ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157161件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ゲド戦記 > 感想・評価 > 【唐突的押し付け説教】

【唐突的押し付け説教】

50点 2015/2/4 7:36 by らりほう

ゲド戦記

冒頭に『闇の中にこそ光がある』云々の一枚字幕(正確じゃないケドそんな内容)が先ず示されるので「この映画は先ず闇を徹底描写し その上で光を示すのだろう」と思った。
無気力と突発性暴力衝動の双極状態のアレンや 真を忘れ 紛い物に囚われる人々の姿に、現代の即時的虚無 及び物質史上路線の歪みと批判を映しつつ、予想通り暗く重い部分に映画は焦点を当ててゆく。

従来ジブリには無かった禍々しい表情を見せるイッちゃってます状態のアレンや、自然の描写等に惹き付けられるものの、映画はその殆どを敢えてケレンミ抜きでゆく。 〜闇を徹底視する構成的必然だから。 この観客を突き放した作りに「宮崎吾朗やるなあ」と感心していたのだが…。

後半がダメ。 あれだけ突き放し 観客に内省させていたのに、最後に自分で全て答を言っちゃう。 私は前半で想像力が働き過ぎちゃってもっと豊かなテーマ・メッセージを(自分の中で)構築していたのに 最後で映画に答を断定され全部崩れさった。
確かに勝手に膨らませていた私の責任なのだが、ラストでメッセージを断定するんなら 前半ももっと語らないと、示していかないと。 突き放すんなら突き放し続けないと唐突感と押し付け説教感だけが強くなる。

「光」を明示したせいで闇が卑小化している。 闇の先の「光」は明示なんかしなくても 見えた筈だ。




《劇場観賞》

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ゲド戦記
100点
15人(2%) 
90点
16人(2%) 
80点
39人(6%) 
70点
52人(8%) 
60点
80人(13%) 
50点
81人(13%) 
40点
78人(12%) 
30点
64人(10%) 
20点
71人(11%) 
10点
58人(9%) 
0点
49人(8%) 
採点者数
603人
レビュー者数
259
満足度平均
42
レビュー者満足度平均
43
ファン
7人
観たい人
122人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


関連ニュース

 

この映画のファン

  • mariet
  • attaka1
  • ボガード
  • uRuRi
  • アバランチx
  • らるじゃん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ゲド戦記 特別収録版 [DVD]

  • 定価:7875円(税込)
  • 価格:2061円(税込)
  • OFF:5814円(73%)

ゲド戦記 [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:1224円(税込)
  • OFF:3852円(75%)

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集