ただいまの掲載件数は タイトル64243件 口コミ 1170593件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 一命 > 感想・評価 > 【伽藍堂〜理論武装で自己正当盲信の多数準拠同調者】

【伽藍堂〜理論武装で自己正当盲信の多数準拠同調者】

90点 2014/1/21 7:43 by らりほう

一命

イラク邦人人質誘拐で国内に吹き荒れた『自己責任』とゆう名の大バッシング。 或いは震災後『天罰』『我欲を洗い流せ』と口にした某都知事への一斉詰問・糾弾。 その他、失言・不祥事の度過熱する報道・ブログ炎上・メディアリンチ。
その人がどんな[真意・理念だったか]を汲む事もせず、発言・行動の[表層]にとらわれ 多数派同調・増幅憎悪に興じる民衆心理。
集団の雰囲気や多数派に従う事に盲信・最優先で、果たしてそこに[自分的視野の考察(社会リテラシー)]はあったか?

『武士に二言はあるまいな?』 〜一度出た言葉に一切撤回を認めず、理論武装の上で徹底攻撃。 自己正当性論説第一で、個人への心遣いを想わない、気付きすらしない〜 彼等も『血の通うた人間』だぞ。 メディアパニッシュメント・集団的浅慮・危険偏向・傍観者効果・モラルハザード…。
「KY」〜は多数派からの逸脱を揶揄した言葉だ。 しかし「場の空気を読む」は本当に自分自身の考えか? 多数派迎合の《体裁》に果たして己はいるのか? それは準拠集団に埋没した真自己無き《がらんどう》ではなかったか?

…何も変わっちゃいない。 二十一世紀の今現代も、まげ/袴の時代から唯の1ミリたりとも変わっちゃいないんだ。




《追記》
歌舞伎的見栄立ち振舞いの市川と、抑制された役所との見事な演技的拮抗。 凡庸な監督であれば見苦しい御涙頂戴に堕したであろう悲劇的物語を、しかし 満島の表情を度々隠す「蚊帳」や 市川の「背中」に見られる[羞恥と抑制]が作品に凛とした品位を付与。 語り主体作品でありながら人物アイコンタクトを多用した事による示唆的奥行き。 これぞ時代劇と叫びたくなる「刀を抜く直前」の恍惚的緊張。 そして…、たった一つの「饅頭」が湛える『涙淵とも言える抒情』…。

素晴らしい。




《劇場観賞》

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

一命
100点
1人(0%) 
90点
10人(8%) 
80点
19人(16%) 
70点
39人(34%) 
60点
18人(15%) 
50点
9人(7%) 
40点
7人(6%) 
30点
2人(1%) 
20点
3人(2%) 
10点
5人(4%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
114人
レビュー者数
44
満足度平均
63
レビュー者満足度平均
64
ファン
7人
観たい人
88人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • きよか
  • yukojyo
  • saysomewo
  • aplee
  • corocoro
  • 安室
  • bembempin

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

一命 スタンダード・エディション [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:1340円(税込)
  • OFF:2764円(67%)

一命 【2D&3D】 プレミアム・エディション [Blu-ray]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:3480円(税込)
  • OFF:2784円(44%)

 

“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】