ただいまの掲載件数は タイトル64942件 口コミ 1178359件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ベニスに死す > 感想・評価 > 視線

視線

90点 2005/10/7 22:52 by 未登録ユーザ しーもあ

ヴィスコンティ映画を初めて見ました。
既に他の方が書かれている文章がものすごく高度なので、怖じ気づいてしまいそうですが、勇気を出して一言。
印象に残ったのが、個々のカットがかっこいいという事です。
なんだろ。例えば、鏡に映った娼婦のしどけない姿、とか。砂浜の右に主役の老人、向こうに海とぽつんと女性の後ろ姿、とか。迷路のような街を彷徨う老人左に振り向きつつ消えて行く美少年、とか。
構図が奇麗なんですよね。
これってヴィスコンティファンにとっては、今更何を言う、って感じなんでしょうね、たぶん。
老作曲家にもろに感情移入してしまいました。彼の視線って、片思いの女の子を目で追う少年の視線そのままだと思えました。
僕にも別にビョルン君は、それほど美しくは思えなかったのですが(日本人の”美しい”はもう少し童顔ですよね)、そんなの関係なしに、ボガードの演技には感情移入しまくりでした。
恋する人の視線そのままの映画だと思いました。(いや、そういう見方って邪道なのかな?)
グスタフ・マーラーをもっと聞きたいと思いました。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • 視線の先。つないで下さい、色々な意味で。

    2005/10/7 23:57 by 未登録ユーザ レクター博士

    しーもあ様。
    このハンドル・ネームって、フィリップ・シーモア・ホフマンから?
    ならば、貴方はキテます(^-^)。

    > ヴィスコンティ映画を初めて見ました。
    > 既に他の方が書かれている文章がものすごく高度なので、
    >怖じ気づいてしまいそうですが、勇気を出して一言。
    その勇気に拍手〜! なんて、そんなこと気にしないでお気軽に書いて。

    > 老作曲家(中略)の彼の視線って、片思いの女の子を目で追う少年の視線そのままだと思えました。
    > 恋する人の視線そのままの映画だと思いました。
    そうなんですね。私も含めて、あちらの傾向の無い者でも、この映画の
    「美」は分かる人には分かる、のです。 しーもあ様もね!

    > グスタフ・マーラーをもっと聞きたいと思いました。
    交響曲の1番は分かり易いコンパクトな入門編。
    交響曲2番(この映画で使われています)や3番は壮大。
    4番は素朴さがあり、5番はこの映画のメイン・テーマ曲的な
    第4楽章の「アダージェット」が有ります。
    指揮者やオーケストラは好みがありますが、カラヤン&ベルリン・フィルが入手し易いでしょう。

    取りあえず、こんなもんで如何でしょう(^-^;)。お役に立てば嬉しいです。
    P.S. 偶然にもiPodの編集中で「アダージェット」を聞きながらこのサイト
    のチェックをしてましたら、 しーもあ様のレスが...。
    グッド・タイミング!

  • Re: 視線の先。つないで下さい、色々な意味で。

    2005/10/8 0:54 by 未登録ユーザ しーもあ

    レクター博士様。こんにちは。
    ヴィスコンティの映画評で、よくお目にする方ですね。
    参考にさせて頂いております。
    ヴィスコンティ映画は、僕見るの初めてです。レクター博士様は筋金入りのファンって感じですね。名画って言われてて、つまらないって思えたらどうしようって心配だったのですが、なるほど構図のうまい監督だな〜って(無事)満足することが出来たようです。(テオ・アンゲロプロスは駄目だったんです。面白さが判らない…)
    マーラーについての情報、ありがとうございます。この映画見た後だと、ものすごい気になったんですよね。どんな生き方をした人だったのか、どんな音楽を作ったのか(ちょっとは知ってるけど)。
    ちなみにハンドルネームはシーモア・ホフマンじゃないです。単純にサリンジャーの小説から、シーモア・グラスです。

  • サリンジャーとは...

    2005/10/8 1:24 by 未登録ユーザ レクター博士

    しーもあ様。
    う〜ん、ハンドル・ネームがサリンジャーからとは。
    私やその上の世代は一応「ライ麦」や「9ストーリーズ」は必読書的で、
    お若い世代と推測される貴方がそこからとられたとは。

    気になったところ。
    >テオ・アンゲロプロスは駄目だったんです。
    「霧の中の風景」はご覧になってます?
    私はこれがベストです。映画という表現形式のひとつの頂点と思います。
    2時間を切る映画。アンゲロプロスの全て、エッセンスが出てます。
    「旅芸人〜」も良いですが、これはマスター・ピースですね。
    未見でしたら是非! 

  • Re: サリンジャーとは...

    2005/10/8 20:02 by 未登録ユーザ しーもあ

    レクター博士様。
    さっそくマーラーの二番を聞いています。御助言、ありがとうございます。
    アンゲロプロス。「こうのとり、たちずさんで」と「霧の中の風景」を見たんです。自分には合わないと思った作品の事って、実は書きたくないんですが(悪口になりそうで)。良いと思われてる方の言葉を知りたいので、率直に書きたいと思います。
    ”ここをこう見せたいんだ”っていう意図が見えてしまうなと感じたのです。
    詩的な映画、という観念に捕われすぎている、そう感じられました。長回しのカメラはいい、でもそれは場合による、ほぼ全てのシーンがそうなのはどうかなと思いました。
    監督の個性と映像、詩的な言い回し(池澤夏樹が翻訳してたようですが)、それが映画の物語そのものに意識が回るのを邪魔しているように、僕には思われました。
    悪い言葉ではっきり書くならば、スカしている、って思いました。どうしても、面白いとは思えなかった。
    ただこれ、あくまで(アンゲロプロスに限った)僕の感想です。
    ekoekoさんやアキラさんは大絶賛されているし。……”ミツバチのささやき”が好きな人と、意見が合わないはずがないって思っていますので。
    レクター博士様は、アンゲロプロスもお詳しいのですか?

    余白。サリンジャー、大好きなんです。本好きなんです。いつもは読書サイトをうろうろしてる事が多いので、この名前です。
    最近の作家さん、吉田修一・長嶋有・島本理生なんかがすごい映画好きなんですよ。ヴィスコンティの名前も、島本さんの小説で知って、僕も見てみたくなったんです。

  • 映画が観客を選ぶ

    2005/10/10 0:08 by 未登録ユーザ レクター博士

    しーもあ様。

    「映画が観客を選ぶ」という表現が有ります。
    分からないからダメだ、というのではなく、その映画作家の表現形式や体質的な「感性」が合わないだけの事です。
    ですから、まあ、「好みじゃない」とか、この監督とは「相性が悪い」だけの事です。あまり、気になさらなくても良いのですよ。

    P.S. マーラーの交響曲第六番以降については、特に印象に残っていないので書きませんでした。好きになられたらハマって、制覇して下さい。
    私的にドイツ三部作である「ルードウィッヒ」は、ワーグナーのオペラに耽溺するキッカケとなりました。「地獄に堕ちた勇者ども」も或る意味「危険」です。
    ワーグナーはご存知? ハマると危険。 
    好きな者には、甘美な「毒」が一生抜け無い、と思われます。
    「紫の毒」なんて表現も有ります。さあ、聴く機会があったら、覚悟しておいで下さい(^-^;)。

満足度データ

ベニスに死す
100点
24人(16%) 
90点
33人(22%) 
80点
27人(18%) 
70点
20人(13%) 
60点
21人(14%) 
50点
5人(3%) 
40点
5人(3%) 
30点
1人(0%) 
20点
4人(2%) 
10点
5人(3%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
146人
レビュー者数
50
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
78
ファン
35人
観たい人
71人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • nao-eiga
  • トゥギャザ
  • hika
  • 星空のマリオネット
  • かな太
  • カメラマンのあっきー
  • midorine724
  • Fかつひこ
  • ketchup
  • 一畳×24=上野
  • ネイマ
  • のりを
  • まった
  • ki_nako
  • 仮yokko

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:1008円(税込)
  • 価格:882円(税込)
  • OFF:126円(12%)

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:1543円(税込)
  • 価格:927円(税込)
  • OFF:616円(39%)

ベニスに死す [DVD]

  • 定価:3218円(税込)
  • 価格:1800円(税込)
  • OFF:1418円(44%)
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ