原作とは別物として見てください。

60点 2013/3/24 23:05 by 結木ちせ

プラチナデータ

*ネタバレ注意*

まず、原作との相違点を挙げてみます。
・スズランが出てこない。
・電トリが出てこない。
・水上が女。母親のような存在。
・本当の人格がリュウという設定。
・親が死んだことが神楽のせいになっている。
・海に投げ出されるシーンがないので、
陶芸家たちが出てこない。必然的にラストも違う。
・リュウが書いている手が
父親の手であることを早々にネタバレ。
・反転剤を使用しなくても、
アトリエに入れば人格が変わるようになっている。
・原作に見られないような
神楽と浅間の異常な逃走劇の多さ。
・那須、木場、戸倉の出番は少ない。
・白鳥はもともと特殊解析研究所にいる設定。
・志賀の立場が意外と低く、ラストもプラチナデータのことがマスコミに明るみにされてハッピーエンド。
・浅間は蓼科兄弟たちのVIP ROOMではなく、
特殊解析研究所にてモーグルを開く。

今、ざっと思い出しただけでもこれだけあります。
映画化するに際して、少し内容が変わることはあっても、ここまで変える必要があったのか!? というレベル。
正直…まずスズランが出てこない時点でこれは
プラチナデータではないなと思ってしまいました。
ここからは、原作ファン目線で
この映画の感想を述べたいと思います。

まず、スズランが出てこない件。
私は、二人が教会で指輪を交換するシーン、バイクで二人乗りで逃走するシーンなど、プラチナデータの逃走劇に隠れたこの素敵なシーンが本当に大好きだったのですが、そこがバッサリとカットされていたことにもう裏切られた感が満載でした。
これらは、心を閉ざした神楽が徐々に愛に目覚めていく大事なシーンだと思うのですが…映像化するには確かに難しかったのかもしれませんが、そこはどうにかしてでもこのラブロマンスを入れて欲しかった。

また、陶芸家たちが出てこない。
原作では、作品を生み出す手こそ、父の手こそ結果やデータより大切なものなんだと自ら気付くのですが、その過程もまるでなし。
リュウがすぐに教えちゃいました。
でも、それでいくら「DNAが全てではなかったんだ」と言ったって、その考えにつく過程がなければただの綺麗事に聞こえてしまいます。
本当に、ここを描かずにして何を描く!? と思ってしまいました。一番大事な部分が削られてしまっていて、残念というか…もはや唖然としてしまいました。

プラチナデータという作品の魅力は、DNAが全てだと思っている神楽が、父やスズランへの愛、陶芸家やリュウの作品と向き合うことで、その考えを自ら改めていくところだと思うんです。
ところが、この映画ではそれが皆無。
華麗な逃走劇は、そりゃあ大きなスクリーンで見たら絵にもなるでしょう。でも、そういうエンターテインメント性を求めるばかり、この映画は中身が空っぽになってしまっている気がします。

あと、序盤で二宮さんに「プラチナデータ」と言わせていたのですが、あの意味がよく分かりません。
(原作にはないです)
あの時のプラチナデータが何を意味していたのもよく分からないし、何よりプラチナデータが何なのかということは、後々問題になってくることなのに、序盤に「プラチナデータ」という言葉を出してしまうことはよくないと思います。
後半に、初めてプラチナデータという言葉が出てきて、そこで考えて、答えを知って、タイトルの凄さに感動するべきだったと思います。
プラチナデータというタイトルが内容にも関わってることは、隠しておくべきだったのに…本作は、そういう物語に不可欠なドッキリ要素にも欠けていると思います。リュウの絵も同じく。

そして、ラスト自体が違います。世界を変えるものが欲しかった、という理由で小説の水上は事件を起こすわけですが、映画の水上は天才と天才のDNAを掛け合わせて最強の人間?を作り出したかったという理由。
しかし、水上がそれに行き着く理由も、その理由の意味もあまり描かれない! DNAを掛け合わせるにも、当事者が死んでるのにどうやって掛け合わせるのか? そういうシステムを開発したのか? それくらいは言ってよ! と中途半端に死んでいく水上に怒り爆発でした。

長い作品だし、映像化するのが難しい部分も多かったかもしれません。でも、そこはパート1,2を作るとか、そこは監督の作品への愛を見せて欲しかったです。

長らく語ってしまいましたが、それだけプラチナデータという作品が大好きなので、許して頂きたいです。
随分原作ファンとして偉そうな物言いをしてしまいましたが、原作を全く知らない人は楽しめる映画になっていると思います。
キャストは皆さん素晴らしいです。
二宮さんの演技も最高ですし…
(でもだからこそ…いや、もう言いませんが)
原作ファンの方には、小説のプラチナデータと映画のプラチナデータは全く違うということを頭に入れてから観ていただくことをオススメします。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

プラチナデータ
100点
12人(7%) 
90点
3人(1%) 
80点
21人(13%) 
70点
27人(16%) 
60点
39人(24%) 
50点
19人(11%) 
40点
23人(14%) 
30点
5人(3%) 
20点
6人(3%) 
10点
6人(3%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
161人
レビュー者数
44
満足度平均
60
レビュー者満足度平均
60
ファン
16人
観たい人
123人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2014 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • バーニーズ
  • ばななばーぐぷぅ
  • BLUE MOON
  • **はるか**
  • ゆんたく
  • みゅう2
  • りおさ
  • みるくちょこ
  • mstorm
  • Mira
  • yume19991103
  • 美脚迷路
  • 山風シック
  • ふくさくら
  • うどん県うどん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディション

  • 定価:7236円(税込)
  • 価格:4580円(税込)
  • OFF:2656円(36%)

プラチナデータ Blu-ray スタンダード・エディション

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:2800円(税込)
  • OFF:2276円(44%)

プラチナデータ DVD プラチナ・エディション

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:3980円(税込)
  • OFF:2284円(36%)
「友へ チング」から12年…。青春ノワールの続編『チング 永遠の絆』の魅力を分析
第7回DEG ジャパン・アワード ブルーレイ大賞<ユーザ大賞>投票受付中!!
三池崇史の役者の穴! 第4回開催決定、応募スタート!!完全無料ワークショップ 外部サイトへ
スタジオ潜入レポートを一挙掲載! 特集:ディズニー・アニメーションの感動作『ベイマックス』はここで生まれた
ぴあ Movie Special 2015 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場!
スカパー!映画部 に入部して充実した映画生活を送ろう! 部員募集中!!
クリストファー・ノーラン監督作品 インターステラー 感動巨編がついにベールを脱ぐ! 11.22(土)
世界各国でインド映画歴代記録を更新! チェイス!の本気度がスゴイ!
男性にオススメ編&女性にオススメ編で見る トランセンデンスのココが見どころ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

皆様の菅原文太さんへの想いを集います 追悼・菅原文太 特集
皆様の高倉健さんへの想いを集います 追悼・高倉健 特集
チャウ・シンチー流! 西遊記 はじまりのはじまり の世界を解説!
カジノ王VS.一般人!? 最後に大逆転するのは誰だ!ランナー・ランナー 11月21日(金)全国ロードショー
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝