ただいまの掲載件数は タイトル56143件 口コミ 1109158件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 湯を沸かすほどの熱い愛 > 感想・評価 > お母ちゃんの遺伝子

お母ちゃんの遺伝子

90点 2017/1/10 6:04 by 出木杉のびた

湯を沸かすほどの熱い愛

脚本の巧さに唸らされた。何気ない描写が、後々重要な役割、出来事と結びついてくる。例えば、安澄 (杉咲花)が口がきけない人が何を言いたいのか理解してあげられたり、まだ早いと思われる勝負下着を双葉(宮沢りえ)がプレゼントしたりする。毎年届けられるタカアシガニへの返事は誰が書くのか、家族の大切な日のしゃぶしゃぶだとか、最初はあまり気にも留めなかった単なる描写の意味が分かる時、双葉の熱い愛を思い知らされることになる。そして女三人旅の本当の目的に、もう涙が止まらない。

双葉は末期ガンの宣告を受け、残される娘の為に最後の力を振り絞ることになる。安澄は学校でいじめられていた。これを自分の力で克服させねばならない。学校へ行かないという選択肢もあろうが、それでは自分がいなくなってからは誰も守ってくれる人がいない。一年前に蒸発した夫・一浩(オダギリジョー)を連れ戻し、嫌がる安澄を学校へ行くように説得する。この時、安澄は自分はお母ちゃんとは違うんだと拒絶するのだが、双葉は自分の遺伝子を受け継いでいるから同じだと説く。この時の宮沢りえの芝居も凄い。中野量太監督の演出の間も見事。宮沢の心を決めるような表情の変化、ためらい。この意味も後々、重く響いてくる。

一浩には同棲していた女の娘、小学生の鮎子も連れて来る。鮎子の母親はいなくなってしまったのだが、それでも待ち続ける娘の気持ちが切ない。鮎子が家族を前に心情を吐露するシーンに泣かされる。双葉が安澄のことを心配する姿を見ている鮎子。本当の母親の愛情を垣間見て、自分もあんな風に抱きとめて欲しいと思っていたのだろう。この母娘抱擁シーンも、重要な意味合いを含んでいたことに、後々気付かされる。

双葉と関わりを持った人たちは、みんな感化されてしまう。旅先で出会った拓海(松坂桃李)や、探偵の滝本(駿河太郎)。彼らがこの物語に関わり合う必要性は当初感じられなかったのだが、双葉を安心させる役割でもあり、“数合わせ”でもある。確かに一浩だけでは心もとない。そんな一浩は昔から調子のいいことは言うようだが、何一つ実行していない。双葉は昔の約束を持ち出すのだが、それは今の彼には実現不可能。それでも少しでも叶えてあげたいとない知恵を絞る姿に、しょうがない奴だと思いながらもやはり泣かされる。

本作には、母親に去られた娘の、母親に対する愛情が綴られている。お母ちゃんの遺伝子が、それを求めているのだ。自分がもらえなかった分、家族には並々ならぬ愛情を捧げたい。ラストシークエンスは、実際には大問題だが、映画的にはアリだろう。「湯を沸かすほどの熱い愛」という大袈裟なタイトルの意味を知らされ、またその語り口の巧みさに鳥肌が立った。双葉のイメージカラーの赤も、うまく使われている。中野量太監督の、今後にも期待したくなる名作であった。

 

6人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

湯を沸かすほどの熱い愛
100点
32人(27%) 
90点
37人(31%) 
80点
21人(17%) 
70点
15人(12%) 
60点
5人(4%) 
50点
4人(3%) 
40点
1人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
117人
レビュー者数
54
満足度平均
84
レビュー者満足度平均
84
満足度ランキング
10位
ファン
18人
観たい人
83人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • よっchan
  • takappesan
  • miki_lovekiss
  • リュウ、
  • 佳辰
  • Nefer_ti_ti
  • qp
  • 葉秋らん☆
  • RIMA
  • 出木杉のびた
  • miyakosan
  • 萌吉
  • suicide777
  • まれまれ
  • なつみかん。

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2991円(税込)
  • OFF:1113円(27%)

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3891円(税込)
  • OFF:1293円(24%)

湯を沸かすほどの熱い愛 豪華版 [Blu-ray]

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5385円(税込)
  • OFF:1959円(26%)
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝