ただいまの掲載件数は タイトル64971件 口コミ 1178504件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ザ・ホスト 美しき侵略者 > 感想・評価 > 二心同体

二心同体

60点 2014/5/16 0:26 by ハナミズ

ザ・ホスト 美しき侵略者

毎日のようにニュースでは近隣諸国との摩擦が原因の事件や事故が放送されている。
いや、隣近所のトラブルは我々自身が体験上知っている。
自分たちに都合のいい社会を作るため、相手に無理解な行動をとることも珍しくない。
またコミュニケーション不足ゆえ、“隣人”を警戒し恐れて、しまいには攻撃しあい傷つけあうことも、悲しいかな否定できない。
同じ地球上の人間社会でさえそうなのだから異星からの生物ともなれば、意思疎通ができると思うほうがおめでたいのかも知れない。

『トワイライト』シリーズの作者ステファニー・メイヤーによる同名小説の映画化。
『ガタカ』、『タイム/TIME』を監督したアンドリュー・ニコルが主演にシアーシャ・ローナンを迎えて贈る近未来SF。SFといってもラノベっぽいのは原作の味だろう。

宿主(ホスト)である地球人に未知の生物が寄生するというアイディアはさほど珍しいとは思わないが、同じ肉体に二つの魂が存在するのがユニークにしている。
当初は二人分のモノローグの掛け合いが少々うざい(小説ならアリか?)と感じたが、それも世界観を手短に伝えるための手段だったのだろう。時間経過とともに違和感は減って行く。

より良き人生のために大事なのは敵と戦うことじゃなく、理解することという訴えはよくわかる。
自分を受け入れて欲しくば、まずは相手を理解することから…というのは、フィクションの世界に限らない。

ともすれば安っぽくなりがちな内容をシアーシャ・ローナンの演技力と透明感ある存在感が支えている。
珍妙な三角関係(?)の落とし方はうまく逃げたかな…とは思うが、それなりに納得できるところ。
映像の美しさはアンドリュー・ニコルらしいといえるかも。

希望の光が見えるラストに現実社会もそうであってほしいと願う。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ザ・ホスト 美しき侵略者
100点
1人(6%) 
90点
1人(6%) 
80点
2人(13%) 
70点
7人(46%) 
60点
3人(20%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
1人(6%) 
採点者数
15人
レビュー者数
5
満足度平均
68
レビュー者満足度平均
52
ファン
2人
観たい人
18人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • KERO
  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ