ただいまの掲載件数は タイトル57025件 口コミ 1121101件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 灰色の烏 > 感想・評価 > コピペ910

コピペ910

20点 2017/1/22 8:12 by アキラ

灰色の烏

まあ内田春菊が出演しているという時点でカルトだとは想っていたが、サイキックスリラーテイストで始まって案の定、幻想ワールドへ連れて行かれた。ほとんどが子供ではあるが処女5人が神聖な領域へ迷い込むという意味でピーターウェアの『ピクニックatハンギンロック』と比較されるが、あれはアウトサイダーからの視点であったのに対して今作はインサイダーからの視点。処女に対する淡いイメージは男性からの偏見であって、それをカルト映画に当て嵌めて考えるのは愚劣な批評家のする事。今作は単純に老いた母への愛憎と殺意って所を幻想譚の形で見せようとしてる事は明白。神隠しを奇抜な方法で怖がらせる当時ホラー路線が多かったピーターウェアとは方向性が違う。ただ空白感のある雰囲気重視の見せ方だけは似ているけど。それにしても自分の半分くらいの年齢の女の子と本気で喧嘩したり主人公は大人の余裕まるでなし。というか人物造形自体が、かつて低予算のビデオ媒体で大量生産されたエログロC級ホラー映画レベルの脚本。少しは人物に思考力を持たせないと見るに耐えない。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

灰色の烏
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
0人(0%) 
70点
0人(0%) 
60点
1人(50%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(50%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
2人
レビュー者数
1
満足度平均
40
レビュー者満足度平均
20
ファン
0人
観たい人
1人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

早世した激情の女性作家ネリーの半生を描く『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特集
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
98%が「後篇が早く観たい」と回答!『あゝ、荒野 前篇』試写会レポート
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
アウトレイジ(極悪非道)たちの狂宴遂に最終章!『アウトレイジ 最終章』ほか最恐ホラー『アナベル 死霊人形の誕生』『エルネスト』など10月公開作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ