ただいまの掲載件数は タイトル55768件 口コミ 1103864件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 誰がために > 感想・評価 > 風の映画

風の映画

90点 2006/1/28 12:16 by 未登録ユーザ vivie

あまり話題になっていなかった本作、前の週に他の映画を観に行ってその存在を知り、ちょっと気になったので観に行きましたが、とてもよかったです。始まってすぐに、まず風景を捉えた映像がとても気持ちがいいなあと思いました。バックに流れる矢野顕子のピアノも心地よくて・・・・。観に行くかどうか少し迷ったので、先にチラシを見てしまったんですよね。で、そのあとの展開が分かっていたので、少し切なくなったりもしました。

十年ぐらい前に観ていたら、加害少年の側に立ったかもしれません。マリのように将来がある少年の更生うんぬんとか言ったかもしれません。しかし、その時から今までに父を亡くしたので、被害者の側の気持ちにとても共感しました。私の父は病気で死んだので、もちろん立場は異なるのですが、かけがえのない人を亡くしたという点は共通で、民郎の喪失感や悲しみは自分のことのように理解できました。さらにそれが殺人ということになれば、少し想像力を働かせれば、その怒りを共有することも可能です。

しかし結局、人が人を裁くことはできないんですよね。安易な復讐よりは死者を忘れないこと、そこにしか安らぎはないのではないか。答えは提示されてはいませんが、私はそんな風に思いました。そして、映像と音楽が紡ぎ出した死者の思い出を、民郎と同じように、私もまた忘れられないかもしれません。

しかし何よりも、風が印象に残る映画だったともいえます。風の吹き過ぎる風景、風に揺れる木々や草、そして亜弥子の撮った風を捉えた写真などに、とても魅きつけられました。

俳優陣も素晴らしかったです。個性的な美貌のエリカ、複雑な想いを繊細に表現する池脇千鶴や烏丸せつこ(懐かしい!)など、女優さんに特に心ひかれました。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

誰がために
100点
0人(0%) 
90点
2人(9%) 
80点
1人(4%) 
70点
6人(27%) 
60点
8人(36%) 
50点
2人(9%) 
40点
2人(9%) 
30点
1人(4%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
22人
レビュー者数
5
満足度平均
62
レビュー者満足度平均
70
ファン
0人
観たい人
12人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

誰がために [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3175円(税込)
  • OFF:929円(22%)

 

タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝