ただいまの掲載件数は タイトル59960件 口コミ 1156936件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 長屋紳士録 > 感想・評価 > 三角くじ

三角くじ

80点 2018/1/3 6:24 by 出木杉のびた

戦後第一作となる小津作品。喜八ものに連なる映画のようだが、残念ながらサイレント時代のそれらの作品は観られないのが悔しい。本作では喜八(坂本武)は脇に回り、かあやん(飯田蝶子)が主役。長屋を舞台とした人情ものだ。全編に溢れるユーモラスな雰囲気に、ニヤニヤしながら楽しく観ることができた。こういう小津映画も大好きだ。

占い師の田代(笠智衆)に付いてきてしまった男子・幸平。父親とはぐれたのか、捨てられたのか、帰る場所がない。町の人々はみんな面倒看るのを嫌がり、結局かあやんが押しつけられることになる。しかし、この小僧、早速寝小便をして大迷惑。幸平役の青木放屁は、太っているので孤児っぽくは見えないが、何とも言えない味がある。芸名にしても放屁って…(笑)。ほとんどしゃべらないし、茅ヶ崎の浜で遠くから走って来る姿は、まるで犬を連想させる。シッシッと追い払われたり、追いかければ逃げるし、まるでノラ犬みたいな扱いで笑わせる。

とにかく迷惑な存在なのだが、手がかかる程、情が移る。かあやんは文句ばかり言っているのだが、いつしか心の中にまで住み着いてしまった幸平との交流が温かい。演じる飯田蝶子もお見事。

写真屋で一緒に写真を撮るシーンも微笑ましいが、ここでふと疑問の演出。二人の姿が逆さまに写り、その後暗転。画面は真っ暗になり、声だけが聞こえる。一瞬、DVDの故障かと心配した。その後は誰もいない写真を撮っていた場所。これは何を意図したものか悩んでしまった。もしかして、写真機目線?レンズを通して逆さまに映り、そして黒い布がかけられる。二人の関係性のその後の暗示かも知れない。

意味不明といえば、冒頭に為吉が何やら深刻なセリフを吐いている。誰かに対して別れてほしいと言っているようだ。調べて見ると、どうやら「婦系図」の湯島の場のセリフを言っているらしい。これが本作とどういう関係があるのか全く分からない。

笠智衆は幸平を連れて来てしまう張本人だが、後はまかせっきりの飄々とした無責任さも面白い。失礼ながら、あまり器用な役者さんではないと思い込んでいたが、本作で見せる覗きカラクリの歌が実に素晴らしくて堪能させてもらった。こんな芸も持ってたのね。新たな発見が嬉しい。

きく女役の吉川満子もいい雰囲気を醸し出す。小津初期作品からの常連ということだが、これらの作品を観る方法はあるのだろうか。「おやかましゅう」と言って帰るこの言い回しが面白かったが、どうやら芸妓言葉らしい。幸平にお菓子やお金をあげる優しさも悪くない。この時の10円で、欲を見せるかあやんがまた可笑しい。三角くじにまつわるエピソードが笑える。くじといえば、かあやんに幸平を押し付ける為のくじ引きもまた面白かった。かあやんの性格を見越しての悪知恵だ。

当時、実際に戦災孤児も溢れていた。戦争でみんな大切な家族を失っていた。実の子供でなくても注げられる愛情もある。そんな気持ちの込められた小津作品は、観る者の心をきっと温めてくれるだろう。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

長屋紳士録
100点
2人(16%) 
90点
5人(41%) 
80点
3人(25%) 
70点
2人(16%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
12人
レビュー者数
6
満足度平均
86
レビュー者満足度平均
85
ファン
2人
観たい人
7人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • jimmy09

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

あの頃映画 松竹DVDコレクション 「長屋紳士録」

  • 定価:3024円(税込)
  • 価格:1964円(税込)
  • OFF:1060円(35%)

 

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集