ただいまの掲載件数は タイトル59221件 口コミ 1148762件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018』特集

15周年となる今年はココが違う!

《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集

《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 7月13日(金)〜7月22日(日)開催
公式サイト | 前売りチケット | 公式ツイッター | 公式Facebook

若手映像作家を数多く輩出している映画祭
15周年ならではの充実した内容でお届け!

次代を担うクリエイターの発掘や新たな映像産業の発展に寄与することを目的に、2004年にスタートし、映像表現の可能性とエンタテインメント性を備えた作品を、世界中から厳選し上映する国際コンペティション映画祭《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭》が7月13日(金)より開催される。

今年は節目となる15回目の開催とあって、例年以上に充実した企画が盛りだくさん!メインとなるコンペティション部門の規約・構成も新たにリニューアルされるなど、これまでと違う映画祭の見どころをご紹介します!

今年はココが違う!
15周年特別企画
今年はココが違う!
コンペ部門

映画ファン必見! 貴重なドキュメンタリー作品を無料上映!!
15周年特別企画@ 「名匠たちの軌跡」

是枝監督が25年前に手がけた作品も! 映画史に名を刻む巨匠たちの映画術に迫る

15周年企画の中でも特に注目なのは、黒澤明、侯孝賢とエドワード・ヤン、ミヒャエル・ハネケという映画史に名を刻む名匠たちを追ったドキュメンタリー3作品(以下参照)を上映する「名匠たちの軌跡」。本企画では、彼らに密着した貴重な映像やインタビューを通して、「映画監督とは何か?」を考察する。上映作品の中には、先日のカンヌ映画祭で最新作『万引き家族』がパルム・ドールに輝いた是枝裕和監督の1993年に手がけた作品も! しかも3作品とも全て無料上映!日本ではほとんど劇場で上映されていない貴重な映像なだけに、映画ファン必見の企画となっている。

©Yves Montmayeur / WILDart FILM

『ドキュメンタリー:映画監督ミヒャエル・ハネケ』
監督:イブ・モンマユール 90分

『白いリボン』『愛、アムール』と二度に渡って、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝いた名匠ミヒャエル・ハネケ。本作はイザベル・ユペールやジュリエット・ビノシュなどハネケ作品のミューズたちへのインタビューに加え、ハネケの映像理論や演出術を10年に渡り密着した映像で鬼才の素顔に迫る。

上映日:7月20日(金)10:10開場/10:30開映

©2003パリ・グリニッチ・フィルム社/アスミック・エース(株)

『A.K. ドキュメント黒澤明』
監督:クリス・マルケル 74分

黒澤明監督による大作『乱』の撮影風景をフランスの映像作家クリス・マイケルが収めたドキュメンタリー映画。『乱』の製作過程をつぶさに追い、監督の指示のもと、情熱を傾けて取り組むスタッフや出演者を捉えている。黒澤のイメージがいかにして具現化されるかを浮き彫りにしていく。

上映日:7月20日(金)14:10開場/14:30開映

『映画が時代を写す時−侯孝賢とエドワード・ヤン』
監督:是枝裕和 47分

先日のカンヌ映画祭で日本人として21年ぶりにパルム・ドールに輝いた是枝監督が、自身も敬愛してやまないと公言する侯孝賢(ホウ・シャオシェン)とエドワード・ヤンを追ったテレビドキュメンタリー。台湾ニューシネマの一時代を築いた、ふたりの巨匠監督たちの映画にかける情熱を映し出す。

上映日:7月20日(金)17:10開場/17:30開映

キーワードは“埼玉県”!!
15周年特別企画A 「飛翔する監督たち from SAITAMA」

左上から時計回りに、入江悠監督、石井裕也監督、吉田恵輔監督、沖田修一監督

今後の日本映画を牽引するであろう埼玉出身の4監督を特集!

埼玉県川口市で開催される本映画祭も今年で15年目! ということで、いま、日本映画界が期待を寄せる埼玉県出身の4人の監督作品(以下参照)を特集。上映後、ゲストとの質疑応答やトークイベントなども行われる予定だ。

©2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会

『22年目の告白−私が殺人犯です−』
監督:入江悠

藤原竜也と伊藤英明が初共演するサスペンス・エンターテインメント。『SRサイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督が、22年前に起きた未解決連続殺人事件の犯人を名乗る男と刑事の攻防を描く。日本中を震撼させる殺人手記を出版する美しき殺人犯を藤原が、敬愛する上司を殺され、事件発生時から犯人を追い続けてきた刑事を伊藤が演じる。

上映日:7月17日(火)10:40開場/11:00開映

©2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
監督:石井裕也

詩人・最果タヒの同名詩集の世界観を基に、『舟を編む』の石井裕也監督が脚本を書き映画化。排他的な東京で、不安と孤独を抱えながら生きるすべを模索する若者ふたりの出会いと恋のはじまりを描き、“今の東京“を映し出す。本作が映画初主演となる石橋凌と原田美枝子の次女・石橋静河がヒロイン役を好演。本作は第91回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画ベストテン一位にも輝いた。

上映日:7月21日(土)10:40開場/11:00開映

©2018「犬猿」製作委員会

『犬猿』
監督:吉田恵輔

『ヒメアノ〜ル』が国内外から絶賛された吉田恵輔監督が、『麦子さんと』以来4年ぶりとなるオリジナル脚本を映画化したヒューマンドラマ。羨望、嫉妬、愛憎といった兄弟姉妹ならではの複雑な関係や渦巻く感情を、笑いと哀愁を交えて描き出す。兄弟役を窪田正孝と新井浩文、姉妹役を筧美和子と女性お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子が熱演する。ちなみに吉田監督の最新作『愛しのアイリーン』は今年秋に公開予定。

上映日:7月21日(土)13:40開場/14:00開映

©2013「横道世之介」製作委員会

『横道世之介』
監督:沖田修一

『悪人』や『パレード』などで知られる作家・吉田修一の同名小説を、高良健吾、吉高由里子をキャストに迎えて映画化。80年代の東京を舞台に、嫌みのない図々しさを持ち、人の頼みは断れないお人好しの大学生・横道世之介の日常と彼を取り巻く人々のその後を描く。『南極料理人』『キツツキと雨』で高評価を集めた沖田修一が監督を務め、第56回ブルーリボン賞作品賞、第5回TAMA映画賞最優秀作品賞を受賞している。

上映日:7月21日(土)16:40開場/17:00開映

15周年の節目となる今年はオープニング作品も“ SAITAMA繋がり”!

©2018 川口市

映画祭のオープニングを飾るのは、開催地・川口市が製作&市内各所で撮影をした(しかも、市民300人がエキストラとして参加!)、まさに地域参加型の映画『君がまた走り出すとき』。日本人で初めて世界6大マラソンを走破した古市武さん(こちらも川口市在住!)の生き様に触発され、マラソンを通じて人生を見つめ直す人々を描いた、実話を基にした再生ストーリーだ。本映画祭に過去2度ノミネート経験もある新鋭・中泉裕矢が監督を務め、実写版『心が叫びたがってるんだ。』の寛一郎が主演する。

7月の三連休は家族揃って映画を楽しもう!
15周年特別企画B 「怪盗グルーシリーズ一挙上映」

©2010 Universal Studios. All Rights Reserved. ©2013 Universal Studios. All Rights Reserved. ©2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

世界的大ヒットアニメシリーズを日本語吹替版で一挙上映!

コミカルな動きとその愛らしいルックスで子どもから大人まで幅広く絶大な支持を得る大人気キャラクター・ミニオンズ。そんなミニオンたちと、人を困らせることが好きで子供嫌いな悪党グルーのドタバタ劇を描いた『怪盗グルー』シリーズ3作品を7月14日(土)〜16日(月・祝)の3連休に一挙上映する。

【上映スケジュール】
『怪盗グルーの月泥棒』(2010年) 7月14日(土) 14:10開場/14:30開映
『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013年) 7月15日(日) 14:10開場/14:30開映
『怪盗グルーのミニオン大脱走』(2017年) 7月16日(月・祝) 14:10開場/14:30開映

子供も参加できるイベントや無料上映もたくさん!

©東海テレビ放送

赤ちゃん連れの方のためベビーカーのままでも入場可能なママ・シアターでは、心温まる夫婦のドキュメンタリー『人生フルーツ』を無料上映(当日先着30名まで)。そのほか、昨年好評だったVR上映や、高畑勲監督が関わった懐かしの名作3作品を野外で無料上映する15周年特別企画など、子供も一緒に参加できる企画が盛りだくさん!この夏の思い出に家族みんなで参加しよう。詳細は公式HPの関連企画SKIPシティ夏祭りをチェック!

今年はココが違う!
15周年特別企画
今年はココが違う!
コンペ部門

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!