ただいまの掲載件数は タイトル64754件 口コミ 1175976件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > オー!ファーザー > 感想・評価 > 緩めのドラマに緩いサスペンスが絡んだ娯楽作

緩めのドラマに緩いサスペンスが絡んだ娯楽作

50点 2014/5/25 21:54 by lp

オー!ファーザー

岡田将生、忽那汐里、佐野史郎、宮川大輔、河原雅彦、村上淳出演。藤井道人監督による、伊坂幸太郎の原作を映画化したサスペンスコメディ。

上映時間と空き時間が丁度一致したので観賞。

4人の父親と暮らす主人公が、ゲームセンターで鞄の盗難現場を目撃したことで、事件に巻き込まれる話。
プロットからして、最初は所謂「どんでん返しのためのどんでん返し映画」かと危惧していました。しかし、実際にはそんなことはなく、緩めのドラマに緩いサスペンスが絡んだ娯楽作になっていました。

キャストでは4人の父親役に、それぞれ面白いキャスティングをしていたことが功を奏していたと思います。特に最も個性的な父親である鷹役にビックネームを起用せず、河原雅彦を選択していることは大成功だったと感じます。
所々カメラを動かしていることを除いて、演出に特筆すべき場面などは無かったですが、全体的に手堅く無難にまとめられている印象を受けました。

良くも悪くも最も印象的だったのは脚本。
まずは良かったところ。主人公が巻き込まれる事件に関与する人物が多く、一歩間違えれば要素過多で複雑になりそうな話を、スムーズに展開していて巧くまとめています。また、4人の父親の人物描写を手早く処理している点にも好感を抱きました。
次に微妙だったポイントの数々。最もダメだったことは、全体的に話の展開に必然性が無く、「偶然」や「幸運」で処理される部分が多いこと。そのため、劇中で話が都合よく進み過ぎてしまい、映画の世界にあまり惹き付けられず。特に主人公が武装した男達に捕らわれてからの展開は、『アマルフィ』の誘拐計画並に偶然頼りの展開でガッカリ。
また、事件に巻き込まれたことで、主人公が4人の父親達との関係性を見直す筋立てにも拘らず、前半で父親に対する忌避感があまり感じられないこともイマイチ。主人公と父親達が最初からある程度仲が良いし、素直に父親の助言を聞くしで、「父親達と主人公の間に、初めて何かが生じる感動」はありませんでした。この点については題材が題材なだけに、非常に勿体なく感じました。
他には忽那汐里や賀来賢人の人物描写の弱さなどにも、物足りなさを感じました。

脚本に関して最後に補足すると、脚本の微妙だったポイントの数々は、脚本ではなく原作の問題のようにも感じました。藤井道人監督の映画は今作が初めてでしたが、映画監督・脚本家としての技量の高さを今作で垣間見たので、次回は原作小説の映画化ではなくオリジナル脚本の作品を観賞したいと思いました。

 

3人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

オー!ファーザー
100点
1人(2%) 
90点
2人(4%) 
80点
8人(17%) 
70点
15人(33%) 
60点
13人(28%) 
50点
5人(11%) 
40点
1人(2%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
45人
レビュー者数
12
満足度平均
68
レビュー者満足度平均
69
ファン
0人
観たい人
42人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ