ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106904件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > これはまるで映画! 『龍が如く 6 命の詩。』のココがスゴイ!

映画ファン必見の極上ゲーム、最新作が登場!

これはまるで映画! 『龍が如く 6 命の詩。』のココがスゴイ!

『龍が如く 6 命の詩。』 発売中
公式サイト | 公式ツイッター | 公式フェイスブック
公式ブログ | 公式Youtube | 公式ニコニコ動画チャンネル

“まるで映画のよう”と評されるゲーム『龍が如く』
最強の進化を遂げ、主人公・桐生一馬の最終章が描かれる!

シリーズ累計販売本数800万本を記録する、日本を代表するゲーム『龍が如く』シリーズの最新作『龍が如く6 命の詩。』が発売された。本作は、伝説の極道と呼ばれた男・桐生一馬を主人公とするアクションアドベンチャーゲームで、その重厚な物語とリアルな描写により“まるで映画のよう”と評されてきた。今回の最新作は“桐生一馬最終章”と銘打たれ、過去を清算するために3年の刑期を終え出所した桐生が、衝撃の事実に向かい合うことになる。ビートたけし、小栗旬、藤原竜也、真木よう子、宮迫博之、大森南朋といった豪華俳優陣が顔をそろえ、東京新宿・神室町から広島・尾道へと舞台を広げる壮大なストーリーが綴られる。桐生一馬伝説、最後の旅がいよいよ始まる!

『龍が如く 6 命の詩。』
PlayStation4 セガゲームス 8190円+税/発売中
http://ryu-ga-gotoku.com/six

『龍が如く』シリーズ初のプレイステーション4専用ゲームソフト。2005年に初代『龍が如く』が発売され、数多くのスピンオフ、外伝とナンバリングタイトルを発表してきた。今回は新しいゲームエンジンによって遊びの質と幅を一新。市街地やキャラクターのビジュアルがリアリティたっぷりに描かれている。

ビートたけし&名越稔洋
『龍が如く6 命の詩。』を語り合う!

毎回豪華俳優陣をキャスティングし、3DCGによりその人そのままのキャラクターを劇中に登場させてきた『龍が如く』。本作が“まるで映画のよう”と言われる所以はまさにこの点が大きいのだが、今回の『龍が如く6 命の詩。』においても、小栗旬、藤原竜也ら主役級の面々が集結。だが、なんといっても驚かされたのがビートたけしの出演だろう(しかも凄まじい再現度!)。俳優だけでなく監督としても知られるたけしだが、彼にとって最先端のゲームへの“出演”はどんな体験となったのか。『龍が如く』の舵取りを一手に担うシリーズ総監督・名越氏との対談で語ってもらった。





1週間アルコール絶ちで臨んだ収録!
初めてCGキャラクターになった気持ちは!?

――今回『龍が如く6』で名越稔洋総合監督とビートたけしさんがご一緒して印象的な出来事はありましたか。

名越 たけしさんは収録の日に「今日まで1週間酒を抜いてきたんだよ」とさらっとおっしゃったり、「(完成披露会でも)収録では楽をさせてもらった」と言ってくださったり、ご自身の苦労を決して表に出さない。普段からそういうスタイルの方なのですが、そういう一面はTVや映画ではなかなか伝わらないところじゃないですか。たけしさんのプライベートを知れば知るほど、お仕事を一緒にしたいなと思わせる魅力を感じるし、芝居もふさわしいものを仕上げてくださる。今回の一度きりで終わらせるにはもったいない出会いになったという気持ちが強いですね。

たけし たしかに「1週間酒を抜いた」って言ったけど、それは写真(CG作成用の3Dキャプチャー)を撮るって言うから、あまりむくんでいるのも変だろうと思って(笑)。有名なゲームなのに、自分が出てぼやかしちゃうわけにもいかないし。なるべく邪魔にならないように、少しでも良くなればいいなと思ってやったことだったんです。

――CGキャラクターに声のお芝居をつけるという作業はいかがでしたか。

たけし アフレコは映画(実写)でもいろいろやっているんで、どうやるかは分かっていたし、OKテイクを決めるのはこっち(たけし)の意思ではなく、聴いている監督側なので。自分としては「これでいいのかな?」と思うものも、「今の上手くいったな」と思うものもいろいろあるんだけど、映像を作る名越さんが「OK」だと言うのならそれで良いだろうと思っていましたね。自分が映画監督をするときも、役者さんが「こっちの芝居のほうが良いんじゃないですか」と言ってくれるときがあるんだけど、おれは「違う」って言っちゃうからね。良いか悪いかを総合的に判断するのが、監督なのであって。とにかく監督の意向に沿えるようにやったつもりです。

名越 設定の説明をさせていただきましたが基本的にはお任せしていました。

たけし 組長ということで、いろいろと裏切りにあったりするんだけど、そのときに「ちょっと想いを馳せてほしい」とか、「ひとりごとのようにセリフを言ってほしい」というのは毎回ありましたね。でも、わりと順調に進んだと思います。

役者がいらなくなる時代も近い!?
ゲームの進化に触れたたけしが思うこと

――たけしさんはファミコン時代にゲームソフトの企画にも関わっていらっしゃいましたが、あれからご自身やゲームの進歩や変化をどのようにお感じになっていますか。

たけし たしかに、おれは30年前に『たけしの挑戦状』というのを作ったんだけど、あれは世間ではクソゲーと呼ばれていてですね(笑)。この『龍が如く6』とはまったく違う。サイテーのゲームと、最高のゲーム両方に関わることができて嬉しいかぎりです。

名越 ははは。僕も当時、(『たけしの挑戦状』を)遊んでいましたよ。その頃は僕もまさかゲーム業界に進むと思っていませんでしたから、人の縁やいろいろなものを感じるようになりました。自分の好きだと思うものや、面白いと感じるものを辿っていくと未来に繋がっていく、不思議なご縁を感じます。

たけし ゲームの進歩を思うと、湯たんぽをガソリンタンクにした、昔のホンダのエンジン付き自転車と、最新のフェラーリぐらいの差はあるよね。今この時点でもコンピュータは進化しているわけで、まあ、本当にすごいスピードだなと思う。一番危惧しているのは、役者がいらない時代になるんじゃないかってことだと思う。まあ、おれの時代ではなんとか大丈夫だろうけど、コンピュータが個性的な役者を作れるようになれば、おれたちみたいな素材としての役者は必要なくなってしまうかもしれない。作者の想像力でキャラクターを作ることのできる時代になりつつあるからね。

名越 たしかに、役者を架空で作ることは可能になりつつありますね。声も音声合成で作れば、人間の役者が関わる部分はかなり減らすことができる。

たけし でしょう。人間が唯一頼りになるところは、想像力だと思うんだけど、下手をするとその想像力の部分もコンピュータが凌駕しちゃうかもしれないという恐怖があって。SF的なことを言うけれど、今のこの場すらも「未来の人たちがシミュレーションゲームで遊んでいるだけ」なんじゃないかという気がしなくもない(笑)。

――ははは(笑)。その点、『龍が如く』シリーズは、主要キャラクターに本物の役者さんを起用することをずっと続けてきた作品ですね。

名越 そうですね。役者のコンピュータ化を、自動車文化に置き換えるとなんとなく見えてくるんですが、要するに「完全自動運転のクルマに乗った人が、楽しさを感じるかどうか、感動できるかどうか」ということだと思うんです。もしかしたら完全自動運転のクルマにも楽しさがあるのかもしれないし、同じようにコンピュータが作った役者が感動をもたらす場面があるのかもしれない。まずは、やってみなくちゃ分からないというのが本音ですよね。やってみて、本当の人間の価値が分かるのかもしれないと思っています。

たけし 「子供は想像力が豊かだ」とよく言われるけど、子供に「見たことのないものを好きに描け」と言うと、結局見たことのあるものの絵を描くんだって。動物園で見たキリンやゾウのような絵を描く子供ばかりだそうですよ。想像力って何もないところから生み出すものではなくて、何かがあるところから広げていくものなんだよね。この『龍が如く』シリーズでは、実在の役者の特徴をよくとらえたうえで、コンピュータのキャラクターを作っていくというやり方だから、面白いよね。無からの想像……というわけじゃないんだよ。

――興味深いお話です。先ほど、名越総合監督が「今回の一度きりで終わらせるにはもったいない出会いになった」とおっしゃいましたが、今後に考えることはありますか。

たけし せっかく名越監督と出会って、仲良く飯を食ったり飲んだりするようになったんだから、一杯飲みながら「こんなゲームのストーリーを考えたんだけど、どう?」と話をしてみたいよね。

名越 そうですね。お酒の席のほうが、力が抜けて結構面白いアイデアを出せたりするんですよね。

――ぜひ、そのアイデアがゲーム化できるときを楽しみにしています。今日はありがとうございました。

(C)SEGA
Text:志田英邦 Photo:源賀津己

映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝