ただいまの掲載件数は タイトル60700件 口コミ 1162518件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 感想・評価一覧

踊る大盗賊戦

80点 2018/7/13 18:21 by くりふ

Netfrixの配信にて。最近会ってないディーピカちゃん目当てで期待薄だったが…オモロイやん!夜中に3時間イッキ見。ユル過ぎボリウッド作だがタイミングがよかった。日本公開されるインド映画はごく少ないが、変化に富む数作を経て『バーフバリ』の高みまで登った後、本作見たらばぐるり一周、お気軽ボリウッドに戻った感。この原点回帰な楽しさよ!…2014年という微妙な過去作ではあるものの(笑)。

ファラー・カーン監督作だとはOPで知る。『恋する輪廻』しか見ていないが、こちらの方が気に入った。質はアッチが高かろうが、コッチの方が波乗りしやすい。全員参加のスペクタクル見せ場盛り盛りだし。で、さすが本業コレオグラファー、ダンスシーンは美味しさ連発だ。

復讐のため相手のお宝を盗み、相手を犯罪者に仕立てようとする…との物語は、この監督には不向きと思い、見たらば実際そうだったが…そのために“踊らねばならぬ大盗賊”という無茶なアイデアが盛ってある。コレが楽しい!相変らず達者な『きっと、うまくいく』の学長役、ボーマン・イラニおぢさんまで、派手な衣装で踊るですよ!

始まってしばらくのギャグやパロディ?などにはまったく乗れなかったが、ディーピカちゃん登場辺りから流れが変わった。で、物語より語り方の魅力強かな。全体貫くトーンが軽妙かつ常に躍動。語るというより、快楽装置と成ることに徹しているのかも。

作品背景としては、経済低迷期を経ての、モディ政権への期待がこもったようですね。堂々国威発揚するのはインド映画でよく見ますが、本作でのそれには、あまりいやらしさは感じなかった。インド人そのものの魅力を、歌に込めて売ろうとしているからか。ディーピカちゃんにああ歌って踊られたら、もお頷かざるを得ません。

ディーピカちゃんは、物語優先で人物縛られる箇所あるものの、意外とトンデモキャラで楽しかった。ビジュアル的には満足。ダンスの大見せ場も三か所くらいある。一方シャールクは…もうどっちでもいいかな(笑)。若い頃は織田裕二だったが、最近は岡田准一に見えるな。

タイトル通り、正月映画として見たかった…とは思う仕上がり。大画面・良音響ならもっと楽しめたことでしょう。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

Array
100点
103人(3%) 
90点
158人(5%) 
80点
394人(14%) 
70点
395人(14%) 
60点
369人(13%) 
50点
264人(9%) 
40点
238人(8%) 
30点
244人(9%) 
20点
197人(7%) 
10点
169人(6%) 
0点
163人(6%) 
採点者数
2694人
レビュー者数
2694
満足度平均
レビュー者満足度平均
53
ファン
0人
観たい人
0人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などはフリートーク掲示板



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”