうな表情は、観ているこちらまで嬉しくさせる魅力に満ち満ちている。

端沢高校競技かるた部の五人は、絆に結ばれた素晴らしいチームの団結力を得た。本作公開初日の舞台挨拶の際、続編の決定が発表され、すずちゃんが泣き崩れた。この映画での共演者たちとの楽しい撮影の日々が、彼女にとって如何に大切な時間であったかが想像される。僕は「上の句」の撮影で一日だけエキストラとして参加したが、このメンバーのチームワークの良さを、間近に感じ取ることができた。撮影を終わりたくないという気持ちがこちらまで伝わってきたのだ。その情熱が、そのままこの映画には映し出されている。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: かるたが楽しかった時

    2016/5/9 14:01 by みかずき

    こんにちは。のびたさん。
    みかずきです。

    GWに出勤したので、今日は休日です。

    昨日、鑑賞してきました。

    何といっても、クイーンを演じた松岡茉優の
    敵役ぶりが抜群でした。

    広瀬すずの眼力も良かったです。

    続編での二人の激戦が今から楽しみです。

  • Re: かるたが楽しかった時

    2016/5/9 17:53 by 出木杉のびた

    みかずきさん、こんにちは。

    今日は仕事でしたが、午前中休みをもらって清水が舞台の映画のエキストラに、三保の松原まで行ってきました。

    クイーンの松岡茉優さんもとても魅力的でしたね。彼女の出演映画調べたら、『ポテチ』『桐島、部活やめるってよ』『悪の教典』『映画 鈴木先生』『はじまりのみち』と、みんな観た作品ばかりでした。でも今まではあまり印象に残ってなかったのが不思議です。以後は彼女も注目していきたいです。

    続編でのすずちやんとの再対決が楽しみですね。

  • Re: かるたが楽しかった時

    2016/10/18 0:20 by 未登録ユーザ 焼津のウサギ

    ソフト化したので2作連続で観ました。
    長い原作をどうまとめるのか気になりましたが上手く2本の作品にまとまっていたと思います。
    上下それぞれ独立した作品としても十分に面白かったです。
    キャラクターが丹念に描かれていましたし一見地味なカルタを激しく美しく描いていて実写映像作品としても魅力的で溢れていました。
    Perfumeが主題歌を担当すると聞いて最初は作品の和のイメージと乖離していているのでは危惧しましたが少女マンガらしいポップさと和の華やかさが相まって特に下の句のエンドロールが美しくて圧倒されました。
    ラストに今後のクイーン戦の様子をチラリと見せるのも見事で続編が待ち遠しくなってしまいますね。

    上の句でのびたさん出演シーンを確認しましたがすぐにわかりました。キャストとすれ違う際に声をかけられていますしその際に横を向くので顔もそれなりに映っていてかなり良かったですね。


    そして日曜の撮影お疲れ様でした。
    衣装も無い、絶対にまともに映っていない走り損のつまらない撮影でした。半日で解放されただけマシですし非公開だった映画の原作がハッキリしただけでも良かったと思うべきでしょうか…
    やっぱり土日に行われる大人数の募集は地雷だな、と思いました。半年ぶりの参加だったので意気込んでいましたし一人で外出するのに家族に気を使ったりといった気苦労に見合わず残念極まりないです。

    期待させておいての出番なしというのも心のダメージが大きいですね。

  • Re: かるたが楽しかった時

    2016/10/18 21:02 by 出木杉のびた

    焼津のウサギ。さん

    上の句での、僕の僅か1秒のシーンを確認していただき、恐縮です。この撮影は本当に幸せでした。この5人のメンバーと、ずっと一日山にいられたのですから…。この時はすずちゃんと萌音ちゃんしか知らなかったのですが、こうして映画を観ると、男子たちも実に素晴らしい仲間だったということが確認できました。今度は是非、松岡茉優ちゃんとも共演したいところです。

    日曜はお疲れ様でした。僕みたいに週一エキストラなら、ああいうハズレも致し方ありませんが、焼津のウサギ。さんのように忙しい方には、実に残念な現場だったと思います。時代劇の方がいいかとも思いましたが、行った人の話によると、有名な役者さんはおらず、おそらくこちらより走り回されて、キツイ現場だったとのことです。

    僕はあの大人数の中、三人の居残りに選ばれてラッキーかと思いましたが、結局使ってもらえず残念。でもそれは僕の力不足。助監督さんから丁寧に演技指導を受けたので、それは今後のエキストラの役に立つと思います。

満足度データ

ちはやふる −下の句−
100点
10人(9%) 
90点
16人(15%) 
80点
35人(33%) 
70点
24人(22%) 
60点
18人(16%) 
50点
2人(1%) 
40点
1人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
106人
レビュー者数
41
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
79
ファン
25人
観たい人
79人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • takappesan
  • NATSUMI.O
  • 静流
  • 聡史
  • kaoさん
  • 鶯谷畳一畳
  • Poota
  • ykfksm
  • なつみかん。
  • クリス・トフォルー
  • ヒルズ
  • shooting star
  • bobby
  • すいすいか
  • ぱおう

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ちはやふる -下の句- 通常版 Blu-ray&DVDセット

  • 定価:3780円(税込)
  • 価格:2811円(税込)
  • OFF:969円(25%)

ちはやふる -下の句- 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4659円(税込)
  • OFF:1605円(25%)

ちはやふる 完全版【初回生産限定】 [Blu-ray]

  • 定価:10584円(税込)
  • 価格:7926円(税込)
  • OFF:2658円(25%)

 

ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】