ただいまの掲載件数は タイトル64721件 口コミ 1175802件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 幕が上がる > 感想・評価 > 本広作品の中では当たり

本広作品の中では当たり

100点 2015/3/7 8:00 by たっかー

幕が上がる

正直90点くらいだったけど、おまけ。

本広監督作品には二つの方向性がある。
「踊る」に見られるテレビ路線と
「サマータイム〜」などの小劇団原作をベースにした純粋な映画路線。
本作は後者の真面目な映画。

しかも新人監督のような情熱をぶつけるような
撮り方をしているので新鮮だった。

青春映画の顔をしているが、その裏にある
テーマは深い。
現状、多くの劇団員が生活をできないまま戦っている。
作品作りは「見えない物との戦い」である。
どれが正解なのか、自分は今のままでいいのか?
それをテレビ的に安易な解答をださなかった点が
おまけの理由である。

原作の完成度は高く、描かれていない部分で
リアリティを感じるし、人間味がある。
役者も最初の10分はダメだったが、
後半なにかに取り憑かれたかのような演技を見せていく。
迷いながらも演劇に惹きこまれていく姿とリンクして、映画を見ていることを一瞬忘れてしまった。

最後に、本作は「銀河鉄道の夜」の内容を知っていると、より楽しめるだろう。劇団員や作品を作ったことがある人間なら、泣けることも保障する。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

幕が上がる
100点
25人(21%) 
90点
25人(21%) 
80点
13人(11%) 
70点
16人(13%) 
60点
11人(9%) 
50点
2人(1%) 
40点
3人(2%) 
30点
1人(0%) 
20点
5人(4%) 
10点
10人(8%) 
0点
4人(3%) 
採点者数
115人
レビュー者数
73
満足度平均
70
レビュー者満足度平均
69
ファン
16人
観たい人
39人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 泥酔天使
  • 佳辰
  • porin62
  • Qたろ
  • あの空へ向かって
  • 出木杉のびた
  • おでっさ
  • kakitani0111
  • usearunknownKKK
  • ishiyan
  • suicide777
  • ごん106
  • OzmaRockdom
  • ステマ根切り将軍
  • クリムゾン・キング

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

幕が上がる [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3604円(税込)
  • OFF:1580円(30%)

幕が上がる [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3063円(税込)
  • OFF:1041円(25%)

幕が上がる 豪華版 [Blu-ray]

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5480円(税込)
  • OFF:1864円(25%)

 

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ