ただいまの掲載件数は タイトル60603件 口コミ 1162006件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > WOWOW 『連続ドラマW イノセント・デイズ』特集

40万部超のベストセラーミステリーを妻夫木聡主演でドラマ化!

WOWOW 『連続ドラマW イノセント・デイズ』特集

3月18日(日) よる10時よりWOWOWプライムにて放送(全6話/第1話無料放送)
公式サイト | 公式ツイッター

映画にも劣らない豪華キャストが集結!
妻夫木聡の熱意から生まれた骨太な人間ドラマ

妻夫木聡、竹内結子、新井浩文、芳根京子……。劇場公開される話題の映画に勝るとも劣らない豪華キャストが、WOWOWの連続ドラマW『イノセント・デイズ』で競演を果たす。原作は同名のベストセラー小説。これに惚れ込んだ妻夫木が作者の早見和真氏に映像化をもちかけ、映画『愚行録』で組んだばかりの俊英・石川慶監督に指揮を託した。妻夫木の熱意をきっかけに様々な才能が集結した、ドラマWならではの骨太な人間ドラマを見逃すな!

『イノセント・デイズ』
とは?
妻夫木聡
インタビュー

妻夫木聡の熱意がベストセラーと気鋭監督を結びつける!
映画と遜色のないクオリティと映像美でドラマ化が実現

日本を代表する俳優、妻夫木聡が『連続ドラマW イノセント・デイズ』で初登場にして、初主演を果たした。幼なじみの女性確定死刑囚、田中幸乃(竹内結子)の無実を信じて、彼女の過去、事件の真相を追いかける主人公、佐々木慎一を演じる。初めてドラマ企画者として名を連ねた妻夫木は「自分が主演じゃなくていいと思っていた」と話す。その真意とは……。






――原作との出会いについて教えてください。

『ぼくたちの家族』が終わって、早見さんから本を頂いたのが最初です。そのときから、ドラマでやったら面白いなと思っていました。これだけの長い話ですから、映画では尺が短くて、もったいない。群像劇でもあるので、ドラマだったら、ひとりひとりの人物をしっかり描けるんじゃないかと思ったんです。1年くらい前に、早見さんに直接連絡して、「僕に原作を預けてもらえないか」っていうのをお話させてもらって、スタートしたんです。

――『愚行録』の石川監督にも、妻夫木さんが直接、電話されたと聞きました。石川監督の演出の魅力とは?

有罪と無罪、いいことと悪いこと。人が当たり前に思っているもの、例えば、ルールというのがあるじゃないですか。でも、そのルールに基づいたものが全て正しいかって言われると、そうでもない瞬間があります。人は他人の言った言葉だけで、勝手にイメージを作ってしまったりもします。人間って、そういう愚かな部分があると思うんです。そういう部分を繊細に描いていたのが、『愚行禄』の石川さんでした。石川さんだったら、原作や脚本を、より面白くしてくれるのではと可能性を感じていたんです。

――竹内結子さんとは連続ドラマとしては『ランチの女王』以来の16年ぶりの共演です。

いやいや、映画(『春の雪』『殿、利息でござる!』)では、共演していますけど(笑)。結子ちゃんが幸乃役に決まった瞬間、「もう勝ったな」と思ったぐらい、竹内結子という女優さんを信じています。嬉しかったですね。ただ、現場ではほとんど顔を合わせることがなかったです。たまに会っても、役柄的なこともあって、あんまり話す気にならなくて、すぐに控室に帰っちゃったりしていたから、「コイツ変わったな」って、思われたかもしれないです(笑)。

――原作は群像劇でもあります。慎一というキャラクターは原作をより膨らませて、興味深いキャラクターになっています

こんなこと言ったら、ホントに怒られますが、最初に「ドラマでやってほしい」と思ったときは、別に僕が主演じゃなくていいと思っていたんですよ。小説は慎一を主演で描いたような話ではないので、幸乃(竹内)が主演でいいんじゃないかって。でも、プロデューサーから「慎一を主役に立てて、いいよね?」って言われて「あ、はい」って(笑)。たぶん慎一が目立てば目立つほどあまり良くないパターンだと思うので、ある意味、脇役だと思って現場にいました。

――主役に、こだわりはなかった。

本当にこの小説に惚れたので、皆さんに同じ思いを味わってもらいたい。そういうドラマを作る使命が僕の中に生まれた感じだったんですよ。それを全うするだけでした。自信を持って、絶対に面白いドラマができていると思うから、本当に楽しみにしていてほしいですね。1話を観たら最終話まで絶対に観てもらえる自信があります。初めて組むスタッフがいっぱいいるんですけども、このドラマを愛しているなっていうのが伝わってきて、「絶対、いいドラマになる」って匂いがプンプンしているんです。“いいものに関われている”と感じる現場は、なかなかないのですが、毎度毎度そういう現場に関わらせていただいて、本当に幸せです。今回は特にそう思っています。

『イノセント・デイズ』
とは?
妻夫木聡
インタビュー

WOWOW『連続ドラマW イノセント・デイズ』
3月18日(日)スタート(全6話・第1話無料放送)
毎週日曜よる10時よりWOWOWプライムにて放送

出演:妻夫木聡、竹内結子、新井浩文、芳根京子
   /ともさかりえ、長谷川京子、石橋蓮司、余貴美子 ほか
原作:早見和真『イノセント・デイズ』(新潮文庫刊)
企画:妻夫木聡、井上衛、鈴木俊明
監督:石川慶(『愚行録』)
脚本:後藤法子(「嘘の戦争」)
音楽:窪田ミナ(「連続ドラマW 東野圭吾「変身」」)
プロデューサー:井上衛、橘佑香里、平部隆明
企画協力:新潮社 製作:WOWOW ホリプロ

http://www.wowow.co.jp/dramaw/innocentdays/

Text:平辻哲也

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”