ただいまの掲載件数は タイトル61017件 口コミ 1164993件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > マッドマックス 怒りのデス・ロード > 感想・評価 > マッドマックスに謝れ!

マッドマックスに謝れ!

40点 2016/5/17 13:11 by レビュアンローズ

マッドマックス 怒りのデス・ロード

正直、オイラも戦闘モードだ!!!

メル・ギブソンが泣いているゼ・・・・

この世界観はオリジナル「マッド・マックス」に、何もプラスしていない。
ただオリジナルに物量を増やし、爆破シーンを派手にしただけだ。

これが、ティム・バートン「バットマン」に対するノーラン「バットマン」なら、ここまでナンクセはつけない。
明らかに違う解釈、違う世界観で物語を再構築しているからだ。

しかし、この映画にかんしては世界観は何も変わらず、そしてただアクション量を増やしたでけの作品で、しかもアクションが多くなった分、明らかに物語の神話的構想力が落ちた。

監督ジョージ・ミラーの、柳の下にドジョウが何匹の下心。
オリジナルシリーズの完璧な3部作を貶める効果しかない。
クリエイターが自分のマネをしたらもう終わりだ。

この抜け殻のような虚しさをどうしてくれる!!
こんな物が壊れるだけの、花火映画にしちまいやがって!!
オレの「マッド・マックス」を返せと言いたい!!

イヤ〜久しぶりに取り乱した。

あんまり口惜しいので、オリジナルに対するラブレターを載せます。

タイトル「神話になったヒーロー」
評価:★★★★★

この映画シリーズによって、文明崩壊後の弱肉強食の暴力が支配する世界観が、ビジュアルイメージとして定着された。

この映画の製作年代は冷戦の真っ只中の、ある種閉塞感を持った世界情勢であった。
そんな硬直した世界をリセットしてリロードするという荒業は、どこかシュミレーション・ゲームめいて刺激的だった。

映画は第一作目の文明社会において、主人公が暴走族により家族を失うところから始まる。
これは、近代文明が作り出した暴力的な組織支配によって、抑圧された個人の象徴である。

それはこの主人公が警察官という公的組織に居ながら、復讐という個人的理由のために組織を脱することでも明らかだ。
この一作目は全シリーズのプロローグを成す物であり、主人公は文明社会を焼き尽くす復讐者となり、機械文明(暴走族)に対する、徹底的な容赦ない戦いを繰り広げる。

そして第一作目のラスト、暗闇を走る主人公。
自らの所属すべき場所を裏切った主人公は、自ら滅びざるを得ない。
すでに主人公は亡者となっているのだ。
その証拠に、通常の物語原型として考えれば、王座に着こうとする英雄には伴侶=姫が必要とされるのに、その後のシリーズで主人公の前にヒロインは現れない。
死者に伴侶は必要無いからである。

つまり彼はすでに文明に復讐する鬼神=魂魄となって、その後の第2作、3作を戦い抜く。
そして回を重ねるごとに、文明の痕跡が少なくなっていくのは、主人公の戦いが確実に文明を崩壊に至らしめたことの証左であるだろう。
第三作目に至っては、すでに悪役マスター・ブラスターに見られるごとく、文化と権力が乖離して存在していることが示される。

全ての文明の基礎は権力が力の正当性を記録させるという、権力と文化の強制的一体化を必要とするならば、もうこの時点で過去の文明が滅亡していることが、明確に表されている。

それゆえ3作目サンダ―ドームのラストは、すでに文字という記号すら持たない、文明を失った幼い子供たちが、新たな神話を語る事で終わる。
過去の文明はこの鬼神となった主人公によって、焼き尽くされたのである。
それゆえ、鬼神は新しい文明の担い手=子供達によって永遠に神として崇められることとなるのだ。

それは結局、文明というものが持たざるを得ないある種のデザインが、全ての意匠がそうで有るように、最終的には機能不全に陥らざるを得ず、その時一度全てのデザインをリセットしない限り、新たな文明を創造し得ないという真実を現しているだろう。

繰り返しになるが、英雄=ヒーローとはしばしば社会構造的な閉塞を、理非を超越した超人となって壊滅させうる存在だ。
そしてまた、全てを焼き尽くすがゆえに己の命も喪わなければならない。
それゆえ、全てを原初に戻すと同時に、原文明と運命を共にする存在となる。

この映画の主人公は以上のように、神となって旧文明との黙示録戦争に勝利し、新たな文明の芽を育んで、旧文明に殉ずるのである。

これほど完璧に、英雄譚を語りえた作品を、私は知らない。

実際、その後「文明崩壊後の世界」という設定が繰り返し映画で描かれているが、このオリジナルの物語の神話構造の強さは、特筆されるべきであろう。
この映画の世界は、よくよく見れば、昨今のCGを多用した映像に比べれば、車の数や壮大なアクションというスケール感では、到底及ばないかも知れない。

しかし、特に映画館で見れば分かる通り、圧倒的な迫力と、強いリアリティによって、この架空世界を真実とする説得力を獲得している。
その力は、CGではない生身の人間が格闘する姿や、オーストラリアの大地を圧倒的なスピードで走りぬける車やバイクの、本物だけが表現できる力によるだろう。
その力があればこそ、このSFとも呼べないB級映画にして、映画の古典、永遠の傑作となり得たと思うのである。

正直オリジナルの完成度の高さを思うとき、リメイクされたという新たな物語を見ることを、今はまだ肯んじ得ないでいる。

あ〜〜〜〜〜ほんと見なければ良かった!!
この映画のせいで、オレが「怒りのデス・ロード」を突っ走ってしまったぜ(T.T)

*ブログもやってますm(_ _)m <リンクURL>

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

マッドマックス 怒りのデス・ロード
100点
91人(27%) 
90点
70人(21%) 
80点
84人(25%) 
70点
46人(13%) 
60点
20人(6%) 
50点
9人(2%) 
40点
3人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
5人(1%) 
10点
1人(0%) 
0点
2人(0%) 
採点者数
332人
レビュー者数
124
満足度平均
82
レビュー者満足度平均
81
満足度ランキング
5位
ファン
59人
観たい人
148人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • ゼーン
  • ピリカ
  • はに丸
  • 魔人ブウ*
  • 豆ごはん
  • 佳辰
  • ishiyan
  • チャイコフスキー
  • みどりケロン
  • 鶯谷畳一畳
  • すかあふえいす
  • えすぺら
  • ポイポン  E-10
  • たたたん
  • 1103

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

マッドマックス 怒りのデス・ロード [DVD]

  • 定価:1543円(税込)
  • 価格:927円(税込)
  • OFF:616円(39%)

マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]

  • 定価:2571円(税込)
  • 価格:1099円(税込)
  • OFF:1472円(57%)
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”