ただいまの掲載件数は タイトル60260件 口コミ 1159678件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > マッドマックス 怒りのデス・ロード > 感想・評価 > これぞアクション映画!-サイレント映画の呼吸

これぞアクション映画!-サイレント映画の呼吸

90点 2015/7/6 23:56 by すかあふえいす

マッドマックス 怒りのデス・ロード

これこそ俺たちが待っていた「マッドマックス」の最高峰、サイレント映画の息遣いを感じさせるこれぞアクション映画。世界観が正気を失えば失うほど話が面白くなるんだからビックリですよ本当。

この映画に生きる男たち、女たち、ヒャッハーどもはとにかく叫んで、走って、全力で生を謳歌している。
観客にはグロテスクな装飾、異常なテンション、狂気に映る思想も奴らの世界では“常識”らしい。見るがいいあのキラキラと輝いたオリジナル笑顔、笑顔、笑顔!このイカれた世界を存分に楽しもうではないかっ!
「だだっ広い砂漠をハイテンションで走ってブッ殺し合う」という光景が99%続くというだけでも最高に頭がおかしいぞこの映画(大絶賛)!そして残り1%に凝縮されたドラマの輝きも眩しいったらありゃしない。

砂漠に一台の車、その横で黄昏る毛むくじゃらの男。男は何かに気付いたのか荷物を放り込んで乗り込み、砂漠を走り出す。口にサソリをほおばりながら!
それを追う雲霞の如きヒャッハーども、ひっくり返った車から這い出る男の脳裏に浮かぶ光景、女が車に追われる記憶がフラッシュバックし、男は狩りの得物として連行されていく。
髪を刈られ、ゴテゴテしたマスクを付けられ、肉体に文字を刻まれ、焼き鏝で“奴隷”にされかけ、ふざけんなと言わんばかりに野郎どもをブッ飛ばし、観客もこのワケの解らない状況からマックスが脱出してくれる事を祈りながら見届けるしかないのである。断崖に刻まれた巨大な髑髏の印を・・・。

ヒャッハーどもが巣食うシタデル砦を支配する「ウェイストランド」は狂気120%の王国。

頭をスキンヘッドにして濃いアイシャドウ(メイクは頭の上まで染まる者も)をほどこし、異様に白い肌をした兵士たち。それを指揮する者は髪もフサフサで格好も自由自在。彼らは強烈な個性によって同一化した集団を統率する。
その上に立つイモータン・ジョーはもっと異様だ。全身真っ白で長髪、腐敗していく肉体を隠すようにガラスの鎧と勲章、マスクで着飾る。彼等は肉体的障害を克服するために自らを狂気で駆り立てる。
砦の中ももの凄い。人間の母乳を集める搾乳機械、地下農園、戦車やバギーといった重武装のイカつい車両が走り回り、人々を狂気に駆り立てる太鼓やロックといった激しい音楽が響き、叫び続ける。

最下層で生きる人々は泥だらけになり、髑髏のマークを象った司令塔から一時的に放出される滝のような水でどうにか生きているようだ。一度の放出量は多いが、人々にとっては奪い合わなければならない一滴一滴。
マックスから抜かれる血も、マックスにとっては生きるか死ぬかの量だが、それを求める人々にはあまりに少ない量なのだろう。だからマックスは殺されない生き地獄を味わう事になる。
首の後ろやトラックにまでびっしり刻まれた髑髏のマーク。たとえくたばって骨だけになっても彼等はこのマークから逃れられない。冗談じゃねえっ、何がなんでも生きてやらあ、逃げらんねえならソイツをブッ殺して自由をブン奪ってやらあっ!!

大砂漠で幾度も繰り返される凄まじいカーチェイス、クラッシュ、大爆発!
ジョン・フォードの「駅馬車」を思い出す爆走とアクロバティックさ、バスター・キートンの「セブン・チャンス」や「探偵学入門」を思い出すような素晴らしきクレイジー振り。
自然の渓谷は巨大な要塞や迷路となり、人々は口元にスプレーを浴びせ、音楽を大音量で奏で、顔にメイクを施して己を奮い立たせる。恐怖をブッ殺すために!
ブービートラップ、一瞬の判断、夥しい車両が連なるスペクタクル、ハリネズミのような車や馬のように飛び跳ねるバイク、車両はぐしゃぐしゃに砕け散り、人間は投げ出され叩きつけられ落ちまくり、チェーンソーを振り回し、槍をブッ刺し、火炎放射器や火炎瓶や銃弾をブッ放しまくり、殴り蹴り合い、棒高跳びみたいな「何か」で飛び乗って大暴れ、散々殺りたい放題殺って、超巨大な砂嵐に大激突してダイナミックにくたばりまくる。
馬鹿デカい「エンブレム」と化したマックスは観客と一緒にひたすら地獄を見守りチャンスを待ち続ける。いや、ニュークスに選ばれた時点でマックスの運命は決まっていたのだろう。

砂嵐がマックスたちに与えるチャンスと出会いと殴り合い。謎の花嫁軍団、スポーツ刈りのイカしたトラックの姉ちゃん、ニュークスのように何処か憎めないヒャッハー軍団との楽しい楽しい鬼ごっこ、マックスたちを助けるバイクの似合う黒髪姉ちゃんと婆ちゃんズ。BBA結婚してくれ。花嫁軍団もケイ(ケイパブル)がゴーグルで情熱的な赤毛をなびかせた日にゃあ俺得すぎて本当にありがとうございます。ケイとニュークスには幸せになって欲しいと思わずにはいられない。

遠くに見える都市の光景が、マックスたちに追っ手が迫る緊張を持続させる。

彼女たちを縛っていた奴隷の紋章を足蹴にし、鎖を何度も切断し、マスクを投げ捨て、車の中に隠してあった武器を片っ端から集めて撃って刺してブッ放していく。奴隷から“人間”として生きるために。
一人の女性を、一人の赤ん坊の命を巡って繰り広げられる利害の一致と団結、殺し合い。体を張って自ら盾となる命懸けの戦い。

死闘の激しさが合間合間で輝く平穏も際立たせる。
女たちは仲間や子供のために男どもをぶん殴り、子供をあやす母親のように励ます。男たちもそれに応えて命を賭ける。

星空が闇夜を青く染める不気味さ、雨でぬかるんだ大地が何度もトラックを止めるスリル、「007 ロシアより愛をこめて」を思い出す肩越しの狙撃、霧の向こうの爆発が物語る決着。
砂漠の海原に消えていく叫び、星空と流れ星が戦士たちの心を潤す。

最後の最後までこの映画は全力で駆け続け、再び戻ってくる。そして男はまたあてのない荒野へと去っていく・・・。

 

10人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

マッドマックス 怒りのデス・ロード
100点
91人(27%) 
90点
70人(21%) 
80点
83人(25%) 
70点
47人(14%) 
60点
20人(6%) 
50点
9人(2%) 
40点
3人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
4人(1%) 
10点
1人(0%) 
0点
2人(0%) 
採点者数
331人
レビュー者数
123
満足度平均
82
レビュー者満足度平均
82
ファン
59人
観たい人
147人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • エージ
  • 猫ぴょん
  • きょん131
  • 青いイナズマ
  • TPC
  • sashike
  • regency
  • すかあふえいす
  • たたたん
  • 魔人ブウ*
  • ジャサ
  • masato1117
  • 佳辰
  • ゼーン
  • Snufkin

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”