ただいまの掲載件数は タイトル64971件 口コミ 1178504件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ベニスに死す > 感想・評価 > 美への純粋な愛

美への純粋な愛

90点 2010/5/19 19:40 by nao-eiga

深くて美しい映画だった。

美しいものを見た時、人は性別関係なく惹かれてしまうことがある。
綺麗な肌を見たら触ってみたいと思う。
いい匂いのする人がいたら近くにいたいと思う。

誰しも多かれ少なかれ、このような感情はあるはずだ。


それまでの美への価値観を覆してしまうほどの衝撃を受けた作曲家グスタフは、
まるで初恋をした乙女のような行動をとるほど
タジオの虜になってしまう。

この映画は単に同性愛を描いたものではない。
グスタフにとって、タジオが男であるか女であるかは関係ないだろう。
タジオがたまたま男でありながら美しすぎただけなのだ。

一人の老いた芸術家が、
若くて美しい天然の美を誇る少年に出会う。
今までの芸術に対する考えを覆され、
届かない美の象徴である少年に翻弄され苦悩し、
果ては醜い姿で死に至る。

天然の美へのどうしようもない憧れ・・・。
人間の普遍的な執着を描いた
ある種残酷な作品に仕上がっている。

タジオが女ではなく男であるとしたところに、
「美しいものへの純粋な愛」を際立たせ、
どこかミステリアスな雰囲気をこの映画にもたらしている。


しかし、グスタフのあまりに腰抜けな動作には見る度笑ってしまう。
手も足も出せず、ただただ見つめるだけ、そっと近づくだけ。
妄想までしてしまう始末。
またベニスへ戻ってくる時のどこか嬉しそうな表情。
なんて滑稽なんだろう。


グスタフは何を思い死んでいったのか。
彼の人生とは何だったのか。
タジオに出会わなければグスタフはあそこで死ぬことはなかったかもしれない。
醜態をさらすこともなかったのかもしれない。

しかし、翻弄されながらも
追い求めていた美を眺めながら死んでいった彼は
ある意味幸福だったのかもしれない・・・。

最近観たどの映画よりも叙情的で不思議な魔力を持つ作品だった。
これから何度でも観るつもりだ。


タジオの美しさについて。

まるで地上に降り立った天使。
西洋画から抜け出してきたような美少年。
とにかく、俗っぽさ、男性らしさを一切感じさせない。

白い陶器のような透き通った肌、
薄紅の頬と唇、
耽美さを増す髪型のウェーブ、
ヒョロッとした華奢な体つき、
高い腰の位置。

ビョルンは性別を超えた美しさをこの作品では誇っている。

意外と低いが何気に声もいい。

ビョルンの素材がよかったのは勿論言うまでもないが、
ここまでタジオを永遠の美少年に仕立てあげたのは
演出の力も大きいだろう。

彼が纏う衣装はどれも似合っていて美しさを際立たせるものだった。
ふとしたときのポーズも、まるでわざとらしいくらいに計算されている
(きっと、腕や足の位置を細かく指定していたのだろう)。

グスタフの視線に気付いてからは挑発的で小悪魔な感じの態度を見せるが、
これもまた彼の魅力の一つと言える。

黒目が小さく切れ長でSっぽい目つき・・・。
グスタフが思わず愛しているとつぶやいてしまうのにも納得だ。
ただでさえ美しさにノックダウンされているのに、
更に魅惑的な顔を見せられてしまっては、
「これ以上翻弄しないでくれ」という気持ちが起こってしまう。


タジオの母親も、タジオに負けず劣らずの美しさだった。
衣装も派手で優美でため息が出るほどだ。
二人が揃えばまさに負けなし。

タジオに執拗にイチャつく友人が気になった。
「まさかこの友人もタジオに惹かれている?」と思わせるほどだった。
この演出は監督が狙ってのことだったのだろうか・・・?

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 美への純粋な愛

    2010/6/2 1:23 by レクター博士

    nao-eigaさま。

    大変に的確で、素直で、本質を捉えたレスと感じました。

    >しかし、翻弄されながらも
    追い求めていた美を眺めながら死んでいった彼は
    ある意味幸福だったのかもしれない・・・。

    そう、自身の「滅び」、デカダンスに落ちる事を自覚していたと。

    >ビィヨルンの素材がよかったのは勿論言うまでもないが、
    ここまでタジオを永遠の美少年に仕立てあげたのは
    演出の力も大きいだろう。

    ヴィスコンティ監督のこの映画のオーディション・ビデオがあります。
    原作よりも少し「大人」だったビィヨルンではありましたが、監督は「美しい」と言っていました。
    ヴィスコンティ監督の演出なくしてはこの映画は成り立たなかった。逆に素人だったビィヨルンの真価を引き出したのはヴィスコンティの才能ゆえ、だと思います。

    >タジオの母親も、タジオに負けず劣らずの美しさだった。
    イタリア女優、シルヴァーナ・マンガーノ
    『ルートヴィヒ』 - Ludwig (1972)
    『家族の肖像』 - Gruppo di famiglia in un interno (1974)
    『黒い瞳』 - Oci ciornie (1987)

    映画美の「マスター・ピース」でしょう。

満足度データ

ベニスに死す
100点
24人(16%) 
90点
33人(22%) 
80点
27人(18%) 
70点
20人(13%) 
60点
21人(14%) 
50点
5人(3%) 
40点
5人(3%) 
30点
1人(0%) 
20点
4人(2%) 
10点
5人(3%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
146人
レビュー者数
50
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
78
ファン
35人
観たい人
71人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • ketchup
  • とっぽ
  • ネイマ
  • レビュアンローズ
  • のりを
  • 紅井良男
  • くみこ
  • tokioyeti
  • IRON Monroe
  • midorine724
  • かな太
  • 一畳×24=上野
  • トゥギャザ
  • 出木杉のびた
  • jade

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:1008円(税込)
  • 価格:882円(税込)
  • OFF:126円(12%)

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:3218円(税込)
  • 価格:1800円(税込)
  • OFF:1418円(44%)

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:1008円(税込)
  • 価格:882円(税込)
  • OFF:126円(12%)
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ