ただいまの掲載件数は タイトル64968件 口コミ 1178413件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > あなたを抱きしめる日まで > 感想・評価 > 普遍的な親と子の絆を描いた感動作

普遍的な親と子の絆を描いた感動作

90点 2014/4/8 22:39 by lp

あなたを抱きしめる日まで

ジュディ・デンチ主演の実話をベースにした、コメディタッチなヒューマンドラマ。

50年前に修道院により息子と引き離された主人公:フィロミナ(ジュディ・デンチ)が、元ジャーナリストのマーティン(スティーヴ・クーガン)と共に息子を捜す旅に出る物語。
息子を巡る謎や悲惨な過去の物語が強力な推進力となっていて、画面にどんどん惹き付けられました。またそれと同時に、単調なロードムービーやヒューマンドラマに陥ることも回避できていたように感じます。それでいて、離れていても互いを想う親と子の強い絆など、思わず涙してしまう場面もあり、物語全体の構成だけでなくドラマの中身自体もかなりしっかりとした映画でした。

物語には修道院による子どもの売買など、社会派の要素も盛り込まれています。しかし、原題の“Philomena”が主人公の名前であるように、物語のテーマは主人公の生き方そのものにあるように感じました。

キャストでは主演を務めたジュディ・デンチが、フィロミナの息子を想う気持ちを抜群に上手く表現していて、涙を誘われました。

最後にイマイチだったところを何点か。
まず、最初はフィロミナに会う事に乗り気でなかったマーティンが、フィロミナに会う事を決定する原因がよく分からないこと。これには今一つ釈然としませんでした。
次に、フィロミナが車に飾る「お守り」などの使い方。唐突にアップで映し出されることにはビックリ。意図は分かるのですが、これまた少しスッキリせず。
最後に、ラストでフィロミナが取る行動が理解に苦しむもので、少し気持ちの悪さを残すこと。理屈は分かるのですが、どうにも美化され過ぎている感じがしました。

今一つな部分も少しありましたが、総括すると普遍的な親と子の絆を描いた感動作であり、今年観賞した映画の中でもかなり上位に位置する映画です。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

あなたを抱きしめる日まで
100点
9人(8%) 
90点
20人(19%) 
80点
46人(44%) 
70点
17人(16%) 
60点
9人(8%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
2人(1%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
103人
レビュー者数
56
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
81
ファン
15人
観たい人
78人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • Reki
  • bebe003
  • hatchan
  • のんべののん太
  • クリス・トフォルー
  • Agatha
  • gale
  • くう子
  • なつみかん。
  • あじぽん
  • dragonzo
  • 小波
  • 中村潤之介
  • yoco16
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

あなたを抱きしめる日まで [DVD]

  • 定価:4212円(税込)
  • 価格:3680円(税込)
  • OFF:532円(12%)

 

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ