ただいまの掲載件数は タイトル60333件 口コミ 1160212件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018』特集

15周年となる今年はココが違う!

《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集

《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 7月13日(金)〜7月22日(日)開催
公式サイト | 前売りチケット | 公式ツイッター | 公式Facebook

若手映像作家を数多く輩出している映画祭
15周年ならではの充実した内容でお届け!

次代を担うクリエイターの発掘や新たな映像産業の発展に寄与することを目的に、2004年にスタートし、映像表現の可能性とエンタテインメント性を備えた作品を、世界中から厳選し上映する国際コンペティション映画祭《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭》が7月13日(金)より開催される。

今年は節目となる15回目の開催とあって、例年以上に充実した企画が盛りだくさん!メインとなるコンペティション部門の規約・構成も新たにリニューアルされるなど、これまでと違う映画祭の見どころをご紹介します!

今年はココが違う!
15周年特別企画
今年はココが違う!
コンペ部門

今年はココが違う!15年目を機に規定もリニューアル!
コンペティション部門

《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 全ラインナップ発表会

リニューアルした今年は過去最多の98の国と地域から応募が!

本映画祭のメインとも言えるコンペティション部門は、15年目を機に“若手映像クリエイターの登竜門”として新たな才能の発掘・育成を一層強化するため、規約・構成をリニューアル! 海外作品&国内作品を対象とした「国際コンペティション」と、日本作品のみを対象とした「国内コンペティション」(長編部門・短編部門)の2部門3カテゴリーで構成される。その結果、今年は過去最多となる98の国と地域から合計832本応募があり、厳選なる一次審査を通過した作品がノミネート。ノミネート作品は映画祭で上映・審査され、最終日に各賞が発表・授与される。

本映画祭をきっかけに羽ばたいていった、現在活躍中の日本人監督

白石和彌監督 2009年長編部門(国際コンペ)にてSKIPシティアワード受賞
代表作:『凶悪』『彼女がその名を知らない鳥たち』『孤狼の血

中野量太監督 2012年長編部門(国際コンペ)にて監督賞・SKIPシティアワード受賞
代表作:『チチを撮りに』『湯を沸かすほどの熱い愛

坂下雄一郎監督 2013年長編部門(国際コンペ)にて審査員特別賞受賞
代表作:『東京ウィンドオーケストラ』『ピンカートンに会いにいく

日本人監督作もノミネート! 選りすぐりの10作品を上映
国際コンペティション部門

©PananawStudio

『ブリス、マイ・スウィート・ホーム』
2017年/フィリピン、韓国/74分

大学卒業後も故郷に戻らず、マルコス政権時代に建てられた集合住宅で暮すナウルズ・パギドポン監督自身の自撮りドキュメンタリー。拝金主義に走る現在の資本主義社会風刺からはじまり、自身のアイデンティティー探し、そして、自分と母との関係を見つめる家族ドラマへとストーリーが変化していく。アニメーターでもある監督ならではのアニメシーンも楽しい。

©an ATO production

『最後の息子』
2017年/韓国/124分

ある日、息子の命と引換えに救われた少年・キヒョンがいじめられているのを目撃した夫婦は、彼を自分の会社に雇い入れる。果たして彼の存在は、両親にとって希望か絶望か……? 長編デビュー作とは思えない卓越した演出と脚本でみせたシン・ドンソク監督は、釜山国際映画祭コンペティション部門で国際批評家連盟賞を受賞。サスペンスのようなストーリー展開に一瞬たりとも目が離せない!

『ナンシー』
2018年/アメリカ/86分

人付き合いが苦手で、嘘をつくことでしかコミュニケーションをとることができない女性の繊細な心理を描いた人間ドラマ。監督・脚本を手掛けたクリスティーナ・チョウはこれまでに制作した短編作品が各映画祭で高く評価されており、本作でも今年のサンダンス映画祭で脚本賞を受賞。『オブリビオン』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などに出演するイングランドの女優アンドレア・ライズボローが主演を務める。

『彼女はひとり』
2018年/日本/60分

あることが原因で自殺未遂を経験した女子高生・澄子は、日々無気力になる中、学校の女性教師と交際している幼なじみを執拗に脅迫するようになり……。東京藝術大学大学院に在学中の期待の若手女性監督・中川奈月が、他人を攻撃することで、何とか生きるバランスを保っている10代特有の危うさを描いていく。撮影は、黒沢清監督、深田晃司監督、沖田修一監督の作品などを多く手掛ける芦澤明子。

©Asfaltfilms 2017

『招かれざる者』
2017年/コソボ、オランダ/85分

1998年から1999年にかけて激化したコソボ紛争。本作は、過去の悲惨な歴史に今なお翻弄される人々のドラマを現代のアルステルダムを舞台に描いた衝撃作だ。コソボ出身でアムステルダム在住のエドン・リズヴァノリ監督の長編監督デビュー作となる本作は、2017年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭でワールド・プレミアされ、米アカデミー賞外国語映画賞コソボ代表にも選ばれた。 

日本映画の未来を担う新たな才能の発掘!
国内コンペティション部門(長編4作品、短編9作品)

『あの群青の向こうへ』
2018年/日本/96分(長編部門)

未来の自分から手紙が届いたら? それは希望のメッセージなのか? それとも……。青春期の不安定な感情を、SF要素も取り入れながら丁寧に描いた青春映画。大阪大学歯学科に入学した後、映像学校に通ったという異色の経歴を持つ若手映像作家・廣賢一郎が監督を手掛ける。本映画祭での上映がワールド・プレミアとなる。

『岬の兄妹』
2018年/日本/89分(長編部門)

貧困生活から逃れるため、知的障害の妹に売春をさせ生計を立てようとする、底辺で必死に生きる兄妹の姿を描く。『マイ・バック・ページ』『苦役列車』など数多くの作品で助監督を務めた経験を持つ片山慎三が、初の長編作品で監督・脚本・編集も担当。体当たりの演技を見せる役者陣も見逃せない!

『ヴィニルと烏』
2018年/日本/31分(短編部門)

同級生のいじめに悩むジュンは、兄にボクシングを習い始め、体力と精神力を身につけ着実に強くなっていくのだが……。いじめという社会問題に真正面から挑む意欲作。主人公ジュンを演じ、俳優としても活躍する横田光亮が監督を務める。短い中にも監督のメッセージが込められた本作は、本映画祭での上映がワールド・プレミアとなる。

©belly roll film/ RECIPRO

『予定は未定』
2018年/日本/27分(短編部門)

ジョン・ウー監督作『マンハント』にも出演しているアクション女優・屋敷紘子主演、独身アラフォー女性に贈る大人コメディ。 本作は、2016年SKIPシティアワードを受賞した『見栄を張る』で助監督を務めた磯部鉄平監督が、屋敷主演で撮りたいと当て書きでシナリオを書いたという、気持ちの入れよう! その思いに答えた屋敷のコミカルな演技も必見だ。

今年はココが違う!
15周年特別企画
今年はココが違う!
コンペ部門

2P目ラインナップ発表会写真:内田涼

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”