ただいまの掲載件数は タイトル64754件 口コミ 1176002件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アオハライド > 感想・評価 > 青春そのものの輝き

青春そのものの輝き

80点 2017/1/5 20:22 by ぱおう

アオハライド

もう2年も前の作品ですが、最近『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を観て、あまりに気に入ったので、同じ三木孝浩監督の作品を観たくなって、レンタルで鑑賞しました。

タイトル通り、それ以上でも以下でもない青春ものでしたが、最後の方で出てくるヒロインの独白、「青春はいつだって間違える。でも、だからこそ、青春なんだ」に象徴されるような、高校生同士の不器用な友情や恋愛の姿が実に「青春」していて、2時間ばかりの間若返らせて貰えました。
タイトル通り、「青春ライド」を素直に楽しむための作品ですね。ベタが嫌いな人には向かないと思いますが……。

この監督の作品は、『くちびるに歌を』『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』に続いて4作目でしたが、いずれも好みでした。せつない展開があっても、どこか前向きに解決されて、後味が素晴らしい印象。
日本の普通の風景を写し撮った映像も美しいし。
今後、新作は見逃さないようチェックしつつ、見逃してきた過去の作品も観てみようと思います。

 

3人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 青春そのものの輝き

    2017/1/6 20:55 by 猫ぴょん

    こんばんわ〜

    わかります〜
    あまりにも気に入っちゃうと過去に遡って見ちゃいますよね(^^)/
    本もそうで気に入ると同じ作家さんのばかり読むのが無くなるまで連続読みしちゃいます(笑)

    本作は高校生の王道でしたね〜
    the青春(#^^#)
    きゅんきゅんですww

    「ぼく明日〜」は皆さま評価が高いですね
    レンタル楽しみ〜
    あ〜冬じゃなかったらもうちょい映画館に行くんですけど。
    (と言い訳するw)

    次はどの作品で盛り上がりましょう?
    楽しみです♪

  • Re: 青春そのものの輝き

    2017/1/6 22:43 by ぱおう

    猫ぴょんさん、こんばんは。
    さっそくのレスありがとうございます。

    > 本もそうで気に入ると同じ作家さんのばかり読むのが無くなるまで連続読みしちゃいます(笑)

    やっぱり、そうですか!
    「読むのが無くなるまで」がさすがですが。
    私の場合は、多作な方だと読み切れないし、デビュー間もないとすぐに新作待ちになるしで、苦戦しがちです。

    > 本作は高校生の王道でしたね〜
    the青春(#^^#)
    きゅんきゅんですww

    猫ぴょんさん好みのキュンキュン系ですよねえ。
    葛藤はあっても、ド青春ものならではの爽やかさとして楽しめました。

    > 「ぼく明日〜」は皆さま評価が高いですね
    レンタル楽しみ〜
    あ〜冬じゃなかったらもうちょい映画館に行くんですけど。
    (と言い訳するw)

    レンタルはいつ開始になるでしょうねえ。私は、ブルーレイ即買いを決意して待ち構えております。
    評価は高いのですが、お馴染みの皆様でご覧になっている方がまだ少ないので、話し相手に事欠いておりまして(笑)

    北国の映画ファンには、冬将軍様が手ごわいようです。
    お馴染みの猫ぴょんさんが、冬ごもりだと寂しいので、どうか吹雪にも負けずに頑張って下さいませ!
    次回は、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』辺りはいかがでしょう?
    まだ1か月近くありますが……。

    それでは、またよろしくお願いします。

  • Re: 青春そのものの輝き

    2017/1/7 18:24 by アーバン・ブルー

    ぱおうさん、こんばんは。
    フリートーク掲示板では、お世話になりました。
    こちらでも、よろしくお願い致します。

    > タイトル通り、それ以上でも以下でもない青春ものでしたが、最後の方で出てくるヒロインの独白、「青春はいつだって間違える。でも、だからこそ、青春なんだ」に象徴されるような、高校生同士の不器用な友情や恋愛の姿が実に「青春」していて、2時間ばかりの間若返らせて貰えました。

    王道の青春映画で、無難に楽しめました♪
    「友情、恋愛、青春って、いいなあ〜。」って、思わせてくれる作品でしたね。
    青春映画は、若者には、ダイレクトに伝わるし、僕のような上の年代の映画ファンでも、懐かしい気分に浸らせてくれるので、どの年代の映画ファンも、楽しめるジャンルだと、個人的には思っています♪
    特に、80年代後半位〜90年代のミニシアター系の青春映画が、大好きですね。

    > タイトル通り、「青春ライド」を素直に楽しむための作品ですね。ベタが嫌いな人には向かないと思いますが……。

    正に、直球の青春映画でしたね。
    劇中で、大きなサプライズや捻りのある刺激的な作品ではありませんでしたが、友情、三角関係、家族愛など、青春映画にには欠かせないツボをキッチリと押さえた内容で、刺激が無い分、物凄く大きな感動は無かったものの、鉄板の作りの王道の青春映画で、素直に感動してしまいました。
    文化祭、お祭り、修学旅行と、青春映画の定番のシーン満載なのも、作品を盛り上げてくれましたね♪

  • レスありがとうございます

    2017/1/7 21:30 by ぱおう

    こんばんは、アーバン・ブルーさん!
    こちらこそ、フリートーク掲示板で興味深い話題を提供して下さってありがとうございました。
    それにしても、映画ファンと音楽ファンを見事に並行しておられますね。
    どちらの分野でも、私などは足元にも及びません。
    お気に入り登録させて頂いて、勉強させて頂こうと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

    さて、本作ですが、
    > 「友情、恋愛、青春って、いいなあ〜。」って、思わせてくれる作品でしたね。

    とおっしゃる通り、いかにも青春の味わいがてんこ盛りでした。

    > 青春映画は、若者には、ダイレクトに伝わるし、僕のような上の年代の映画ファンでも、懐かしい気分に浸らせてくれるので、どの年代の映画ファンも、楽しめるジャンルだと、個人的には思っています♪

    なるほど! 確かに、中高年の場合は「懐かしさ」がキーワードかもしれません。
    私は、青春映画を観るたびにタイム・リープ”しています(笑)

    > 青春映画にには欠かせないツボをキッチリと押さえた内容で、刺激が無い分、物凄く大きな感動は無かったものの、鉄板の作りの王道の青春映画で、素直に感動してしまいました。
    > 文化祭、お祭り、修学旅行と、青春映画の定番のシーン満載なのも、作品を盛り上げてくれましたね♪

    悪く言うと「ベタ」ですが、良く言えば「鉄板」ですね!
    自分自身の中高生時代は、思い返すと恥ずかしいことや情けないことばかりのようにも感じられるのですが、ある意味カリカチュアライズされた青春像を観ても、どこか懐かしく感じて共感してしまうのが不思議です。

    このたびは、温かいコメントをありがとうございました。
    私の方も、これを機にまた時々お邪魔させて頂こうと思いますので、今後もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • Re: 青春そのものの輝き

    2017/1/7 22:29 by アーバン・ブルー

    ぱおうさん、こんばんは。
    お気に入り登録、ありがとうございます。
    とても嬉しく思います♪
    こちらも、お気に入り登録をさせて頂きました^^
    今後も、よろしくお願い致します。

    >このたびは、温かいコメントをありがとうございました。
    私の方も、これを機にまた時々お邪魔させて頂こうと思いますので、今後もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

    こちらこそ、親切丁寧なお返事をありがとうございます。僕も、青春映画が、大好きで、大林監督の尾道三部作、特に、「さびしんぼう」は、大好きな作品なので、以前から、ぱおうさんと、コメントのやり取りをしたいと思っていました^^
    フリートーク掲示板やこの作品のレビューで実現して、とても嬉しく思います♪
    これからも、80年代、90年代の旧作の青春映画の幻の名作から新作の青春映画まで、幅広く見て行こうと思っています。
    それから、僕の大好きな映画で、「薄れゆく記憶のなかで」って言う、90年代に、劇場公開された、古い青春映画が、あるのですが、物凄く良い作品なので、もし、未見で、興味が、ありましたら、事前情報や予備知識を仕入れずに、真っ新な状態で、気が向いたときやお時間の空いたときにでも、是非!!
    皆さんの情報によれば、店頭には置いていないけれど、TSUTAYAさんのお取り寄せサービスで、レンタル出来るみたいですよ。
    昨年は、仕事の関係や家庭の事情で、忙しくて、中々、映画館に、足を運んで、新作を観る時間が、ありませんが、今年は、何とか、沢山、新作を観れれば、いいなあ〜って思っています♪
    それでは、失礼致します。

  • ありがとうございます

    2017/1/8 0:21 by ぱおう

    アーバン・ブルーさん、さっそくにお気に入り登録して頂き、私もとても嬉しく思います。
    元はと言えば、フリートーク掲示板の「さびしんぼう」の話題がきっかけでしたので、同好の士に出会えた喜びで一杯です。

    お勧め頂いた、「薄れゆく記憶のなかで」は、初耳でした。
    「さびしんぼう」ファンのアーバン・ブルーさんのイチ押しですから、私にもヒットする可能性は高いと予想しますので、何とか観てみたいと思います。観たらレビューしますので、そちらでまた盛り上がれるといいですねえ。

    私の方は、最近観た「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が、最高にツボにはまる青春映画(笑)でした。
    ひとひねりしたファンタジー的な物語ですが、冬の京都を舞台にデートシーン中心で進む静かな展開ですので、しみじみとした味わいがあります。
    「さびしんぼう」のラスト近くの、雨の中のシーンで泣けるようでしたら、こちらもかなり涙腺にクルのではないかと思います。
    もしご関心がありましたら、お試しになって下さい。
    それでは、また宜しくお願いします。

満足度データ

アオハライド
100点
1人(1%) 
90点
7人(12%) 
80点
10人(17%) 
70点
14人(25%) 
60点
10人(17%) 
50点
8人(14%) 
40点
4人(7%) 
30点
2人(3%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
56人
レビュー者数
29
満足度平均
67
レビュー者満足度平均
71
ファン
8人
観たい人
43人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • カメラマンのあっきー
  • 虹の旅人
  • おでっさ
  • みゆりう
  • ゆりごー
  • * y u *
  • suicide777
  • きなこもちこ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

アオハライド Blu-ray 豪華版(特典DVD付2枚組)

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4545円(税込)
  • OFF:1719円(27%)

アオハライド DVD 豪華版(特典DVD付き2枚組)

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3699円(税込)
  • OFF:1485円(28%)

アオハライド DVD 通常版

  • 定価:3780円(税込)
  • 価格:2736円(税込)
  • OFF:1044円(27%)

 

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ