ただいまの掲載件数は タイトル62917件 口コミ 1167757件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 旅の重さ > 感想・評価 > いい映画でした!

いい映画でした!

70点 2011/2/12 11:34 by 悟空

ファーストシーンは、真っ暗な映像のない画面に主人公らしき少女が、母への手紙を読んでいる。 画面が明るくなり映像が出てくる。旅する少女と四国の田園風景の中。 吉田拓郎の『私は、今日まで生きてきました・・・・。』という歌が流れる。 映画が公開になった1972年まだ僕は、17歳。 学生運動が衰退期を迎えつつあるあ頃 そうあの浅間山荘事件が発生したのも1972年。 戦前・戦後を通して作られてきた価値観が大きく崩れる時代、この頃のキーワード“自由”。 既成の概念や慣習・仕来りに拘らず新しい人間の生き方を模索していた時代かなと思う。 当時大変話題にもなった映画であり、主人公高橋洋子は一躍アイドルになった。 当時鑑賞する機会がなかったが、なんとなく頭の隅に“旅の重さ”という映画のことは気になっていた。 今見ると少々古臭い感じもするし、君それで幸せ・本当にそれで良いのと問いかけてみたくなるが、当時はそれが良かったと思う。 ラストシーンは、高橋悦治と一緒に生活し始めておかみさん姿で行商を手伝う姿がモノクロワンカットの写真で語られていく。 高橋洋子の女性らしさ、小さな幸せがとっても素敵といったメッセージが感じられる。 こんな感じの女の子って昔いたなという懐かしさを思い出させてくれた。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

旅の重さ
100点
2人(9%) 
90点
5人(23%) 
80点
2人(9%) 
70点
6人(28%) 
60点
3人(14%) 
50点
1人(4%) 
40点
1人(4%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(4%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
21人
レビュー者数
12
満足度平均
72
レビュー者満足度平均
78
ファン
5人
観たい人
13人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • rps1979
  • カメラマンのあっきー
  • yoiko
  • すえりん
  • STB139

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

旅の重さ [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:513円(12%)

旅の重さ [DVD]

  • 定価:2880円(税込)
  • 価格:2520円(税込)
  • OFF:360円(12%)

 

ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】