ただいまの掲載件数は タイトル64541件 口コミ 1173304件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 去り行く男 > 感想・評価 > 信頼に 割り込む邪心 火を噴いて!

信頼に 割り込む邪心 火を噴いて!

80点 2012/10/14 19:06 by 青島等

グレン・フォードは得意の役柄〜財産と希望を失った一匹狼型流れ者
乗馬も拳銃も巧いが不運な生い立ちと世渡り下手という御馴染みキャラ

アーネスト・ボーグナインは‘マーティ’の御先祖さまで
同時に面倒見の良い親分肌の牧場主であるこちらも得意のキャラ

牧場主の信頼を勝ち取った流れ者、親父と息子のような関係に
(実年齢はグレフォーがアーニーよりも8ヶ月早生まれなのだ※-@)

牧畜業とは牛が絶対であり、牧羊業を軽蔑する傾向は他の西部劇でも
しばしば扱われているがこれはその典型的なケース。
二年後ウェスタンコメディ「縄張り」でもグレフォーは羊飼いを再演

グレフォーを快く思わぬ(初対面から敵意丸出し)ロッド・スタイガー
まだ30歳なのに45歳超えの風貌、若い頃から肥満醜男(デブサメン※-A)
当然、やりすぎ臭い芝居で見ていてかなり不快になる。
やっぱり卑劣漢の第一人者アーサー・ケネディには遠く及ばない

主人子を誘惑する牧場主の年齢格差若妻ヴァレリー・フレンチ
この色情狂は先のデブサメンにも色目を使っている悪趣味さ
だが、仕事バカ男はこういう悪女にコロッと騙され易いのも真実。

チャールズ・ブロンソンが機敏、饒舌で早口の正義漢という意外さ!
これが「荒野の七人」のベルナルド・オライリー役に繋がったのか?!
十余年後バカボンパパに昇格してからは別人の如く寡黙で動作も鈍い

後年ジャック・レモン夫人に納まるフェリシア・ファーが初々しい
彼女が属する信仰心ある集団のリーダー以下も存在感がある。
人間同士の抗争とはなんと虚しい事か!という分かり易い比喩として

ロケーション効果+テクニカラー&シネマスコープを生かしつつ
アップには故意に(邪心やトラウマを暗示する)影を入れた演出が憎い

ワイドスクリーンは大仕掛けでハッタリやコケオドシと偏見を持たれ気味だが
実は大きな画面構成に生きた人物の心理を描いた佳作傑作も多々存在するのだ。

デルマー・デイヴィス監督が、ジワジワ迫る感を盛り込んだサスペンス
「ララミーから来た男」(アンソニー・マン監督)に匹敵する出来映え

※-@「ヴァイキング」(1,958;DVD邦題:バイキング)でもアーニーは
一ヶ月早生まれのカーク・ダグラスの親父役を貫禄充分に演じている。

※-A‘デブ’+‘ブサメン’=デブサメン…つまり造語である、
‘シネマ’+‘パノラマ’=シネラマ
‘サウンド’+‘ラウンド’=サラウンド

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • お隣の 火遊び貰い火 ご用心

    2012/10/15 18:15 by kotorin

    こんにちは。またまた高得点、嬉しいです。

    >実年齢はグレフォーがアーニーよりも8ヶ月早生まれなのだ

    あれ〜、そうでしたか。ちっとも見えませんね。ボーグナインは牧場主としての貫禄もありました。

    >牧羊業を軽蔑する傾向は他の西部劇でもしばしば扱われている

    牧羊を扱った作品の一つ「夕陽の対決」’69でもグレンは主演しています。
    ”一匹狼型流れ者 乗馬も拳銃も巧いが不運な生い立ちと世渡り下手”というキャラクターが牧羊と合っていたのでしょうか。

    >ロッド・スタイガーまだ30歳なのに45歳超えの風貌

    あれ〜、これまたびっくり。こちらはお腹の貫禄ありすぎ。

    >主人公を誘惑する牧場主の年齢格差若妻ヴァレリー・フレンチ

    たしかに色情狂かもしれないけれど、可哀想な人でした。
    彼女曰く「嫁いできたら1万エーカー何にも無い所。」グレンが「いい牧場じゃないか」って、はぐらかそうとしてるのか間抜けな返事をしてますが「女には1万エーカーの孤独」って返されます。
    若くて綺麗なのに、うまいこと言われてカウボーイと牛と馬の他は何もないところに連れてこられたら、ああなっても仕方ないかもしれない。夫を好きになれないし、家を出ることもできないのですから。
    グレンが焼きごて手入れしながら「近づくと火傷するよ」って、しびれますねえ、彼女が火傷したくなるのもわかるわ^^; 火傷どころか死傷者続出の大火事になっちゃったけど。

    >フェリシア・ファーが初々しい

    デイヴィス監督のお気に入りだったようですね。「襲われた幌馬車」ではいかがでしたか?
    本作の純情可憐もいいけど、「3:10」のアンニュイな雰囲気も好きです。

    >ロケーション効果+テクニカラー&シネマスコープを生かしつつ

    「カウボーイ」もデイヴィス監督とチャールズ・ロートンJrのコンビ。
    フォード監督のモニュメントバレーもそうですが、ロケーションがいいとその作品もさらに好きになります。ついでに、「縄張り」もしかりです。

    >「ララミーから来た男」(アンソニー・マン監督)に匹敵する出来映え

    「ララミー」観ました! お話の筋が通っている点においては、本作のほうに軍配があがると思うのですが^^;

  • 鬼瓦 誰にも負けぬ 肉厚さ

    2012/10/15 20:06 by 青島等

    kotorinさんレスをありがとうございます。

    >ボーグナインは牧場主としての貫禄もありました。

    この元祖ハリウッド版・鬼瓦権三くんは主要キャストだが配役序列は
    二番手か三番手〜五番手が最も適合した位置でしょうね。
    淀長さんはクロード・レインズやウォルター・ブレナンを含めて
    こういうタイプを脇役とは呼べないそうですが、賛成です。
    「ワイルドバンチ」の強盗団参謀は首領ウィリアム・ホールデンより
    人間らしい優しさを持った人物で傑出したキャラクターでした。
    もっもとkotorinさんにおかれては過激な描写でせいぜい70点かも

    >牧羊を扱った作品の一つ「夕陽の対決」’69でもグレンは主演しています。
    >キャラクターが牧羊と合っていたのでしょうか。

    うぅーんっ、或いは本作や「縄張り」の楽屋落ちかも知れませんね。
    グレフォーさんは出ていないが「西部開拓史」の後半つなぎに僅かな描写があります。
    ‘人命は牧草よりも軽く殺人は戦闘行為や正当防衛と見なされた’…ってスペンスのナレーションつきで

    >>主人公を誘惑する牧場主の年齢格差若妻ヴァレリー・フレンチ
    >たしかに色情狂かもしれないけれど、可哀想な人でした。

    時代劇に翻訳したら沢尻エリカの役

    >フェリシア・ファーが初々しい

    こちらは綾瀬はるか

    ついでに牧場主が石塚英彦
    主人公は堤真一、対峙する奴が安部サダヲ

    最近は配役を日本人に当て嵌める…悪い癖が…困ったもんだ

    >「襲われた幌馬車」ではいかがでしたか?

    彼女は「襲幌」の方が印象度はや高かったような…
    サバイバルドラマですから、生き残る強さを巧く演じていました。
    でも「襲幌」は20世紀フォックスの首脳部が専属スター=ウィドマークの人気を上げる為にDD監督を招いたようなイメージ
    つまりグレフォーが主演していた方が順当だったみたいです。

満足度データ

去り行く男
100点
1人(20%) 
90点
1人(20%) 
80点
3人(60%) 
70点
0人(0%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
5人
レビュー者数
3
満足度平均
86
レビュー者満足度平均
83
ファン
1人
観たい人
2人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • kotorin

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

去り行く男 [DVD]

  • 定価:2990円(税込)
  • 価格:2691円(税込)
  • OFF:299円(10%)

 

映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】