ただいまの掲載件数は タイトル64747件 口コミ 1175908件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ある過去の行方 > 感想・評価 > …まぁ要は、色々と面倒臭い女と、ソレに振り回される男達や家族達、を描きながら本質を抉り出す系の作品…

…まぁ要は、色々と面倒臭い女と、ソレに振り回される男達や家族達、を描きながら本質を抉り出す系の作品…

80点 2014/9/2 9:21 by 中村潤之介

ある過去の行方

2014/08/31(日)飯田橋ギンレイホールに観に行った
『ある過去の行方』
…この作品は去年2013年春のカンヌ映画祭で、
…2011年のカンヌの時は、彼女自身の受賞はなかったけど…
『アーティスト』(2011)
でヒロインのペピー・ミラー役を演じたベレニス・ベジョが、
この
『Le Passe』(英題:The Past/邦題:ある過去の行方)
<リンクURL>
で主演女優賞を受賞した、というのを耳にしていたので、
当時から興味はあった作品…
当時は勿論、まだ邦題なんかも、決まってなかったわけだけど…。
で、日本では今年の春頃から公開されていたけど、
予算の都合や時間の都合等で観に行けず…でも、この時期になって、
飯田橋ギンレイホールで上映するってことになり、
まだ縁があったんだな、
ってことで今回、実際に観てみて…



…興味深く最後までジッと観たけど…
ラストが、えっ?こんな形で?ってラストだった、個人的には…
あ、でも、
コレの監督が、『彼女が消えた浜辺』と『別離』の監督だ、
ってことを考えれば…
こういうラストってのは、この監督っぽいのかな、
という気にもなるかな…



…というのが観た直後の率直な感想。
あと、
2本立上映で観たもう1本の『とらわれて夏』とも共通する部分としては、
どっちも全体的に静かで地味な作品だったけど、
役者の力なのか、グッと惹き付けられるモノがあった感じで…
上映期間中にもう一度じっくりと観れたらいいな、
と思ったり…
せっかくの飯田橋ギンレイホールの年間観放題のサービスだから、
<リンクURL>
最大限活用したいな、
と…まぁ、そう思ってても、先週も天気悪かったりで、
前回上映の作品、繰り返し観に行きたかったけど、
結局2度目は行けずじまいだったり、と中々理想通り何度も何度も、
観に行けてはいないのが現状だけど…
出来る限り、観に行く方向で調整しようというのが現状の気持ち。
まぁ、
それはそれとして、
主役の、あの女性は…正直、終盤頃まで…
何なんだよ、この女、自分勝手な野郎だよな…という印象が、
正直、強かったんだけど…
終盤、色々と事情は明らかになってはくるものの…
まぁ、それでも、この主人公である彼女が聖人君主だったと判明するわけでは、
決してなくて…
まぁ、こういうのを、描きたかったんだな…
というような作品だった、
と。
まぁ、世の中、
単純に誰かが悪で別の誰かが善、というようなスパっと割り切れる、
そういうアレじゃない、
色んな問題が絡みあっていて…という、そういうアレだよね…。


…でも、個人的には…
アーマドが、4年前の理由を語ろうとした時に、
マリーが、聞きたくない、もう過去じゃなく未来のことを考えたい、
みたいなことを言うんだけど…
正直、
お前、将来、同じ過ちを繰り返さない為にも、聞いとけよ!
って思ったけどね。
どーせ、同じような失敗を繰り返してるから、
今回で3度目の夫、とか言ってたけど、
何度も離婚して、また相手見つけて、ってことを繰り返してるわけでしょ…
何だかんだで、
この女が一番、身勝手で、周りを振り回して色んな騒動を巻き起こし、
自業自得なんじゃないか…
と、傍目には、そう見えるよね、結局は。

…あと、ちょっとはっきりと分からなかったのは…
血縁関係が…
劇中の会話からすると、
今回離婚して、新たに結婚することで、3人目の夫になる、
みたいなことだったから、
アーマドは2人目の夫だった、ということなのかな、
と。
でも、娘、大きいほうの娘リュシーや、小さいほうの娘レアとか…
リュシーのほうは、
明らかに、父親がブリュッセルに住んでるとか何とかで…
だから、ソレが多分、1人目の夫、
ってことなんだろうけど…
じゃあ、レアのほうは、アーマドとマリーの娘なのかな、
と思いきや、それも、違うような…
じゃあ、レアも、父親はリュシーと同じブリュッセルの人なのか…
でも観てる範囲では、
何か、違うような…じゃあ、レアの父親は誰なの?
みたいな、
その辺の血縁関係が、はっきり明かされなかったよな…
と…
結局、寂しくて色々と男と付き合っては、子供作って、
みたいな女なんだけど、
始末の悪いことに、同じ男とは長続きしない、みたいな女で…
でも、アーマドとの間には、
出来なかったのか…離婚調停の場面のアレでは、
2人の間には、子供なし、
的なことが語られてたような気がするから…。
ともかく、その辺の、血縁関係とか、が最後まで、全てが明確には、
されなかったな、と…。

それとか、もしも、アーマドってのを愛していたんなら、
一緒にイランに行く、
という選択肢はなかったのか?
ってのも思ったり…
まぁ、『別離』の話じゃないけど、子供をイランの学校になんて、
通わせたくない、通わせられない、
という親としての思いも、当然、あったとは思うけど…
その辺の細かな部分までは、劇中では、
明かされず…。

…とりあえず、今までは、イランが舞台の物語を描いてきた監督が、
今回は、フランスを舞台とした、
でもまぁ、イラン人が絡んだ物語、を創った、というこの作品…
移民問題、みたいな欧州でも米国でも重大な関心事で社会問題でもある、
そんな部分も絡ませつつ、
基本は、男女関係の心理と、その周辺の家族達の心理とか…
そんなものの絡み合い…
色んなアレが絡んで絡んで…複雑な様相を呈していた…
みたいなのが、明らかになっていく物語…

…ラストの、あの状態だと、
男の側は、するんだか…いや、そもそも、出来るんだか…結婚。
あれはもう、
奥さんが完全に死なないと、出来ないんでしょ…
ソレは、生命維持装置を外すってことでしょ…でも、あんななったら…
外せないでしょ…。
あと、
あの女の側だって、別に、相手の妻の脳死状態のアレがどうとか関係なく、
妊娠した子を産みたいなら、
結婚するしない関係なく、産めばいいじゃん、って話だよね、
で、1人で、育てなよ…
みたいな…
寧ろ逆に、子供は単なるキッカケ又は道具で、
自分を愛する(役割を果たす)男を捕まえておきたい、
と思ってるだけにも見えるよね…
終盤の会話でもあったけど、誰かの代わりの穴埋めをさせたいだけ、
みたいな…まぁ、お互いに、
だけど。

…まぁともかく、色々な思惑が絡んだ、
単純には割り切れない、そういう状況を描いて見せた物語だったな、
と。

…で、主演のベレニス・ベジョのマリーってのは、
結局、
個人的には、愛せないキャラっていうか、好きにはなれないキャラ、
だったけど、
まぁでも、そんなキャラを体現した、演じ切ってた、
という意味では、
女優としては凄いことなのかな、とは思う…
あと、
(日本での公開時期が近かった作品で)
同じ、好きになれない愛せないキャラでも、
『ブルージャスミン』
の主人公ジャズミンよりは、まだマシかな、っていうか…
どっちも愛せないキャラだけど、
究極の選択で、
どっちか選べと言われれば、まだ、マリーのほうがマシかな…
みたいな。


…そんなこんなで、うだうだと呟いちゃったけど…
自分の中の評価では78点。
ここの10点刻みの採点では80点としておきます。



以上。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ある過去の行方
100点
1人(2%) 
90点
7人(14%) 
80点
21人(42%) 
70点
13人(26%) 
60点
5人(10%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
1人(2%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
1人(2%) 
採点者数
49人
レビュー者数
26
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
74
ファン
3人
観たい人
46人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • クリス・トフォルー
  • jimmy09
  • 出木杉のびた

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ