ただいまの掲載件数は タイトル64971件 口コミ 1178507件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 炎の城 > 感想・評価 > ハムレット

ハムレット

50点 2019/6/12 16:23 by odyss

BS録画にて。
1960年の時代劇。

冒頭、今から400年前の話という説明が出ます。
1560年というと、有名な桶狭間の合戦があった年。要するに戦国時代ということになる。

まったく予備知識なしで見たのですが、すぐ「これ、ハムレットじゃん」と気づきました。

城主の息子である若様(大川橋蔵)が明国に長旅をして、故国に帰ってくると城主である父はすでに亡く、父の弟、つまり叔父(大河内伝次郎)が城主になっており、しかも母(高峰三枝子)は叔父の妻に。
事の真相を探ろうと、若様は気が狂ったふりをします。
それを悲しむのが若様の恋人で、原作ならオフィーリアですが、この映画では三田佳子が演じています。
他に、オフィーリアの兄レアティーズ役、兄妹の父役も、ほぼ原作通りに登場。

主要人物といい筋書といい原作にかなり忠実ですけれど、日本の戦国時代に移し替えるとかなり無理というか、不自然な感じが否めません。もう少し、翻案としては思い切って原作の細部を変えても良かったのではないか。

逆に最後のシーンでは、原作なら一気呵成に事の真相が明らかになり、主要な人物たちが次々と死んでいって大団円になるのですが、この映画では間延びしていて、迫力もすごみも減殺されています。もっとも、ウィキによるとこれは東映からの横槍のためだとか。日本の映画会社ってダメですね。

そこのところは監督のせいでないとしても、シェイクスピアの翻案映画となると、やはり黒澤明くらいの力量がないとうまくいかないのかも知れません。

主役の大川橋蔵は、私は彼の映画をそれほど見ているわけではないのですが、育ちのいい若様侍を演じることが多いようなイメージがありますけれど、ここでは若様ながらどこか野性的な魅力があって、なかなかいいと思いました。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

炎の城
100点
1人(33%) 
90点
0人(0%) 
80点
0人(0%) 
70点
1人(33%) 
60点
0人(0%) 
50点
1人(33%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
3人
レビュー者数
2
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
60
ファン
1人
観たい人
1人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • rps1979

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ