ただいまの掲載件数は タイトル64754件 口コミ 1176225件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ものすごくうるさくて、ありえないほど近い > 感想・評価 > 巡礼の旅

巡礼の旅

70点 2016/11/5 16:23 by バナバナ2

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

オスカーの父親は、あの9.11で亡くなった。
しかも、テレビで生中継されている最中に、留守番電話にメッセージを残して。
オスカーは亡くなった父のクローゼットから、「ブラック」と書かれた封筒に入った鍵を見つける。
よく父と宝探し遊びをしていたオスカーは、これは父親が自分に最後に残したメッセージの在り処を開ける鍵ではないかと考え、ニューヨーク中の472人のブラックさんを訪ね歩くのだった…。

オスカー少年はアスペルガーという設定で、特にうるさい音が苦手だから、地下鉄のゴーという音や、タクシーのクラクションなど、都会特有の音も本当は嫌いだろう。
されど、頑張って外に出ることにより、本来、生涯一度も会う筈もない色々なブラックさんと出会い、その人達自身の人生の話も聞き、色々な経験をする。
結局、本命のブラックさんは、父とそれ程近い関係の人でもなかったのだが、少年の話を聞いたお陰で、その人も反って慰められたりするのである。

元はお互い知らない同士なんだけど、きっかけがあれば人は繋がることができる(もちろん、薄いつながりかもしれないけど)し、影響を与え合うことも出来るのだ。

オスカーはパパっ子で、母親の存在が薄かったけど、このお母さんも陰で頑張ってるのよ。
結局、息子と母は体験を共有できたので、それもお互いの慰めになったよね。

この作品は、オスカーに感情移入できた人は少なくて、親目線で観た人の方が多いかもしれない。
娯楽性は薄いので、逆にどちらにも感情移入できなかったという人は、辛点になりそうな作品だと思います。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
100点
47人(11%) 
90点
80人(19%) 
80点
95人(23%) 
70点
89人(22%) 
60点
48人(11%) 
50点
16人(3%) 
40点
15人(3%) 
30点
4人(0%) 
20点
3人(0%) 
10点
3人(0%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
401人
レビュー者数
129
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
74
ファン
55人
観たい人
265人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 青木ポンチ
  • 宙の葵
  • さとっこ
  • ロッソ
  • 影無茶
  • うどん県うどん
  • hiina*
  • がんさん
  • 小波
  • りえどん
  • pop21
  • ハロルド
  • anya
  • 海タナゴ
  • titi

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [Blu-ray]

  • 定価:2571円(税込)
  • 価格:1200円(税込)
  • OFF:1371円(53%)

 

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ