ただいまの掲載件数は タイトル65006件 口コミ 1179137件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > カーテンコール〈2004年〉 > 感想・評価 > 良心に満ちた秀作

良心に満ちた秀作

100点 2010/5/29 4:36 by かみぃ

拙ブログより抜粋で。
--
現代と過去を盛んに行き交う複雑な構成ながらも、揺らぐことのない家族の絆というテーマ。予想外の展開に翻弄されたが、振り返ってみればものすごく単純な話とその結末。ほつれた記憶の糸がほどけたような思いがした。

役者も皆いい。
若いころの修平を演じた藤井隆はさすが吉本芸人だけあって、舞台上で活き活きとしているのが伝わってくる。しかしそれにとどまらず、舞台の外側での芝居も堂に入っており、観ていて不安を感じさせない。
一方、老後の修平を演じた元ザ・スパイダースの井上堯之。筆者はさすがにザ・スパイダース全盛期は知らないのだが、この人はものすごく表情がいい。この味はそうそう出せるもんじゃないだろう。そして彼もまた、舞台に立つと貫禄がにじみ出て、昔を知らない筆者でも単なる素人俳優とは違うオーラを感じずにはいられない。

そして忘れられないのが、修平の娘・美里を演じた鶴田真由。
筆者はこれまでの作品での彼女の芝居は、台詞回しにどこかぶっきらぼうな印象があってあまり好きではなかったのだが、ここではそれが美里の頑なさにうまくはまっていて予想外によかった。
しかしひときわ強烈だったのは、ラストに見せる感極まった表情!
もう、たまらんです。一撃でノックアウト、一本取られた、試合終了って感じ。
生意気なこと言っててすみませんでした。貴女はすばらしい女優さんです、はい。
うーん、思い出すだけでも泣けてくる。
--
全文は<リンクURL>

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

カーテンコール〈2004年〉
100点
4人(8%) 
90点
6人(12%) 
80点
8人(16%) 
70点
10人(20%) 
60点
11人(22%) 
50点
5人(10%) 
40点
1人(2%) 
30点
2人(4%) 
20点
2人(4%) 
10点
1人(2%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
50人
レビュー者数
26
満足度平均
67
レビュー者満足度平均
72
ファン
5人
観たい人
16人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


関連ニュース

 

この映画のファン

  • NAGI
  • テラ之介
  • 白線流し
  • cherokun
  • トロ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

カーテンコール [DVD]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:4536円(税込)
  • OFF:648円(12%)

 

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ