ただいまの掲載件数は タイトル64971件 口コミ 1178464件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ベニスに死す > 感想・評価 > まだこれがわかる年に、達していないかも…

まだこれがわかる年に、達していないかも…

80点 2003/4/26 14:42 by 未登録ユーザ さんくふる

 かの淀長さんも、かなり気に入られていたらしいですが、この映画の良し悪しは、もう、その人の精神年齢に大きく左右されるものでは無いか、と思いました。 友人などは中学で既にこの映画を認めていましたし…
 
 私には、あのボガードの心理は、ただの愛というよりも、「若さへの憧れ」がかなり濃厚なのかも、…と最近思いましたが…そう単純でもなさそうで…

 もう一度、何もすることが無くなった時に、見たい映画です。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: まだこれがわかる年に、達していないかも…

    2003/6/8 2:08 by 未登録ユーザ レクター博士

    さんくふる様。こちらにもおいででしたか(^-^)。

    >かの淀長さんも、かなり気に入られていたらしいですが、
    >私には、あのボガードの心理は、ただの愛というよりも、「若さへの憧れ」がかなり濃厚なのかも、…と最近思いましたが…そう単純でもなさそうで…

    タッジオは、「美」の「化身」なのだと思います。
    男や女の境界線を飛び越えた存在。
    歌舞伎もそのひとつ。玉三郎、菊之助。

    原作のトーマス・マンは「芸術的技量が高いことの悲劇」を
    描きたかった、という書簡が残っています。
    「美」を感じる心。「映画」の「美」を感じる心。
    肝に銘じておきましょう。

    淀川先生の「淀川長治映画ベスト1000」から。
    「男でも女でもない、ほんとうの美をこの作曲家は
    見ちゃったんです。美貌の少年というよりも、全身
    から出てくる詩の匂い」

    「詩の匂い」。なんという表現でしょう。脱帽です。

    現役映画評論家諸氏!勉強せい!

  • Re: まだこれがわかる年に、達していないかも…

    2003/6/9 0:23 by 未登録ユーザ レクター博士

    質問/議論掲示板に書いたことを忘れてました。
    どっかに書いたかなー、と思いつつ・・・。
    結果的には補てん情報になっているとは思います。
    ご勘弁を(^-^)!

  • 理解に必要なもの

    2006/4/12 20:23 by 未登録ユーザ PRESTO

    理解に必要なものって、ずばりホモ気の有無じゃないかと思ってますが。

  • 「美」を感知する教養

    2006/4/13 1:21 by 未登録ユーザ レクター博士

    PRESTOさま。

    演奏記号の「プレスト=急速に」とありますが、貴方もそうかな?
    そう結論を急がなくてもね。
    例えば、分母を「美」とするなら、分子には様々な因子が表出されます。
    分子のひとつは歌舞伎の女方。これは男が造り上げた美の極致なんですよ。意外に知られていませんがネ。

    上でレスしたように、男と女の境界線に位置する「美」が存在する。
    グスタフ・アッシェンバッハの、「美」を許容する範囲が拡大して行く様、と言い換えたなら、この映画の解釈点を解放し、新たに理解し直す起点となるのかも、と願うのです。
    つまり、「美」を感知する教養、高度な感覚、が無くてはならないのです。
    ヴィスコンティ監督によって、下世話なモノは排除されています。それがこの映画の「粋」。

  • Re: 理解に必要なもの

    2006/4/13 1:23 by 未登録ユーザ 素子様命

    男が男を、という時点で嫌悪、
    という方に向かない映画であることは確かですが、
    自分は同性愛傾向はまったくないけど、
    他人がそうなのまでは気にならない、という方であれば、
    理解可能だろうと思いますよ。

    というのは、あの映画における少年は
    無性の象徴(天使は無性と言われてますね)・
    至高の芸術のようなもので、
    少年に惹かれた老作曲家とて
    「男に劣情を覚えている」気分ではなく、
    自分を感動させ突き動かしてやまない
    芸術作品を見たり聴いたりするのに近い気分だっだろうと思うから。

    以前おそらく、質問/議論の方に書いたと思うのですが、
    この映画のミソって、
    芸術を生み出せなくなった芸術家
    すなわち神のギフト・愛を失った者と、
    今そこに存在しているといううだけで
    神のギフト・愛を一身に受けて輝いている者の対比だと思うのですよ。
    老作曲家が少年を羨望してやまなくなるのは「必然」なのです。

満足度データ

ベニスに死す
100点
24人(16%) 
90点
33人(22%) 
80点
27人(18%) 
70点
20人(13%) 
60点
21人(14%) 
50点
5人(3%) 
40点
5人(3%) 
30点
1人(0%) 
20点
4人(2%) 
10点
5人(3%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
146人
レビュー者数
50
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
78
ファン
35人
観たい人
71人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • tokioyeti
  • Fかつひこ
  • jade
  • 出木杉のびた
  • ネイマ
  • 一畳×24=上野
  • nao-eiga
  • midorine724
  • ketchup
  • プリっち☆
  • hatchan
  • トゥギャザ
  • かな太
  • ki_nako
  • nakayo10

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:1008円(税込)
  • 価格:882円(税込)
  • OFF:126円(12%)

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:1543円(税込)
  • 価格:927円(税込)
  • OFF:616円(39%)

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:1008円(税込)
  • 価格:882円(税込)
  • OFF:126円(12%)
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ