ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157662件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > WOWOW『連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜』特集

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!

WOWOW
『連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜』特集

10月13日(土)夜10時よりWOWOWプライムにて放送(全10話、第1話無料放送)
公式サイト | 公式ツイッター | 公式インスタグラム

吉田羊ほか豪華キャストが再び集結!
日本版『コールドケース』、待望のシーズン2が登場!

2016年にWOWOWで放送され、吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和というレギュラーキャストと、毎回の豪華ゲストキャストが話題となった『連続ドラマW コールドケース〜真実の扉〜』。世界的に人気を誇る米TVドラマシリーズの舞台をフィラデルフィアから横浜に置き換えた日本版だ。その待望のシーズン2がいよいよ放送開始。パワーアップした見どころ解説と、主演・吉田羊のインタビューでその魅力に迫ります!

待望のシーズン2
を解説!
吉田羊
インタビュー

吉田羊インタビュー

日本版『コールドケース』の主人公にして、未解決事件を追う敏腕刑事・石川百合を演じる吉田羊。自身にとって、石川百合という役はどんな存在なのか? シーズン2で役や物語に生じた変化をどう受け止めているのか? 作品への思いを、真摯に明かす。

――シーズン2の制作が決まった時の感想を教えてください。

作品を愛してくださる視聴者の方々がいないと、続編は成立しないもの。ですから、多くの皆さんに愛していただいたうれしさが、まずはこみ上げてきました。妥協することなく、作品を作り上げたチームの皆さんに対する感謝の気持ちも忘れないでいたいですね。


――吉田さんにとって、石川百合はどんな役ですか?

石川百合という役は本当に、息ができる役であり、演じていて無理のない役。これは私自身なのか、百合なのか。その境目が分からなくなる瞬間が何度もあるくらい、本来の自分にリンクしている役です。そんな役に出会えたこと自体、贅沢で幸せなことですから、それを続けられるとなると喜びも2倍ですよね。私はまた呼吸ができるんだなって。

――もともと似ている部分があったのでしょうか?

百合さんには幼い頃のトラウマがあり、どこか絶対的な孤独を抱えている。人間は最終的にはみんな孤独で、本当の意味で分かり合えるはずなどないと思っているんです。でも、できないからこそ寄り添うことはできるという考えの人なんですよね。それこそが私自身にも共感できるところで。百合さんの根源にリンクできる私は、きっと彼女に近いのだと思います。

――そんな百合と共に捜査に臨む面々も、シーズン2で再結集します。

シーズン1の最終話で起きた赤松(ユースケ・サンタマリア)の事件は、チームの絆をより固くするものになりました。赤松を射殺して外に出た百合を、あの4人が待ってくれているんです。そのカットを見たとき、百合さんはもう孤独ではないんだなと、いち視聴者として心を揺さぶられてしまって。そんな最終話を経てのシーズン2ですから、百合さん自身も仲間との心の距離が近くなったと実感しているはず。実際、シーズン2には、百合さんと彼らの近さが伝わるシーンもふんだんに盛り込まれています。

――シーズン1最終話を経たことで、作品にも変化が生じましたか?

シーズン2は全体を通して、慈しみが増したシーズンだと思います。孤独が少し和らいだ百合さんは、捜査対象者の近くに立つことを怖がらなくなった。シーズン1だったら相手に近づいたり、触れたりはしなかった場面で、自然と近づいたり、触れたりしているんです。大きな変化ですよね。それが作品自体の慈しみにもつながっているんじゃないかなと思いました。

――シーズン1最終話の残り香を感じさせるエピソードとして、シーズン2の第2話が挙げられると思います。ユースケさん演じる赤松も、第2話で宮藤官九郎さんが演じる謎の男も、非常に不気味でした。


そうなんですよね(笑)。でも、お芝居を交えるのはすごく楽しいです。先が読めないですし。それに、不気味な人って哀しいんですよね。実は、宮藤さんのお芝居を受けているときに、何だか泣けてきちゃって。台本を読んでいるときは泣きたくなるなんて予想もしていなかったし、ここで泣いたら百合さんじゃないと思って我慢しましたけど。哀しみを彼ら自身が消化しきれていないからこそ、いびつな雰囲気になっているんでしょうね。不気味であればあるほど、いびつであればあるほど、哀しみが色濃く見えてくる。

――慈しみのシーズンだからこそ、哀しみが見えてきた部分があるのかもしれませんね。

百合さんの心に、受け入れる隙間ができたのかもしれない。百合さんって、絶対的な孤独を持っているからこそ、他人の孤独を嗅ぎ分ける嗅覚に優れているんです。その感覚が、シーズン2ではより研ぎ澄まされている気がして。それに、『コールドケース』の特徴として、罪を犯した人を完全な悪者では終わらせないところがありますから。彼らに孤独や寂しさをまとわせて終わる。それが作品の愛であり、優しさでもあると思います。

――そんな中、シーズン2は“日本版ならでは”が増しているように思います。

シーズン1との大きな違いは、音楽をすべて邦楽にしていること。安保闘争やPKO問題といった日本の出来事を扱いながら、当時のヒット曲を流す。そうすることで、視聴者の方々にはより身近なものとして受け止めていただけると思います。音楽を聴くだけで「ああ、あの頃ね」と思えるし、いつの間にか自分もその中にいる感覚でご覧いただけるんじゃないでしょうか。しかも、いいタイミングで音楽が流れるんですよ! でき上がったものを観ながら、「監督、グッジョブ!」と私自身も思いました(笑)。

――吉田さん自身の思い入れのある曲も流れますか?

私はONE OK ROCKが大好きで、TAKAさんは日本一歌が上手いボーカリストだと思っています。なので、シーズン1の第2話に『Heartacha』が使われたときは本当に感動し、プロデューサーにも思いを伝えました(笑)。シーズン2ではどうでしょう……? ぜひ楽しみにしていてほしいです。

――シーズン2をご覧になった視聴者は、きっとシーズン3も望むでしょうね。

私も望んでいます! オリジナルの『コールドケース』はシーズン7までありますし。できることなら、本家を超えたい。ここは日本人らしく、まずは“末広がりの8”ということでシーズン8を目指したいですね(笑)。

――オリジナルの話が出ましたが、日本版制作前にご覧になったそうですね。普段から海外ドラマはご覧になるのでしょうか?

中学生のときは、学校から帰って『アルフ』や『フルハウス』を観るのが習慣でした。最近では、『HAWAII FIVE-O』などが好きですね。撮影でハワイへ行ったのをきっかけに見始めて。あとは、『Dr.HOUSE』の偏屈なハウス先生も好きです(笑)。一気に観るというよりは、放送しているものをついつい観てしまうタイプかもしれません。『コールドケース』も一度ご覧になれば絶対にはまっていただけると思いますので、ぜひご覧ください。

待望のシーズン2
を解説!
吉田羊
インタビュー

WOWOW 『連続ドラマW コールドケース2〜真実の扉〜』
10月13日(土)スタート(全10話、第1話無料放送)
毎週土曜夜10時よりWOWOWプライムにて放送

監督:波多野貴文(『SPシリーズ』『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』)、
内片輝 (『連続ドラマW 石の繭』『連続ドラマW 水晶の鼓動』殺人分析班シリーズ、『相棒』)、
守下敏行 (『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』)
脚本:吉田康弘 (『連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜』)、
酒井雅秋(『破門(疫病神シリーズ)』)、
野木萌葱(『怪人21面相』)、瀧本智行(『連続ドラマW 北斗 -ある殺人者の回心-』)、
蓬莱竜太(『ピンクとグレー』)、瀬々敬久 (『友罪』)
音楽:村松崇継(『メアリと魔女の花』)
撮影監督:山田康介(『シン・ゴジラ』)、榊原直記


http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase2/

(c) WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
Text:渡邉ひかる Photo:源賀津己

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集