ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154931件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 角川映画 シネマ・コンサート 特集

角川映画の名作のハイライト映像に合わせて
大野雄二オーケストラが生演奏する奇跡の公演!

角川映画 シネマ・コンサート 特集

角川映画 シネマ・コンサート
2018年4月13日(金)、4月14日(土) 東京国際フォーラム ホールAにて開催
公式サイト | 公式ツイッター | 公式フェイスブック

角川映画シネマ・コンサートの見どころは?
大野雄二氏のインタビューもお届け!

テレビアニメ『ルパン三世』の楽曲をはじめ、多くの代表曲を持つミュージシャンで作曲家の巨匠・大野雄二が手掛けた角川映画初期3作品の楽曲を、映像とともに楽しむ“角川映画 シネマ・コンサート”が4月13日(金)と14日(土)の2日間にわたって開催される。トークゲストに石坂浩二を招き、いずれも大ヒットを記録した『犬神家の一族』『人間の証明』『野性の証明』からの楽曲を演奏。ここでは、本コンサートの内容や上記3作品の解説、そして大野氏が角川映画の裏側やシネマ・コンサートの見どころを語るインタビューをお届けします!

角川映画 シネマ・コンサートってどんなイベント?

1976年の『犬神家の一族』を皮切りに、一時代を築いた角川映画。その初期3作品の楽曲を手掛けたのが、大野雄二だ。大野といえば、テレビアニメ『ルパン三世』をはじめ、誰もが知る多くの楽曲を手掛けてきたミュージシャンであり作曲家の巨匠である。本コンサートでは、『犬神家の一族』『人間の証明』『野性の証明』の名シーンを特別に編集し、総勢約50人からなるジャズ・オーケストラ、その名も大野雄二と“SUKE-KIYO”オーケストラを引き連れ、大野自らピアニストとして参加。またスペシャル・トークゲストには大野の学生時代からの友人であり、『犬神家の一族』で金田一耕助を演じた石坂浩二が登場する。さらに傑作『犬神家の一族・愛のバラード』をダルシマーによって再現し、『人間の証明のテーマ』はダイアモンド☆ユカイ、『野性の証明』の主題歌『戦士の休息』は松崎しげるが歌うことが決定している。この日のためのアレンジや二度とないアドリブなど、ライブならではの空間を楽しめること必至だ。

劇伴はすべて大野雄二が担当!
70年代角川映画の名作3作品をもっと知る!

『犬神家の一族』 (1976年)

横溝正史の原作を市川崑が監督した記念すべき角川映画第1作目。“水面から突き出た足”“佐清(スケキヨ)のゴムマスク”、そして大野によるテーマ曲『愛のバラード』はあまりにも有名。旧家の名士・犬神佐兵衛が亡くなり、遺言状が公開された。莫大な遺産の相続者にと記されていたのは、3人の孫のうち、佐兵衛の恩師の孫娘である野々宮珠世と結婚した者……。遺産争いが激しさを増すなか、発生していく殺人事件に、私立探偵の金田一耕助が迫る。市川監督によるモダンなタッチが光り、金田一を演じた石坂のひょうひょうとした演技も人気を集めてシリーズ化された。名匠・市川にとっても代表作の1つとなった、日本ミステリー映画の金字塔。

原作:横溝正史
監督:市川昆
脚本:長田紀生、日高真也、市川昆
音楽:大野雄二
出演:石坂浩二、島田陽子、あおい輝彦、高峰三枝子、三条美紀、草笛光子、地井武男
(c) KADOKAWA1976

『人間の証明』 (1977年)

日本とアメリカを舞台に、さまざまな人々の生き様を描くサスペンス・ドラマ。東京の高級ホテルのエレベーターに胸部を刺されたまま乗り込んできた黒人青年のジョニー・ヘイワードが、“ストーハ”というナゾの言葉を発して死んだ。同時刻、ある場所でひき逃げ事件が起きていた。一方、ジョニーの過去を知った棟寄刑事(松田優作)は、彼の母を探すために渡米する。当時の日本映画としては珍しいNYロケが行われ、他にない世界観を醸し出している。ジョー山中の歌った傑作バラード『人間の証明のテーマ』と、“母さん、僕の〜”という西条八十の詩の一編が強烈な印象を残した。森村誠一の長編推理小説を佐藤純彌が監督。

原作:森村誠一
監督:佐藤純彌
脚本:松山善三
音楽監督:大野雄二
出演:岡田茉莉子、松田優作、鶴田浩二、三船敏郎
(c) KADOKAWA1977

『野性の証明』 (1978年)

森村誠一の原作を再び佐藤純彌が監督したアクション・サスペンス。東北の寒村で大量虐殺事件が発生した。事件のショックから記憶喪失となった唯一の生き残りである少女・頼子(薬師丸ひろ子)は、自衛隊を除隊した味沢(高倉健)が引き取ることに。平穏な生活を送っていた味沢と頼子だったが、ある頃から頼子が不思議な力を持ちはじめ、やがてふたりは巨大な陰謀に巻き込まれていく。クライマックスの軍事演習シーンはアメリカで撮影され、本物の戦車を使って撮影された。当時の角川映画のスケールの大きさと、高倉健、デビュー間もない薬師丸ひろ子の存在感が素晴らしい1編で、町田義人が歌った主題歌『戦士の休息』も大ヒットした。

原作:森村誠一
監督:佐藤純彌
脚本:高田宏治
音楽監督・作曲:大野雄二
出演:高倉健、中野良子、夏木勲、薬師丸ひろ子、三國連太郎
(c) KADOKAWA1978

日本劇伴界の巨匠・大野雄二氏に聞く
角川映画 シネマ・コンサートの見どころ聴きどころ

―――角川映画は、当時の映画界に新風を巻き起こしました。大野さんの音楽のヒットも大きな助力となりました。

今まで本屋さんだった人が映画を撮ったわけだからね。本も売りたいし、映画も当てたい、それと同時に音楽もヒットさせたいという。普通、映画音楽というと、ただの劇伴をイメージしていたところを、もう1歩踏み出して、映画が封切られるときに同時にアルバムも出した。「聴いてから観るか、観てから聴くか」という具合にね。それまで映画を撮って、編集して、最後に音楽をつけていたものを、映画の撮影と平行して音楽を作っていったわけです。画期的だったと思うよ。

―――第1作は市川崑監督の『犬神家の一族』でした。

監督が大ベテランで、役者的にもオールスター。だけど音楽に関しては今まで書いていた巨匠でやってはつまらないと思ったんだろうね。それで、テレビドラマの仕事なんかはやっていたけれど、映画は一切やっていなかった僕がやることになった。当時はフィルムだったから、音楽を入れる作業は大変だったよ。1回ごとにフィルムを巻き戻したりして、とにかく時間がかかる。市川監督には、すべてダメ出しされるし(笑)。逆に『人間の証明』『野性の証明』の佐藤純彌監督は放し飼いどころじゃない、すべてお任せのタイプ。調整型の人なんですね。1作目の市川監督とあまりに違いすぎて、ちょっとは叱ってよと思ってしまったくらい(笑)。

―――当時の角川映画の魅力はどんな点でしょうか。

やっぱり今の時代のものとは違うよね。特にスケール感が全然違う。「こんなこと、ありえないでしょ」みたいなこともやっているんだけど、それがいい。『野性の証明』なんか、高倉健さんと薬師丸ひろ子さんって人がいて、初めて成り立つようなところがあるよね。ほんの少しでも存在感の薄い役者だったら、何やってんだってことになっちゃう。でも高倉さんがやると、そうは思わない。テーマ曲も、作っている段階で、高倉さんがピストル1丁で戦車に向かっていくのをイメージしてた。

―――今回、“シネマ・コンサート”を開催されますが、大野さんご自身は、シネマ・コンサートをご覧になったことは?

ないんだよ。だからいいんじゃないかなと思って。おもいっきりやらせてもらうよ。これまでのシネマ・コンサートとはだいぶ違うんじゃないかな。

―――どんなものになりそうですか?

今回は僕と50人編成のオーケストラ“SUKE-KIYO”オーケストラでやるけれど、ただ映画の映像に音を合わせましたというのじゃつまらない。それなら映画を観たほうがいいもの。映画どおりに音楽を演奏することがもちろんメインにはあるけれど、例えば映像が流れていないところでも、音楽だけでも聴いてもらったり、みんなが知っている、『愛のバラード』をいろんなアレンジでやったりといったことを考えているよ。50人もいるから、もちろん譜面はあるけれど、アドリブパートが多いよ。だから同じ曲でも、1日目と2日目ではちょっと違うとこが出てくると思う。

―――トークゲストには大野さんの高校、大学の同級生であり、『犬神家の一族』主演の石坂浩二さんが出演予定ですね。

はい。石坂さんに関してはね、まだ若かった頃、本名の武藤兵吉くんとしての認識しかなかった。彼が明治のコマーシャルなんかやっていたときね。その頃、僕もお菓子メーカーの映像の音楽を作ったりしていて、石坂さんはナレーション担当で、スタジオで初めて会ったんです。「石坂さんです」って言われて見たら「兵吉じゃないの!」ってなって(笑)。石坂浩二という俳優が活躍しているのは知っていたけれど、それが兵吉くんだとは思っていなかった(笑)。今回のシネマ・コンサートは1部2部で構成しているけど、1部で『犬神家の一族』の音楽をやって、石坂さんと話をしてから、2部で『人間の証明』と『野性の証明』をやっていく予定だよ。

―――『戦士の休息』と『人間の証明のテーマ』をそれぞれ、松崎しげるさんとダイアモンド☆ユカイさんが歌うことが発表されています。

松崎さんとは以前にCMの仕事で一緒にやったことがあるんだけど、やっぱり歌声がすごかった。歌うときに出だしからバッ!とパワーが出る。それはダイアモンド☆ユカイさんも同じ。そしてこの人がこれを歌ったらどうなるのかなというのを聴いてみたい。まず僕が聴いてみたいんだ。だけど贅沢だよね。ふたりは1曲ずつしか歌わないわけだから。まあ、もしかしたらハプニング的なこともあるかもしれないけれどね。僕はいろいろと裏切ることが好きだから(笑)。

―――大野さん自身も楽しめるシネマ・コンサートになりそうですね。

もちろん! 僕も一緒にピアノを弾いてプレイヤーとして参加するし、僕自身、楽しみたいと思っているよ。

【公演概要】
角川映画 シネマ・コンサート


日時:2018年4月13日(金) 開場18:00 開演19:00
   2018年4月14日(土) 開場13:00 開演14:00
会場:東京国際フォーラム ホールA
料金:全席指定 9800円(税込) ※未就学児入場不可

⇒チケット情報はこちら

公式サイト http://kadokawaeiga-concert.com/
公式ツイッター https://twitter.com/KadokawaConcert
公式フェイスブック https://www.facebook.com/KadokawaConcert/

【お問い合わせ】
ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00-19:00)

Text:望月ふみ
『犬神家の一族』… 監督:市川崑 脚本:長田紀生/日高真也 /市川崑
『人間の証明』… 監督:佐藤純彌 脚本:松山善三
『野性の証明』… 監督:佐藤純彌 脚本:高田宏治
(c)KADOKAWA

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!